大和神道 大和教団

令和2年元旦を迎えて

投稿日時 2020-1-2 0:00:00
執筆者 taiwa2
1月1日元旦、謹行488日目。

午前零時を期し歳旦祭を斎行した。

大晦日の午後10時30分より熊川教師斎主にて除夜祭を斎行し、

歳旦祭は平成より令和への御代替りてのことありて、私が数年ぶりにて斎主を奉行した。

本殿も建具戸入り畳敷の内拝殿となり、祭員位次も変化した。

初めての典儀との打ち合わせがままならずミスを犯す。

新年の挨拶の中で庚子の意を解き、大国主命と鼡の奇すしき縁をお話した。

儀式後に下山し、小休憩なし、8時30分に家族皆で家庭神棚、私の行場である神和殿、

万象館、愛子教会大前にて新年の拝神をなしてから再び神社へ向かう。

10時頃には駐車場も埋まり賑わいをみせていた。

11時15分、新年火祭初祈祷を執行した。

秋田をはじめ、遠近より教信奉崇敬者の皆さんが参列された。

1時間半ほどの厳修となった。

神気漲る祈祷となった。

玉串拝礼も百名程の皆さんにお仕え頂いた。

明るき笑顔がまばゆい。

幸縁に結ばれることを祈念するものである。

一人何役もの職員たちが頑張っている。

奉仕の皆さんも頑張っている。

有り難き信心を拝すものであった。

午後2時過ぎに下山した際には神社入口は渋滞となっていた。

御山大繫盛ではある。



         令和二年一月一日 教主




大和神道 大和教団にて更に多くのブログを読むことができます。
https://taiwakyodan.org/x

このブログのURL
https://taiwakyodan.org/x/modules/weblog/details.php?blog_id=1830