ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ


最新エントリ
2018/07/11
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
7月8日、西日本豪雨で死者50人、行方不明を入れると百人を超えるという。

日が経つにつれて更に被害は拡大しそうである。

ライフラインもダメージが出ている。

自然災害の猛威ではあるが、御神助あれと祈るばかりである。

翌9日、死者70人、不明者58人の報道あり。

更に増えるとのことである。

大神の御心に副うべく信仰生活の指導者をまとめている。

原点帰一の法則を、そして、転断の法則をもって勇断せねばない。

迷走のしがらみは削除せねばないであろう。

7月下旬より8月初旬の出羽三山登拝行事を終えて、

取りかからねばないものと心定めおるところである。

10日には死者128名、不明者56名となった。

テレビを見る度にその悲惨さを知る。

本年の三山登拝の参加者が激減しているようだ。

どこまで回復できるものかと願うばかりである。

タイの洞窟に遭難した少年12名と指導者1名の13名が決死のダイバー等の救助にて

全員無事救出されたという報道が入った。

救助の一人が生命を落としたことが悔やまれる。



         平成三十年七月十日 教主
2018/07/08
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
7月6日、麻原死刑囚ら7人の死刑執行と報道された。

オウム真理教の宗教団体を設立なし、魔界に魅入られて地下鉄サリン事件や

弁護士一家殺害事件などを犯した。

人間の持つ悪走りの極みであろう。

迷妄我欲の世界に引きずり込まれた憐れな人間ともいえる。

我々もいつ魔界に魅入られぬとも限らない。

用心せねばない。

大阪の大慧会教団次代会長の石倉先生が御礼の為に表敬参拝へ来られた。

新宗連常務理事として、この私を支えて下されたお一人でもある。

低気圧の悪天候の中であった。

心より感謝申し上げたい。

統理、総監等で特製そばにておもてなしをされたという。

翌7日、九州や西日本、四国等々の大雨被害が大きくなっている。

早くに天候が回復することを願うものである。

今日は総監と早朝ミーティングをなし、あとは終日、教師養成プランをまとめあげた。

大分見えてきた。

8月末より来年3月末日まで、5回の講習会を組ませて頂いた。

関連事業もまとまりしに感謝である。

老若男女、どなたも楽しい勉強会とせねばない。

大神にお誓い申し上げた百人の養成ではある。

大和を通し、社会国家の為にである。



         平成三十年七月七日 教主
2018/07/06
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
7月4日、タイの洞窟に13人の少年等が遭難し、雨水が入り救出に難儀しているという。

既に9日が経過しているようだ。

一日も早い解決、救出を願うものである。

ワールドカップでの侍ジャパンの活躍が連日報道されている。

敗けて勝つが如くの世状でもある。

統理と田中君は連日三山登拝推進教化に巡訪している。

信者さんの見えないものに気づかされているようだ。

全てが信者さんの為、社会国家の為に結ばれゆく教団行事ではある。

よい成果を期待するものである。

翌5日、百名の教師を養成すべく受け皿となるべく機関を思念思考する。

これまでの研修会並びに教傳会開催の『大和神道学院』の中に5部門を創設し、

将来構想を元に受け入れの動きとなるを神示された。

1年間は教団内での実施にての基盤確立をなし、遅くとも3年後には

一般世間にも神道を学ぶ人への門戸を開くがよしとなった。

私が20年前に立案したものを、いよいよ実行に移す時がきたようである。

8割方のプラン草稿がまとまった。

8月より年8回の受講を開講する。

これまでの一泊二日の日程ではある。

まずは教団内の正式カリキュラムをもっての受講ではある。

人づくりの大仕事の始まりである。

御神導あれ。



         平成三十年七月五日 教主
2018/07/04
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
7月2日、芽出度きことが2つ報道された。

1つは高円宮家三女にあらせられる絢子様がご婚約発表の記者会見をなされた。

2つ目は仙台出身の羽生結弦選手が国民栄誉賞を受賞されたことである。

国民の一人として、また県民の一人として心よりのお祝いを申し上げるものである。

このような日に、奉務面、人事面にて問題が報告されてきた。

なかなかに道の進まぬことばかりではあるが、御神導の任に御神助を拝すべく務めねばない。

翌3日、高1の孫が3時起きてサッカーを観戦していた。

私は常の如く鎮魂祈念行をお仕えしていた。

5時30分頃には日本がベルギーから2得点するも、その後に3点を取られて敗戦したようだ。

日本にとってベスト8の壁は誠に厚いようである。

朝のニュースで観ると誠に残念な試合であった。

それでも死力を尽くした試合に称賛を惜しまないであろう。

天晴れ、日本ではある。

私も我が教団を天晴れとせねばない。



         平成三十年七月三日 教主
2018/07/02
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
6月30日、スズメバチに刺されて入院していた職員が無事に退院し、御礼に来山したようだ。

大難が小難に守られしごとに感謝するばかりである。

新宗連理事会での理事長退任挨拶の映像を鑑賞した。

改めて先生方へ、事務局の皆への感謝の念が湧き出てくる。

教団の落ち着きし頃に何らかの形にて感謝申し上げねばないを心するものである。

7月1日、午前5時よりの月始祭斎主を先月に引き続きて奉行した。

護摩祭員の手落ちが重なるに慨むばかりである。

教団も宗教施設、境内での禁煙を施行した。

様々な波紋が出ているようである。

御教えに照らし、世の動きにも照らし、喫煙者は慎みもつを期待するものである。

新規採用の女性に辞令書を手交した。

その後、全体会議をなし、朝食を皆は頂きて、10時30分より正午まで

教主が大和乃大道の神典を紐解きて布教伝導の御諭を学修した。

一人ひとりが導き教えを頂く心をつくり、実行するを希うものである。

午後よりは統理の下、教化会が開催された。



         平成三十年七月一日 教主
2018/06/30
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
6月29日、月末3日間の早朝祓禊祈願行は今月は統理に先達を願った。

数日ぶりにてゆったりとした時間の流れの中で鎮魂祈念行を行修した。

山鳩の鳴き声、雀のさえずり、風のそよぎが何とも心地よい。

有り難き我が行場ではある。

新宗連、日宗連のお役を終え、一つの肩の荷を下ろさせて頂いた。

これよりは東日本大震災での大き被害にての後遺症を建て直さねばない。

教勢面、財務面においての厳しきの正常化を図らねばない。

これからが私が神導・神授されし神通力の発顕ではある。

百人の教師、生久栄人を育成するは容易なことではない。

それが為の「大一番の苦労」の覚悟ではある。

職員がスズメバチに刺され、救急車とドクターヘリにて搬送されたの連絡が入った。

すぐに祈祷をした。

神託にて「守る」と示された。

この何年間か続けて刺されている故に危険であった。

前回処方された薬を自ら打って応急処置したことも力となったようだ。

今日一日入院し、様子をみるという。

危うきを助けられた。

御神助に感謝である。



         平成三十年六月二十九日 教主
2018/06/29
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
6月28日、午前10時30分より新宗連会館で「故清水雅人先生を偲ぶ会」が斎行された。

私も発起人の一人として、お祈りをさせて頂いた。

清水先生とは開祖様も御縁があったという。

私も週刊誌等に宗教評論家の立場より度々掲載された。

それなりの反響を醸すものでもあった。

この後、明治神宮の中島宮司と面談し、正式参拝をさせて頂いた。

日本会議の松村氏の同行を願った。

お蔭で良い参拝をさせて頂いた。

帰りのタクシーのおこころも賜りしは恐縮であった。

夕刻よりの日宗連懇親会は感謝状をお受けすることになっていたが欠礼させて頂いた。

これよりは教団の教勢伸展の為に、百人の教師育成の神業に精進せねばない。



         平成三十年六月二十八日 教主
2018/06/28
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
6月27日、新宗連の評議員会、理事会に出席のため、立正佼成会さんの法輪閣に出向した。

午後1時前に到着し、事務局員や萩原君等の出迎えにて応接室へ通された。

川端先生、山田総局長の御挨拶を受けて会議場へ向かう。

13時30分より評議員会仮議長のご挨拶を申し上げた。

評議員会では新しい役員が承認された。

次に15時15分より理事会が開催され、新理事長、常務理事が承認となり、

私より2期4年の理事長退任のあいさつをさせて頂いた。

15分程の時間にて、感謝と新宗連の有り様を少し述べさせて頂いた。

この期間、教団は60周年を控え、また一千日大行をも行修せる中でのお務めであった。

財務、教務に誠に厳しい最中でもあり、教団には誠に申し訳なきことでもあったが、

反面、私にとっては日本宗教界の姿を少し垣間見させて頂いた。

有り難い知己をも得させて頂いたことは大変に勉強ともなった。

新宗連の御蔭ではあった。

会議後、新旧理事長、常務理事の交代に伴うもてなしを賜った。

美酒に少々過ぎたところもあったが、お支え頂いた方々に心よりの感謝を申し上げたい。



         平成三十年六月二十七日 教主
2018/06/27
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
6月26日、4つの懸案事項の2つ目が今日叶った。

10ヶ月間を要した。

あと2つの事案が残されているが、7月の内にも達成をと希っている。

更なる御神助を乞い祈むものである。

総監にも御苦労をかけている。

有り難く感謝である。

教師の愚行がまた耳に入る。

教師の自覚が欠落しているとしか云いようがない。

厳しき指導となろう。

禊祭本祭の映像を鑑賞した。

素晴らしき天地一切清浄の神事、神業、神術であるを改めて覚るものであった。

明日から2日間、上京をする。

新宗連理事長、日宗連理事を退任することになる。

皆さんに感謝を申し上げねばない。



         平成三十年六月二十六日 教主
2018/06/26
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
6月25日、午前3時より鎮魂祈念行をなし、7時に神社へ出立し、

7時半よりの教職員感謝祭に参列した。

女性教師等は布教優先とした。

男性教師と事務職員とでの参列となった。

8時15分より全体会議を開催し、担当部署毎に提言があり、

それを私が補足しながら進行をした。

昨日は禊祭ということもあり、皆も疲れ按配と観るが、

一所懸命にお仕えされしに感謝である。

私は10時半より秋田の方の特別神事を執行した。

娘婿の精神の病の解除ではある。

難しい精神の病が増えている。

医者の力ではなかなかに治り難きものである。

月例の開祖祭も斎行され、昼よりは境内の撤収作業となったようである。

外祭は誠に舗設が大変ではある。

奉仕の人が二倍、三倍増となるよう教化せねばない。



         平成三十年六月二十五日 教主

(1) 2 3 4 ... 148 »

カレンダー
«  «  2018 7月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4