ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ


最新エントリ
2018/11/27
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月25日、謹行86日目。

教職員感謝祭も斎行した。

教座会後、教師5名に新装束貸与式をなし、教化布教の講義を90分程なした。

職員が来社途中にて急に体調を崩したとのことで案じられたが、

落ち着いたを知り、御神助に感謝申し上げるばかりであった。

10時30分より、永代奉斎之儀並びに開祖祭が統理斎主の下で斎行された。

今年も余すところ一ヶ月となった。

やるべきをやらねばないものと心するものである。

翌26日、麗しい月光を仰ぎ拝む。

今朝は暖かい一日となった。

謹行87日目。

教座はゆったりとなす。

教師等も話を話のみとするものではなく、即実行に移し、

形として神明奉仕の結果を表すことであるを示しおく。

この実行力を全教師、職員、役員に養成せねばない。

この一点に尽きるを心せねばない。



         平成三十年十一月二十六日 教主
2018/11/25
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月23日、朝の謹行中に雨が雪交じりとなる寒い朝となった。

教座にても男性教師の全く意識変化のなきに慨嘆するばかりであった。

『諭せども諭せども』なのである。

善導救済の奉仕が何故にできぬのか、しないのか、

その壁を教師が乗り越えねば、信仰組織構築は夢物語となる。

神々はこの姿をどのようにご覧あそばれているのか。

神明奉仕への決断書奉献は、その場しのぎで終わるのか。

皆の心の目醒めを期待したいものである。

『親の心、子知らず』の次元からの脱却を願うばかりであるが、

早くに信奉者の鏡とならねばない教師等の身上である。

翌24日、満つる美しい月を拝む。

この数日、星の煌めくを拝むも月は出ずであった。

月拝鎮魂を行修した。

6時より謹行85日目を奉行した。

気仙沼より3時に出発して役員の皆が参列された。

嬉しいことである。

この後、自分等夫婦の葬儀、永代奉斎等の相談を受けた。

大分、悩まれていたが明断した。

こういう問題もあるのかと、私も勉強させて頂いた。

総監がアルバイト希望の女学生を面談した。

近隣団地に住まいて、大國神社に何度も家族や友人と参拝していたそうだ。

健康的で良い娘さんという。

初詣も控えている。

御神導の任にではある。



         平成三十年十一月二十四日 教主
2018/11/23
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月21日、今朝は少し冷え込みが厳しいものとなった。

空は星が煌めいている。昨日、今日と月は見えずである。

謹行後に、御霊鎮魂謝罪慰霊を執行した。

参籠奉仕をされている方に身体のことを尋ねると、脳梗塞で倒れて右目が見えず、

半身不具合があり、左目もほとんど見えていないという。

そのような体で、神器を奉製、火祭祈祷の護摩木をも割り束ねて下されている。

本当に有り難いことである。

信心の力、御神助をみるばかりである。

改めて感謝である。

翌22日、謹行83日目。

世情では日産自動車のゴーン会長が金融商品取引法違反容疑で逮捕され、株価も下落したようだ。

人間の欲は限りないものである。

権限を長年持つと、心弱き者は崩れる傾向にあるは衆知の如くである。

韓国政府は慰安婦問題で解決済みの問題を反故にしたとの報道があった。

誠に真義のない国である。

ロシアも然り、中国もである。

米国も利益に添わねば敵として攻め断つ国である。

国際情勢は強い者が正義なのである。

嘆かわしい心、魂の働きである。

大和心、大和魂の精神次元は、やはり清らかであるを誇りとすべきであろう。

何れの日にか、我が日本国、大和の精神に心寄する国が次々と出てくるであろう。



         平成三十年十一月二十二日 教主
2018/11/21
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月19日、雨音を聞きての鎮魂を行じた。

諸々の道すべを言問う。

6時より謹行80日目を行修した。

教座にては諸霊の霊障等を解析した。

昨日の相談者のみちびきの法を担当教師に伝えた。

お救いせねばない。

この数日間、身体の疲労感が大なりを感じる。

睡眠不足もあろうかとは思うもだが、一千日の歩みは始まったばかりではある。

教団も甦らせねばない。

翌20日は美しい星空を観た。

行堂での鎮魂にて、新灯明の右側が立ち昇った。

今日もよい一日となるを予兆するものである。

謹行81日目を行修する。

2人の大き救いの神事が取り次ぎされた。

帰山なし能理斗を確認してまとめる。

改めて高次元の言霊・文字霊を知るものであった。

厚みある言霊の妙用とはなる。

22日斎行の神拝式が8割方みえてきたようである。

是非にも救済の道を開かねばない。



         平成三十年十一月二十日 教主
2018/11/19
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月18日、美しい星空を仰ぐ。

冷気が身にささる。

本宮境内に十種大行修行者の神言奉称や言霊が心地よい響きとなり木霊している。

この言霊にて大き力となりて、此の世を清めるであろうことを信念するものであった。

6時よりは私の79日目の謹行に参行して頂いた。

本殿にての謹行を奉行し、引き続いて祖霊殿に移動しての謹行並びに

第二座の代々御祖慰霊之神儀を斎行した。

御祖5代・3代の慰霊をお仕え申し上げた。

参列者も我が祈りの尊さに一様に感動をもって神界・霊界への境地を

感体されしを漏れ聞くものであった。

三次元の現界より四次元、五次元への異次元世界への交感・交流とはなる。

時間、空間を超えゆく一時間余となったようである。

儀式後、教座を開いた。

今日で680名を超えたようである。

大和拝、四拍手ニ拝の神秘を少しく解析させて頂いた。

この後、相談者の悩みを聞きて、問題解決への指導をもさせて頂いた。

修行者一同の行満を祈るものである。



          平成三十年十一月十八日 教主
2018/11/18
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月16日、謹行77日目。

教座会の後、10時より特別神事を執行した。

この数日間、連日の神事遂行にて、疲労感は禁じ得ずではある。

統理も祭員として奉仕している。

よき学びとなったものと思う。

そして、そのような場や機会を与えて下された大神の図りに奉謝するものである。

一つとして同じ神事のないを知るこそが道の励みとはなる。

三界に感交交霊、調和の世界を顕現する神術の道ではある。

願い人の本願達成と成さねばない責務があるのである。

翌17日、謹行78日目。

今日、明日と三大行の結びとなる十種大行が執行された。

統理以下教師等に委ねしものである。

私は明朝の謹行にて、修行者とのしばしの祈願、慰霊行を仕えることにした。

『行ほど尊いものはない』の真義を少しく体感してほしいものである。

教座においてその道を聞かせて頂きたいと思うものである。

行の目的、その目的を得る為の意識、念の世界を解析してみたい。

様々な人たちが参行されている。

皆に等しく理解をして頂かねばない。

言霊の力を拝さねばない。



         平成三十年十一月十七日 教主
2018/11/16
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月14日、暁の明星が美しく煌めいていた。

謹行75日目。

教師の不行届きを厳しく諭した。

8時過ぎより慰霊祭を斎行した。

11月2日に帰幽せし方であった。

10時より第2座を執行し、10月31日に帰幽せし方と、

もう一人は先祖関縁の水児の霊の慰霊を奉行した。

御霊の想いも様々ではある。

連日の特別慰霊ではあるが、儀式ごとの作法に統理等祭員はどれほどの感動をもったであろうか。

そして、その霊験の立ちしをもである。

翌15日、謹行76日目。

9月に発生せしおぞましき事件を惹起せし者の正体が判明した。

一つの流れに添いて何の衒いもなく暴かれた。

御神導なりしを禁じ得ずであった。

本教団にとり不快極まりなき試練の一つではあったが、

今後のことを思うに、よき学びの事件とはなった。

『禍を転じて福と為す』の如きと信念するものである。

これからの一ヶ月は予断を許さずの体制を整えておかねばならない。

全てを修行として、その壁を乗り越えていかねばならない。



         平成三十年十一月十五日 教主
2018/11/14
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月12日、謹行73日目。

代々御祖慰霊之神儀を執行した。

やはり一時間程となった。

神掛りの状にての神儀となった。

三界交感にての奇毘なる神儀であった。

参列者もその尊き姿に涙するばかりであったようだ。

これまでの慰霊供養の法に、更に浄霊浄化の道が授けられたを信念するものとなった。

明日、明後日と謹行後に5座の神事を奉行せねばない。

気力、体力を充たさねばない。

翌13日、謹行74日目。

10時過ぎより、十代御祖慰霊之神儀を執行した。

2時間を要す厳儀となった。

これまでの先祖代々の祈り上げの法を、深き祈りとすべく法を神授されしにての、第一番の斎行となった。

霊界からの助力をもっての問題解決を図るものである。

第二座目は御詫びの御祭を執行した。

かなりの疲労感を感じるものとなった。

統理、祭員もこの数日の特別神事執行にて、神事、神術、神法の神妙なるを少しく感体したであろう。



         平成三十年十一月十三日 教主
2018/11/12
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月10日、謹行71日目。

参行、参会者が600人を超えた。

雨も上がり、爽やかなる気に包まれた境内であった。

これも一つの御神徳と拝するものである。

特別神事を統理が祭員となり執行した。

父子二人での神事執行は初めてかもしれない。

早くに私の種々の神法を身につけることである。

その為には自ら求める行を積極的になすことである。

人からやれと云われての行ではない。

行は自らの意志でやるものである。

そうでなければ何事も身にはつかないを悟證すべきである。

翌11日、謹行72日目。

教座後、2人の相談を受けた。

夫々に霊界の仕組みによる神事について説いた。

今日は御神導、御神助にて大き救いの道が展開された。

心ありし教師等に感謝である。

明朝の謹行併祭の『代々御祖慰霊之神儀』の作法をまとめた。

これまでの慰霊供養法に新しき道が組み入れられた。

これも日々の鎮魂にて神授されしものである。

霊界を救うことにて現界の人たちの救いともなる神事の道ではある。



          平成三十年十一月十一日 教主
2018/11/10
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月8日、謹行69日目。

10時より愛子教会改修工事終了並びに遷座奉告祭を統理斎主の許で斎行した。

私、教母をはじめ、内々の若干名の参列にて行われた。

禊道場も兼ねるものとはなる。

米国ではトランプ大統領再選を占う中間選挙が行われ、

上院は過半数、下院は過半数を割るもそれなりの力は保持しているという。

何れにしても拉致解決の力となって頂きたいものである。

翌9日、謹行70日目を迎えた。

終日雨模様の天候であった。

打ち合わせに統理も加わり、その後に特別神事を執行した。

統理にも勉強をさせるべく祭員を奉仕させた。

これからは積極的に特別神事を学修せねばない身上でもあるを自覚すべきであろう。

道場の補修工事を板橋参与に願っている。

今日で終了するものと思われる。

あとは館長室、事務室の整理と畳の角等の目隠しがある。

代々御祖慰霊の祝詞とすべきものをまとめる。

更に進化の祈りとせねばない。



         平成三十年十一月九日 教主

(1) 2 3 4 ... 157 »

カレンダー
«  «  2018 12月  »  »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5