ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ


最新エントリ
2017/12/07
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
12月5日、統理との定例朝会をなし、神社に出向した。

会津の方の特別神事を厳修した。

2時間余の祈祷となった。

夕刻、相双分祠長が来館し、先日の開祖様ご生誕祭の模様を話し合った。

分祠長の信仰体験発表にも強烈な感動と印象を受けし先生方より語りかけられたという。

私もDVDの映像よりその姿を垣間見るものであった。

今後の布教活動の在り方を話し合う時間ともなった。

感謝である。

翌6日、一つの決意をなしての大船渡出向となった。

教会の建物も老朽化、ブロック塀も何かあれば危うきことになるを確認した。

三陸分祠の建設にも大変お世話になりし業者の方とも相議る。

帰り道にて三陸分祠に立ち寄り参拝した。

担当教師ともしばしの時間をもって話した。

神座と大床の階段の不具合ありてすぐに手配した。

かなり寒い一日であった。

戻ると庄内地方大雪とのことであった。

案じられるが事無きを祈るばかりである。



         平成二十九年十二月六日 教主
2017/12/05
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
12月1日の皇室会議にて天皇陛下のご退任が平成31年4月30日と定められた。

翌5月1日に皇統を継承されることになられたという。

新元号は今後のことという。

カレンダー業界の人たちは気をもんでいるであろう。

昭和、平成となりて、憲法で定められし象徴天皇たるとして国民の為に歩まれてこられた。

国民の一人として有り難きに伏すばかりである。

昨日の12月3日を心静かに振り返りて天皇陛下のご譲位のことが想起された次第である。

惟神道統百二十年・開祖様ご生誕百十年祭並び相澤光哉先生傘寿の祝いが斎行された。

よき天候の恵みを拝しての記念祭とはなった。

本教団教理数11数にちなみての儀式ではある。

編⊃声匍椹福川康久先生を始め多くの先生方のご参席を賜った。

また、村井宮城県知事もお祝いに駆けつけて下され、ご挨拶をのべられた。

会場一杯のご来賓、教信奉者の皆で神人幸栄う一日となった。

開祖様のDVD上映には、感動、感激、涙される多くの信者の皆さんがあった。

60年の歩みにご功績のあられた40名余の方々に、

表彰・感謝状と記念品をお一人ずつ感謝をもってお手渡しさせて頂いた。

長い間、本当に有り難きことであった。

この慶事の力を今後の善導救済、護持伸展の源泉と致すべくを心に期する一日でもあった。

明日からの特別神事執行、出張の準備ともなん。



         平成二十九年十二月四日 教主
2017/12/03
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
12月1日、今日より師走に入った。

統理斎主の下、月始祭が斎行された。

私は自修行後に職員会に少しだけ同席した。

明後日に開祭される『開祖様御生誕百十年祭』について確認した。

宗教界よりも20余名の先生方も参列下される。

有り難いことである。

翌2日、7時30分より統理との打ち合わせにて、

DVDの編集機器が不具合が起きたとのことで修正ができないことを知った。

昨日時点のものを放映するしかないようである。

それでもよい出来映えであった。

統理、横尾君には努力して頂いた。

感謝である。

神社に寄りて、境内、祈祷殿等々にての準備を確認、指示をした。

多くの不足ありて、私も少々心配ではあるが、

大神の御神助を乞い祈むばかりである。

案じられた天候は良いようである。

私の為すべきは明朝未明の自修鎮魂時とはなる。



         平成二十九年十二月二日 教主
2017/12/01
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月29日、特別神事を執行した。

介護士をしている23歳の娘さんも参列をしたが、元気がなかった。

神言を教えて祈らせる。

信仰者とは云い難き母娘ではあったが、

縁ある教師の関わりの薄さを残念に思うものであった。

これも私の責任と科し反省せねばないものと心せねばない。

統理が黒住教さんの教主就任祝賀より戻り、報告を受けた。

神道界を代表する教団であるを再認識した。

伝統と社会貢献の大なるに敬服した。

我が教団もやるべきをやらねばない。

翌30日、開祖様の映像編集を観た。

私の感ずる点を提言し、修正指導した。

開祖様の昔のお姿、お山の開発時代に感動感激した。

生誕祭に参列される方も、きっと私と同じ気持ちをもつであろう。

11時より三種永代奉斎之儀を斎行した。

40柱の奉祀となった。

霊界の浄めが現界の浄めとなるの御教えの神事執行ではある。



         平成二十九年十一月三十日 教主
2017/11/29
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月28日、ほとんど眠ることができず、2時に起床して潔斎なし、

行場にて今日の御神託祭の過ちなきを祈る。

5時に神社を巡り拝む。

身を斎え、6時に斎行となった。

祈祷殿大廣前はいつになく凛とした神気に包まれていた。

一同に訓戒教導なしてから執行となった。

1時間30分程の大神様との感交であった。

教師等にとりては昨年にも増しての厳しきものとなったようである。

テープ起こしともなるであろうが、例年のことながら緊張とはなる。

私も重儀をお仕えさせて頂き、その緊張が緩みて、どっと疲れが出るは否めずではある。

審神者を仕えし総監も、その場の気の流れにて身体が熱くなったようだ。

これまでに感じ得ぬことを体験したようだ。

彼も少しは神霊界の世界を体感したようである。

御神導に心より感謝申し上げるものである。

11月29日は特別神事、30日は三種永代奉斎之儀を執行する。

40柱の霊神奉斎である。

気を抜く暇はない日が続く。



         平成二十九年十一月二十八日 教主
2017/11/28
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月27日、この数日間、睡眠がままならず状となる。

『一年の御神託祭』を控えての前行にありて次第に我が身魂の高揚を感体する。

28日の黒住教さんの教統継承祝賀には私も当初参席予定であったが、

28日の一年の御神託は変更ならじとのご神意下りての欠礼となった。

統理と共にの出席予定ではあったが、統理が教主代理となって一人で出席することになった。

本年の審神者は総監の指名が下り、当人は仰天の極みであった。

これも神議りなればのことである。

ご神託要項をまとめ持参してきたので、精査なし文言を修正の上、手交した。

神主を仕えし者、審神者仕えし者、共々に御神意に添うべくを祈りあげる一日となった。



         平成二十九年十一月二十七日 教主
2017/11/27
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月25日、7時30分より教職員感謝祭を奉行した。

その後、職員全体会議、引き続いて9時30分より臨時理事会召集にて、

私より教団運営護持案を提言した。

理事審議にて可決、その大方針が定められた。

待ったなしの事業対応が多々ある。

一つ一つ乗り越えゆかねばない。

教師等の善導力に期待するものである。

10時30分よりは開祖祭斎行にて参列をした。

総裁家の者も参列し、開祖様に感謝申し上げ、テープよりの在りし日の御言葉を拝聴申し上げた。

力強いご教導に心熱くなる想いであった。

来月3日は御生誕百十年祭を祝寿申し上げる。

多くの人々で奉謝申し上げねばない。

翌26日、朝9時より大國神社にて孫の第二次面接試験合格の祈祷を執行した。

その都度毎に祈祷次第に変化を生ずる。

それが私の執行する特別祈祷である。

大神のみちびきの任にその神事、神術の法が変化する。

それが神のまにまになのである。

試験日は12月2日という。

無事の合格を乞い祈むものである。



          平成二十九年十一月二十六日 教主
2017/11/25
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月23日、千鳥ヶ淵戦没者墓苑に出向した。

私は列車にて、統理は前日の秩父よりの合流、教師4人は仙台、福島・郡山経由にて合流した。

新宗連主催にての『共に祈ろう!北朝鮮情勢の平和解決・すべてのいのちを尊び平和を祈る集い』を訴えての大集合となった。

4,000人余の参加者となったを漏れ聞くものであった。

私も主催者挨拶をさせて頂いた。

杉谷義純WCRP理事長の挨拶に始まり、加藤拉致担当大臣、

中根一幸外務副大臣も列席され、ご挨拶を賜わった。

新宗連よりのメッセージを宮本常務理事が宣言し、外務副大臣に手交した。

ようやくここまで辿りついたかと感無量となった。

御神意の任に15年程前より拉致救済すべく運動に参画し、

新宗連の大き力を頂いての今日である。

有り難き一日となった。

翌日、DVDを観賞し、会場は立錐の余地もなき状態であった。

我が教団も来年は5,000人規模の大集会をと志を新たにするものとなった。

来年には何としても拉致者を救出せねばならない。



         平成二十九年十一月二十四日 教主
2017/11/23
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月22日、鎮魂行の後、神社へ向かった。

9時30分に統理外2人の教師が秩父布教の為に出向していった。

明日、千鳥ヶ淵墓苑での『平和の祈り』の式典で合流となる。

私は特務室長と生誕祭での祭壇奉斎のご尊影額の製作にて打ち合わせをなした。

今から製作が間に合うかが案じられるが、努力せねばない。

感謝状もこれまでの在庫は不具合のあるを知り、これも至急印刷発注となった。

この慌ただしさも毎度のことながら、私もその対応になかなか大変となる。

昨日、玉光神社宮司の本山一博先生が12月3日に参列できないとのことで、

わざわざ来社して下された。

夕刻4時過ぎより一時間程歓談をした。

靖国問題にては大変お力添えを賜わった先生でもある。

正式参拝なされて統理、総監と会食されて帰京するという。

わざわざのご来山に感謝するばかりである。



        平成二十九年十一月二十二日 教主
2017/11/22
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月21日、今日も雪が舞う。

この数日間、冬日となっている。

7時30分よりの統理との打ち合わせ後は、

先月の祈念例大祭の映像を観賞した。

やはりプロの撮影映像はよいものであった。

儀式、神輿渡御、祝賀直会の情景がよく知るものとなった。

反省点も多々ありではあるが、雨天にても実に明るく楽しい神祭りとはなった。

教職員の明るさが今後の更なる教勢の拡充となるを信念するものである。

直会席にて精神を病みし若干名の無表情さが気になった。

一日も早い救いをと乞い祈むものでもあった。



         平成二十九年十一月二十一日 教主

(1) 2 3 4 ... 136 »

カレンダー
«  «  2017 12月  »  »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6