ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - taiwa2さんのエントリ
 taiwa2さんのエントリ配信

カテゴリ


最新エントリ
2018/10/19
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
10月18日、美しい星空の下、気息をなした。

48日目の謹行、教座会後に山の教師を集めて大祭を迎えるに気を引き締めるために大声一喝を喰らわした。

決め事を守れず、向上心を持たぬ者への諭しではある。

そして、皆の良きところも褒めると、一人ひとりの表情が和むのを観た。

本祭まであと3日である。

信奉者の心を結びて輪を広げてほしいものである。

総監も初めての典儀の役である。

今日より習礼をするという。

それなりの形になれと祈るものである。

径7寸、長さ8尺の松丸太16本組の火壇は見る者を圧倒するに足る。

3万5千本程の平和祈念串が納められるという。

当初の寒い日の予報から暖かい気候に転じたようである。

お日様も出るようだ。

よい日和となることを願う。

17日に救う会宮城の安藤会長が来庁した。

16日に首相官邸で宮城県庁、仙台市役所職員等の署名簿を菅官房長官に

手交したことの報告に来庁し、総監が対応した。

大泉顧問も同行にて、飯塚代表、増元さん、山谷参議院議員も同席したとのことであった。

手交後の昼食会では、大國神社の話題で盛り上がり、山谷先生も

本教団の支援に大変感謝されておられたようだ。

大泉顧問も菅官房長官が横浜市議時代に深い交流があったという。

奇毘なる神縁を感じるものであった。

御苦労様でした。



         平成三十年十月十八日 教主
2018/10/18
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
10月17日、謹行47日目。

雨模様の天候であったが、午後2時過ぎ頃より少し日が射してきた。

謹行後に女性の相談者ありて30分程お話を聞いた。

50代の息子さんとの対話と結婚の問題であった。

母心の切なさに胸が痛くなった。

大祭の姿を形造るに更なる努力が必要である。

教務部長よりの電話に際し、皆の動きをよく観察し、相応の指導を促した。

今日も男性教師の行動に不快をみた。

本末を過つことの何と多かりしであろうか。

慨むこと心痛くなる。

守るべきを守れず、行うべきを行い難き姿を如何にすれば改めることができるのか。

向上をさせられるのか。

今日も私の人間教育に課題を与えられた日となった。



         平成三十年十月十七日 教主
2018/10/17
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
10月15日、今朝は一千日謹行にての月次祭に先立ちて、

第三期御神像・御神印拝戴奉告祭を執行した。

祖霊殿にては日供祭後に大和地蔵月次慰霊祭を斎行した。

昨晩、急かされるように新たなる祝詞を作文清書なし奏上した。

美豆子の御霊との交霊感応の状となった。

一同も共感するは祈りの力の証左ではあろう。

有り難き境を拝するものであった。

境内には大和立教例大祭・世界平和萬民幸福の大幟旗が掲げられた。

16対旗の勇壮なる威風堂々の景観に大勇猛道の力が漲るものであった。

昨日、9時過ぎ頃より、夕刻4時30分頃迄の作業となったという。

大仕事であった。有り難きことである。

21日の本祭は曇りで16度の予報であるが、覆りて好天となるを祈るばかりである。

翌16日、星空が美しい。

四方拝の後、存分なる気息を行修した。

謹行46日目。

境内の大幟、小幟旗の景観はやはり元気を拝す。

『旗の持つ力』であろう。

神気の漲るを感得するにて、境内をビデオとカメラ撮影を願った。

よい神象の姿をと希うものである。

昨日作文せし祝詞文を改めて編揖した。

より良い文言の生み出しではある。

今日は数ヶ月ぶりかで、穏やかなる時間を頂いた。

重き荷が次第に解除されるかの如きを感じる日ともなった。



         平成三十年十月十六日 教主
2018/10/15
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
10月13日、謹行43日目。

美しい星空である。

日々の指導にも厚みが出てきているを感じる。

しかし、受け手の教師等の順応意識がまだまだ低いのは否めずである。

私も更に腹をすえ、根気強く教育するしかない。

みそぎ神道の資料を一部手に取った。

講習会の為に私も準備せねばない。

翌14日、謹行44日目。

雨模様の天気なれど、秋の大祭を迎える為の清掃奉仕が行われた。

大幟旗も立てるようだ。

男手が少ないようだが、怪我災難なきを祈る。

今朝もまた不浄なるを確認した。

装束も着るだけで満足に整理できぬを慨むばかりである。

私自ら、日々教師等の姿を糺すべく悪戦苦闘ではあるが、根気強く鍛えあげねばない。

女性職員の仕事の段取りの未熟さにも指導をすることになった。

下山後、『禊流幣捌き三法』を清書した。

統理等は解脱会さんの記念祭典へ出向したようだ。



         平成三十年十月十四日 教主
2018/10/13
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
10月11日、謹行及び教座41日目。

今朝も教師職員等のおぞまじき姿を観ることになった。

業の深き人たちと一概にかたづけるわけにはいかない。

道を歩み、道を求める心を更に強く持ってほしいものである。

今日も一日雨模様となった。

天候の変化激しきに風邪などは引いてはいられない。

用心せねばない。

26日よりの『古神道みそぎの集い』講習会の資料等も検討せねばない。

21日の立教例大祭の布教もこれからのようである。

教師等の布教に遅れが生じているようだが、努力をして頂きたいものである。

翌12日、鎮魂にて右灯明が美しく、力強く立ち昇り続けた。

瑞兆の神象ではある。

謹行42日目。

今日も諸々の気づきがあった。

甦りての教団づくりの為に、教師等を厳しく鍛えん。

『みそぎの集い』にはまだ問い合わせはないが、ネットでのクリック数は

500回を超えているとの情報が入った。

来週早々には正確な数字が出るという。

全てが御神導によるものなれば、一つの流れに副うばかりではある。



         平成三十年十月十二日 教主
2018/10/11
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
10月10日、謹行40日目。

職員の子供である中学二年生の男子が参列した。

教座では問答式で解説をした。

少年の頭脳は柔らかく、吸収力が誠によい。

子供等を教育することは楽しいものである。

そして、大切なることを知る。

統理や外の職員の子供等も母親と参列を促さねばない。

今日は終日雨となった。

参列382名、教座は403名となった。

12月9日には百日を迎える。

実のある力となり、何らかの形象として顕現されるを希うものである。

この日は開祖生誕祭の祝寿日ともなる。

これも御神導と云うべきであろう。

編⊃声匍椹覆糧言が週刊ポストやネットニュースにも掲載された。

私も心痛むばかりである。

神社界に異変が続いている。

何れにしても慎みをもちて神明にお仕えせねばない。

我が教団も、私も言霊行為を常に神明に照らさねばない。



         平成三十年十月十日 教主
2018/10/10
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
10月9日、この3日間、美しい星空を仰いでいる。

大宇大宙の星々の煌めきを吾が御魂に蒙らせる神法をせん。

謹行39日目。

お山は静かであった。

謹行前に括袴をはこうとすると、両膝が擦り切れていた。

総監も袴を引っかけ裂けてしまったようだ。

休みを取っていた職員2人が謹行に神明奉仕をお仕えした。

なによりである。

祖霊殿での日供謹行にて、昨日慰霊をなした秩父教会関係者の御霊が掛かり、

その想いが霊言となった。

次に、開祖様も降臨し、お諭しを頂いた。

謹行奉仕者も心引き締まる座となった。

帰宅なし、統理が出向した大本教さんの『東京本部開設五十周年記念・東京大本歌祭』の

資料、記念品と報告書を読ませて頂いた。

教派神道の先生方よりご挨拶を賜ったようである。

私は一千日間の外出、外泊の出来得ぬ修行の身上にある。

なかなかに難儀なことではあるが、詮なきことである。

御魂結之神儀を終え、21日は立教例大祭本祭を迎える。

式次第を通読したが、祭員の検討もしなくてはならない。



         平成三十年十月九日 教主
2018/10/09
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
10月7日、謹行37日目。

本殿を常の位置より拝むと、本殿頭上に瑞鳥、瑞龍の如き雲象に

朝陽の光が射し込む光景を観させて頂いた。

有り難き朝拝となった。

今朝も期待する者は不参であった。

詮なきかと憐れむものであった。

教座にては祓主所役の祈り方を指導した。

夫々の癖を矯正するはなかなかに難儀ではある。

神明奉仕に厚き心を示す者、薄き者が自然と色分けされる謹行となりつつある。

この月内に明となるであろう。

また、大き決断の断行もせざるを得ずの大事もあるかもしれない。

御魂結之神儀第3座が執行された。

3日間とも浄闇の宵ともなった。

御神護の大なるを乞い祈むものである。

翌8日、謹行38日目。

秩父教会の信奉者も参列された。

教座では大和拝を紐解き、昨夜の御魂結之神儀について説いた。

当初の十一尊神に加えて十種御子への変化について語らせて頂いた。

神妙なる玄義に信解の状となった。

その後、相談者ありて指導をした。

皆に幸せになって頂かねばない。



         平成三十年十月八日 教主
2018/10/07
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
10月5日、教職員謹行に列す。

後、「教主告諭」を授けた。

不浄、愚か人を救済すべく道でもある。

私も大死一番の覚悟をもっての仕儀ではある。

この10月、神在月の神縁をもっての大事とさせて頂いた。

この告諭をもって、教主は俗事より身を引き、聖事に身を捧げることを宣告した。

教職員を守るべく道も講じさせて頂いた。

夫々が深き反省をなし、厚き神恩感謝の誠をもって奉仕するを檄するものであった。

御神導の任にの言霊の発露となりしに奉謝するものである。

今夕より、御魂結之神儀が執行される。

十一尊神十種御子との魂乃結びの成満者が誕生した。

御神寿あれと祈るものである。

翌6日、謹行36日目。

教座会は爆笑が起こる面白い庭となった。

日中は温度が上がった。

昨日の告諭にての神明奉仕の姿を期待した者がいたが、やはり謹行奉仕はなかった。

次第に大神の膝元より離れる仕業となるのかもしれない。

私も手を尽くしたが仕方ないことである。

明大合気部の友人3人がわざわざ私に会いに来てくれるという。

有り難いことである。

御礼状を記し投函した。

修行中にて皆と一緒に宿に泊まる事は出来ないが、

心づくしのおもてなしをと思うばかりである。



         平成三十年十月六日 教主
2018/10/05
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
10月3日、謹行33日目。

爽やかな秋の空であった。

不浄教師を厳しく糺した。

めげずに頑張るか、立ち去るかを見届けねばない。

今後の教団は通り一遍の教師はもう不要である。

殊に男性はである。

教職員を守るべく大事を断行する。

翌4日、三日月の麗光を仰ぐ。

謹行34日目。

謹行中、『明日教職員を召集。汝より告げ諭しおくべし』の神意を拝し奉った。

教師の不心得を糺し、甦りの年に相応しき教化活動の推進の為にである。

由々しき問題への対応をである。

総監に明日の謹行より仕え、「教主告諭」を拝す旨を通達してもらった。



         平成三十年十月四日 教主

(1) 2 3 4 ... 155 »

カレンダー
«  «  2018 10月  »  »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3