ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ


最新エントリ
2024/07/18
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
7月17日、自修行常の如し。

朝刊にて『共和トランプ氏正式指名。副大統領候補はバンス氏』とあった。

トランプ氏は15日夜、東部ペンシルベニア州で13日に起きた銃撃事件で負傷した右耳をガーゼのようなもので覆った状態で会場に登場。

聴衆からの「USA!」の連呼に満面の笑みで応えたとも。

11月の大統領選の風向きを大きく左右するものとみるが。

月毎の内科診察を受く。

コレステロール、血圧が高止まりとなっているとのこと。

血流の弱さと、遺伝性のものもあるとかの診断を受く。

甘いものを少し考えねばないものとも。

今日は11時30分より2時間も待ってのこととなった。

この間、思念思考にて諸々のことをまとめ手帳に記す。

帰宅、14時頃に食事を頂く。

一食にして3日目となる。

夕の謹行、資料検分、指示、20時となる。

また、『大谷翔平選手が米球宴にて初アーチ。出場4度目』と報道された。

皆も待ちに待った一発であったことであろう。



         令和六年七月十七日 教主
2024/07/17
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
7月16日、自修行早目とす。

9時前に出立、奥都城を拝み参集殿に入り、いちいの間にて拝神、大広間神座を拝し、9時半より特別講義に入る。

6月の傘寿祝賀の儀式、式典、祝賀会と誠によい集いとなったこと。

典儀、司会進行の畠山英君も素晴らしい典儀、司会であったことを褒め労う。

多くの皆さまのおこころをしっかり治め、今後の布教展開なすを改めてお話しす。

7月7日の大和帰神合祀墓の竣工、埋納祭も雨の予報覆してのお天気を拝したるを。

男性6人による舗設のお務めを心より労い感謝申した。

実に有り難く尊い儀式となったことを皆と共有させて頂き、引き続きの教化展開を申し合わせた。

これより始まる三山登拝にてももう一踏ん張りのおつとめをなし、目標に一歩でも近づくごと努力するを事なした。

私は12時半までの3時間をもって、昼食後は助勤者と担当者実務の勉強会とした。

この月もよい月となるよう更なる頑張りを希うものである。



         令和六年七月十六日 教主
2024/07/16
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
7月15日、自修行常の如し。

9時半より企画会4人での打合せをす。

小一時間程にて、大和帰神合祀墓竣工祭の舗設にての不手際を一つひとつ指導す。

運営全般の力も拙きをしっかりとした考えを心に固めよと戒めた。

10時半よりは東京の篤信者の亡き母の三回忌、二年祭を斎行す。

御夫婦、40歳の長男さんは初めて来社したとのこと。

厳儀となる。

教話も心というもの、御霊というものを解析、お話をさせて頂いた。

このような話を聞いたこともなきの表情であった。

その後、熊川、横尾を召して少しく教導す。

下山なし、身づくろいをとき、冷菓等を頂く。

今日より朝食のみの一天食法に5日間入ることにした。

体調を整えるべくではあるが。

夕刻より常の謹行、資料検分、拝神にて一日を終る。

9時を回る。

今日も感謝の一日となった。



         令和六年七月十五日 教主
2024/07/15
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
7月14日、9時20分、神社第二駐車場で伊達フェニックスの少年等が練習をしていた。

遠くから声かけると皆の元気な挨拶が返ってきた。

本宮に行くと先日草刈り奉仕して下された伊達フェニックスの千葉さんがお参りしていた。

挨拶なし本殿のお姿の美しき景観が見える処に案内、少し説明す。

別れしなに他の処も草刈るところあれば云って下さいとも。

こうした御縁を大神は結び下さるに感謝である。

ふと大祭の時、子供神輿の担ぎ手奉仕も願ってみるかの思い立つ。

10時より篤信家の一年祭を斎行す。

9人の家族が参列、2人の参列者予定が大きく変化した。

御霊様もお喜びであろう。

よい一年祭とはなった。

引き続き、福島の女性の11日に続きての神事執行す。

今日は4年程前に32歳で身罷りし夫の浄霊と御霊鎮魂清祓之儀を執行す。

清らかな涙を流しながらの儀式とはなる。

2座共々に大神のみちびきを拝しての儀式となる。

これからの人生の道を開かねばないものと。

下山、拝神後、遅い昼食を頂く。

夕刻よりは常の勤行、資料検分、拝神をす。

よい一日となん。

ご神導に拝謝せん。



         令和六年七月十四日 教主
2024/07/14
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
7月12日、自修行常の如し。

教務部長に14日の特別神事について内容を伝える。

この日は2座の奉仕となる。

頭の痒みがこの数日ひどい。

儀式にての冠をかぶるにいささか支障ありの状となり。

足のむくみもまた出てきている。

一時良化したと思ったが・・・。

体も少し疲労感あり。

それなりに気を配り対処するしかないものと。

体は正直である。

夕刻の謹行仕え、書斎にて資料検分、総長より大船渡、白浜現地辺りの調査報告を受く。

白浜の候補地は地盤2メートルも下っていて不向きとも。

適当な土地はないようであるが、更に検討せねばないものと。

祈り間にて拝神、一日を終る。


翌13日、自修行常の如し。

総長に白浜道場の件、三山神社表敬参拝の日程調整を願った。

明日の神事の霊璽簿の修正を重ね重ねてようやくにまとめ終ったかと。

此度は4回、5回と気づかされた。

ご神導に拝謝せん。

鏡君より庄内分祠の渡り橋が陥没しているとか。

これまでも4、5回修復をしているが何故か陥没する。

三山登拝行を終えたら修復するとのこと。

しっかりとした修復となるを祈る。

夕べの謹行、資料検分、祈り間にて祈る。

今日も一日終る。

感謝ではある。



         令和六年七月十三日 教主
2024/07/12
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
7月11日、自修行常の如し。

神光殿では嗣親外祭員2名にて月例祭、三山道中安全祈願祭が斎行された。

三山参加者数は昨年より上回ってきたとのこと。

目標に少しでも近づいてほしいものである。

私は神社にて10時より田中君と三山教化等の件にて打合せ、

後、今日の特別神事施主の女性に1時間程丁寧に説明、少しく理解をすべく事為す。

神社にも初めての人でもある。

12時頃より13時半までの厳儀となる。

時間空間を超越されしを体験されたようである。

儀式後に少し教導す。

夕刻、教務部長より今日の神事施主の方より、私の教導せし事、三百日の神行、無理死にせし亡き夫の浄霊等を願われたとのこと。

何よりである。

日程調整にて14日正午よりと決定す。

夕刻、洗体、神和殿にてお勤め、書斎にて資料確認、祈り間にて拝神行をお仕えす。

程なく21時となる。

今日の一日に感謝せん。



         令和六年七月十一日 教主
2024/07/11
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
7月10日、自修行常の如し。

6時40分頃、テレビつけると靖国神社の社号標の台座に上り、

小便し、赤いスプレーで字を書いている映像を見る。

何とふざけた野郎かと。

絶対に許される行為でなきをや。

中国籍の男一人逮捕、2人は国外という。

朝刊を取りて読むと石柱に「Toilet」と落書きしたと。

中国籍3人の逮捕状を取り、国内在住の男1人逮捕、出国2人の逮捕高い壁ともあった。

朝から不快極まりなきニュース、新聞内容であった。

国外の2人も逮捕せねばない。

日本政府も強き姿勢を示さねばない。

これ以上悔られてはならじである。

熊川君、鏡君等と再々の打合せとす。

夕べの謹行、資料確認、祈り間にての拝神、今日の一日を終る。

仙台は大雨とはならじであった。

明日は特別神事の奉仕がある。

気力、体力、霊力、智力の充実を図らねばない。

今日も感謝ではある。



         令和六年七月十日 教主
2024/07/10
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
7月8日、朝から天候不順となる。

田中君に電話をし、諸々指導す。

熊川君にも今日一日の奉務指導す。

午後の晴れ間の時間をみて、宮城霊園大和墓苑斎場のテントを山に戻すという。

怪我なきを祈る。

14時過ぎ、トラベル福原社長に事務局員に三山登拝業務の内容を詳しく指導するを伝う。

10日の10時よりとなったを聞く。

雨が強く降る。

熊川君よりの御神体授与についての問い合わせあり。

此の間、16時過ぎより傘寿祝賀の映像が届けられしにて鑑賞す。

よい出来映えにて、思い起こしながら観せて頂いた。

皆さまのお心を有り難く拝し賜るものであった。

熊川君より無事テント等戻しましたと。

何よりであった。

これから明日と大雨の予報もでている。


翌9日、自修行常の如し。

昨日の新聞に『小池都知事3選。石丸伸二氏、蓮舫氏ら破る』と評論家も驚いた事には石丸氏が160万票余を獲得したことであった。

誰も予測できなかった現象であったようだ。

また、今日の新聞には『自民党都議選で惨敗。2勝6敗』とあった。

自民党への風当りの強さ、不信はぬぐい切れていない証左とはなった。

9月の総裁選の岸田下しが激しくなってきたようだ。

世の大衆はどのような人を歓迎するであろうか。

期待感だけでは政治は務まらぬも心に入れてほしいものだが。

雨が落ちてきた。

今日、明日と大きく崩れる予想だが、大き禍いとならぬごとを祈りたい。



         令和六年七月九日 教主
2024/07/08
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
7月7日、自修行早目とす。

8時50分、宮城霊園斎場へ出立す。

駐車場にてビデオ撮影業者さん、斎場前では音響業者さんと挨拶を交す。

教師の皆の挨拶を受く。

荻野さん、斎藤家、半澤家の奥都城に手を合わす。

テント舗設の位置が私の指導の如きに非ず。

胡床の位置を可能な限り前に移す。

靴の脱ぎ場のスペースも全くなかった。

奥都城にても御遺骸・御霊石の納めし道具の位置も正ならず。

心穏かとするに少々難儀す。

何日になったら脳回路が健全になるのかと。

10時25分より、参進、開祭となる。

修祓、清祓之儀、祝詞奏上、埋納之儀、玉串拝礼、教主教話、集合写真撮影と式次第にのり遂行される。

雨落つることなきは守られしも真夏日の炎天下となりての30分余の祝詞奏上の祈り、1時間余の儀式はかなり身に堪えた。

我が気力、体力、霊力を乞い祈みながらの斎主奉仕となった。

儀式終りて、テント内の参列者の前に進み出で、「大和帰神合祀墓」の由縁と真義を少し解かせて頂いた。

皆さんの考えている墓では全くなきことを。

宇宙真理に叶うべくの合祀墓なるを。

大國神社に帰山、参集殿レストランにて直会を催行す。

3人の篤信者の方には大神様の大御心にての金の大物生大神の御神像を授与させて頂いた。

嗣親、宮城霊園庄子課長、庭師の大沼さん等のご挨拶も賜り、

石塔揮毫を願った遠藤柳泉先生のご紹介、ご挨拶を願い、結びに総長の挨拶、献杯をもって直会に入った。

料理も大変美味しく頂いた。

私は少々体調思わしくなく退席、下山させて頂いた。

日射病の類かと。これも初めての体験であった。

天候にも皆さんの笑顔にも、そして教職員の数日間の事前奉仕にも心より感謝申し上げるものである。

ご神導に拝謝せん。

有り難き一日となった。



         令和六年七月七日 教主
2024/07/07
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
7月6日、少し体がだるく6時過ぎ頃に床を離れる。

1時間余、自修行に遅れをきたす。

教務部長より願事の霊査神託はこれよりと伝う。

朝食後、9時過ぎより神託、霊査する。

深き厳しい因縁罪障が出てくる。

鏡君と再々、明日の儀式舗設の指示をする。

その後、今朝程の願事をまとめる。

恐ろしき過去世を観る想いである。

何故か体が重い。疲れが出てくる。

明日の儀式の準備をせねばない。

守り給へや。

鏡君等は午前に舗設準備、祭員等は午後よりは習礼とのこと。

過つ事のなきよう、確知してほしいものである。

雨落つることのなきを祈るばかりではある。

雨降るは此度の如き外祭での重儀は大変なことになる。

御神助あれ。



         令和六年七月六日 教主

(1) 2 3 4 ... 279 »

カレンダー
«  «  2024 7月  »  »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3