ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ


最新エントリ
2021/09/12
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
9月10日、自修行常の如し。

7時45分、本田君と打ち合わせす。

8時より朝会、9時よりアイエスさんの太田君と石ベンチ等設置の打ち合わせす。

鏡君同座、地蔵舎のコップ入れ箱の設置を検分指導す。

帰山なし鎮魂、随神霊神奉祀の祝詞改訂編輯す。

今日も一日が終わる。

翌11日、自修行常の如し。

8時より朝会、9時前頃より佳乃琥童神の側に神兎三羽を並べ設置す。

大変よい出来映えである。

参拝者が早速写真を撮っている。

愛される場となるを観る想いである。

大国主大神御尊像の御神名板取り替えもなす。

ひび割れの原因も大神様の誘いにて気づかされる祈蹟をみる。

明日の朝会後に一つのおぞましき件に結着をつけねばない。

神の任にではあるが。

神光殿では月例祭、延命長寿祈願祭が田中教師の斎主にて斎行された。

90歳の方も参列されたという。

健康長寿を重ねて乞い祈むものである。



         令和三年九月十一日 教主
2021/09/10
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
9月8日、自修行常の如し。

東天より南方へ美しい茜雲を観る。

午後より崩れ雨となる。

大國地蔵境内社参拝、草刈機で境内社に小砂利が飛びしを整えるよう指示す。

一つの願事ありて出羽三山神社権宮司さんとお話しす。

お元気そうでなによりである。

石駒さんの工事日程確定す。

諸々の工事の動きに進展をみる一日となった。

そして、夕刻有り難き報告を受くる。

翌9日、自修行常の如し。

7時半より鏡君と電話打ち合わせす。

8時より朝会、田中君少々体調不良のごとなり。

田中君の父親の告別式を10月19日に斎行すべく遺影用の写真に使用可能かと妹さんの結婚式の写真を持参す。

何とかなると思われるが、加藤室長の技術にかかるごとなり。

姉妹の方、お二人とも綺麗な方である。

亡き母も綺麗な人であったという。

神拝詞在庫がなくなり至急手配をとのことであった。

準備をなしていた改訂版の原稿を検分、数ヶ所変更し加藤室長宛にFAXす。

帰山なし鎮魂す。

午後2時頃に日産の徳村君より車検とのことで代車を持ってくるという。

年々操作が便利になっているようだ。

私も年のせいか車が変わると操作がのみ込みづらくなってきているを感ず。

何事も鍛えねばないと心す。

夕刻に巫女教師より大き救いを願われる。

御神導あれと乞い祈むなり。



         令和三年九月九日 教主
2021/09/08
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
9月6日、自修行常の如し。

8時より朝会、今朝は6人の教師等が集まった。

父親を見送りし田中君も帰仙した。

少し疲れた表情を案ずるばかりである。

9時より石駒さんと神変社敷石の件、随神霊神碑の追加刻字等にて打ち合わせさせて頂いた。

その後、遠藤巫女と田中君と教化推進の方向性を確認す。

105世帯より1,000世帯への道開きではある。

仕事は楽しくではある。

翌7日、自修行常の如し。

青空が広がる気持ちのよい朝を迎える。

神社にて数日ぶりに大國地蔵神庭、天神お釜社神庭を参拝する。

佳乃琥童神が何とも愛らしい表情で迎え下さる。

心が和む。感謝である。

15日までには神兎三羽、御神名碑が設置される。

次は境内の石のベンチを6基ほど移設するを計画している。

神変社門柱は8寸角、7寸角となった。

堂々の門柱となろう。

神社のご神威高揚の神庭が次々と整備される。

参拝者もきっと喜びと御力を拝受されることを信念すものである。

朝8時より朝会をす。

帰山し、神和殿にて一時間ほど鎮魂す。

教師等の教化目標への意識が低い。

変えるべく私はどうするではある。



         令和三年九月七日 教主
2021/09/06
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
9月4日、自修行常の如し。

神変社大磐座に弁備されし御下駄祈願作法案を検分す。

雨にて石より細かき土が跳ねて案の足に汚れとなる。

塗装の様子も知らねばない。

位置を少し変え特大御下駄を一足置くと見映えが良くなった。

明朝、我が神殿の御下駄を奉献することにした。

8時より朝会をなし、早めに下山す。

神和殿にて鎮魂祈念す。

今朝、本宮にて雨の中で傘を持たずに山形の信者さんが参拝していた。

風邪を引かぬよう言葉を添え、傘を持ってきて渡す。

深き頭垂れしや。

翌5日、自修行常の如し。

雨降りにて傘を持ちて神変社磐座の案を検分す。

持参の御下駄を置いて目視す。

明日は石駒さんに来て頂き踏石等相談する。

門柱用の材木も大変な高上りにて見積りを出しづらきを確認す。

されどやるべき時にはやらねばない。

雨で大分濡れてしまった。

8時より朝会を開く。

万燈祭提灯の中に入れる照明の良いものを鏡君が見つけてきた。

9時半より相双より中国で勤務する息子さんの身の安全、身体健固、災難消滅の特別祈祷を執行す。

御神導にて神気漲る祈祷とはなん。

喜びと感動の言葉を伝えられる。

訓戒甦生を希いて一人の職員へ書面を届けさす。

後は本人の心次第とはなん。

パラリンピックも閉幕す。

人間の奇毘なる生命力を存分に観せて頂いた。

鍛錬によって不可能と思われることを可能とする力を、健常者もその努力を見倣うべきであろう。

身体を損いしにも諸々ある。

先天的な方、怪我災難、戦争にて等々。

心を病み肉体を病む。

そして人生に希望という光明を見つめて努力す。

感動を有り難うと精一杯の拍手をもって称えたい。



         令和三年九月五日 教主
2021/09/04
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
9月2日、自修行常の如し。

正参道階段破砕工事を検分す。

綺麗な工事である。

今後も依頼できる業者と判ず。

8時より朝会、3人の教師と11日の敬老祭、18日の万燈祭式次第の確認指導す。

今日は朝から喜びを拝しまつる有り難き日となん。

肌寒い一日でもあった。

明日の特別神事の祈願詞、霊璽簿をまとめる。

翌3日、自修行常の如し。

8時朝会、9時半より特別神事を執行す。

帰山なし11時半より家庭勉強会をなす。

事務整理なし、しばし鎮魂す。

祈祷霊験の立ちし御礼の電話が入る。

菅総理が次期総裁選に出ずの報道を見る。

一年の短命となりしなり。

時勢の流れに抗し難きではあった。

天運なきを観る想いなり。

昨日、眞子様ご結婚の報もあり。

儀式せず、一時金ご辞退ともあった。

国民の一人として複雑な想いである。



         令和三年九月三日 教主
2021/09/02
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
8月31日、自修行常の如し。

8時より御本殿にて教職員感謝祭を斎行す。

斎主は畠山真由美教師が奉仕す。

次に井上定雄さんに三山登拝60年掛けを表彰すべく証状を授与す。

20歳の頃より連続60年である。

開祖様がお若い時よりの歴史を知る人でもある。

心より感謝を申し上げた。

9時より一夜二日の講習会を開く。

12時30分まで教主特別講義す。

皆も元気に受講なし、午後より女性教師は実践布教をすべく指示し下山す。

少々疲れあり。

夕刻、鎮魂す。

翌9月1日、早めの自修行なし神社へ。

5時より長月の月始祈願祭を執行す。

2時間程を要す。

8時より特務室長を召して確認指導す。

9時30分より特別講義す。

午後より昨日に続き実践布教とす。

私は下山なし事務をとり、夕刻に鎮魂、晩に実践布教の伸展ありし報告を受ける。

何よりと感謝せん。

前月の大き御蔭を更に大きく伸展すべくおつとめせねばない。

御神助あれと祈らん。



         令和三年九月一日 教主
2021/08/31
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
8月29日、自修行常の如し。

朝会で男性教師の頑迷不可解なる根底の心根が浮彫されし言葉が吐露された。

これも大神様の御図りと覚るものである。

人を導く奉謝行、信仰者を教化育成すべくの道に大き陰りをみるものであった。

次々とこれまで見えぬ心根が露出されてきている。

これも知らねばなき事の象であろう。

翌30日、自修行常の如し。

8時の朝会は田中教師と2人であった。

今朝は嬉しきこと、苛立つこと諸々あり。

9時45分頃より特別神事2座を奉行、昼過ぎとなる。

厳しき祈祷連続にて気力、体力の心配ありしも御神助を拝しての執行となん。

この月は7月の厳しきを改善良化する力を賜りしなり。

心ある教師に支えられしに感謝したい。

明日は日時変更しての教職員感謝祭を執行、併せて三山登拝掛60年の証を授与させて頂くとす。



         令和三年八月三十日 教主
2021/08/29
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
8月27日、自修行常の如し。

8時より朝会、楽しく語り合う。

10時より特別神事を受けし山形の40代女性に説き示す。

今日は大き道開きの一日となった。

夕刊に児童虐待が初めて20万件を超えたとあった。

情けなき世の中となった。

力なき弱き幼子を虐める。

許される行為ではない。

怒りが込み上げるも只管祈るばかりである。

宮城県も今日から9月12日まで緊急事態宣言が出された。

飲食店、カラオケ店等々、先の見えない厳しき状となっている。

一方、国外ではアフガニスタン首都カブールの空港付近で起きた爆発で米兵13人死亡、

死者70人超の報道あり。

タリバンと対立するISのテロと断定されたようだ。

罪なき多くの人が犠牲になるは忍び難きなり。

翌28日、自修行常の如し。

8時より朝会にて、大和の祈りは祈蹟を生む力であり、無より有を生ずる力なるを説き明かす。

9時過ぎより特別室にて神事執行者に内容を説明す。

その後、執行なし、体調不良での参列であったが少しく快方し、霊験を感応されたようである。

更に身体加持治療を施術す。

身体に温かみを生じ頬に紅がさしてきた。

なによりである。

引き続き祖霊殿にて永代奉斎5体を奉行す。

昼過ぎに下山なし、午後1時半より家庭の庭を開く。

大和の光8月号より1頁目を輪読す。



         令和三年八月二十八日 教主
2021/08/27
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
8月25日、自修行常の如し。

神社にて参篭奉仕されし井上さんが鎌で電線ケーブルを切ったとのことで、

本殿広前より正参道に下りて検分す。

ビニール管のみで電線は切断されていなかった。

8時より朝会、9時より奥都城境内の随神霊神碑両端2基に加筆刻字の可否を石駒さんと検分、

2種の刻字7柱が可能を確認す。

即刻、取りまとめるべく指示す。

帰山なし、11時前に1ヶ月に一度の診察を受けるべく出向す。

30分ほど待ち、その間に教歌を10首ほど作歌す。

診察は3分ほどで終わり採血等をする。

体重を増やさないよう念をおされる。

夕刻より鎮魂なし運営面を思念思考、神託祈念す。

更に道の開きを拝する。

有り難きことである。

翌26日、自修行常の如し。

7時30分より山田工務店さんに来て頂き、神変社門柱建基にて打ち合わせをする。

山田社長の提案にてよき考えがでる。

正参道を往来するだけで汗びっしょりとなる。

朝会前に潔斎なし清め着替える。

9時30分より特別神事執行す。

よい儀式となん。

その後、室内神前にて鎮魂神託す。

夕刊に『宮城県、休業要請を決定。全県の酒提供飲酒店』と報道される。

コロナ感染拡大するに心傷むばかりである。



         令和三年八月二十六日 教主
2021/08/25
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
8月23日、自修行常の如し。

朝は雨模様であったが晴れ間出る。

豪雨被害を聞く中、仙台は何事もなき一日となった。

朝会に秋の宮教会出向の巫女教師が元気に帰ってきた。

1時間程なし、畠山君に特別神事内容の伝え方を指導す。

帰山なし、教報原稿を記むる。

大概はまとまる。

畠山君より伝えられし教師が大き救いのみちびきを結願す。

何としてもお救いをせねばない。

教主としての大仕事がこれから始まる。

ご神助あれ。

我が体も守り給へや。

翌24日、自修行常の如し。

7時過ぎ奥都城参拝後、随神霊神碑2基の両端に刻字できるを確認す。

8時10分より朝会にて石駒さんに来て頂きて刻字のできる石碑を検分して頂き、

2基の両端可能の判断を受ける。

7柱とはなん。

部屋に戻り着装し永代奉斎之儀式を斎行す。

祝詞修正にて今度はよく祈り上げることができたようだ。

11時頃に加藤室長来室にて遅れし仕事を急ぐよう伝える。

今日よりパラリンピックが開催される。

ブルーインパルスが空を舞う。

6機編成にて3色の色をもって空中を飛ぶ。

五輪マークは作らずであったが、頑張れアスリート等である。

新聞では横浜市長選で自民支援が敗北し、これまでの衆参3議席も惨敗、

菅総理離れが加速している。

この1期で終わるであろうか。

次期は岸田文雄氏の時代かと存念すものである。



         令和三年八月二十四日 教主

(1) 2 3 4 ... 215 »

カレンダー
«  «  2021 9月  »  »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2