ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - taiwa2さんのエントリ
 taiwa2さんのエントリ配信

カテゴリ


最新エントリ
2024/02/24
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
2月22日、自修行常の如し。

積雪12センチ程あり。

10時頃に開祖様の奥都城を拝し、坂を上がろうとしたがスリップしてしまい上れずとなる。

私の前にこれより特別神事願われし篤信者の車も上れずにて停止、熊川君に電話なしローダーでけん引す。

私の車は田中君が一度奥都城まで下り勢いをつけて上ったとのこと。

私は歩いて祈祷殿へ向かう。

少々気忙しき朝となる。

11時より特別神事執行す。

熱き祈りにての厳儀となる。

御神助に感謝せん。

その後、熊川君、田中君等と3月、4月の祭事について打合せ、指示す。

帰山後、これからの神事執行をまとめる。

夕べの謹行にて深き鎮魂となる。

翌23日、自修行常の如し。

10時半より特別神事執行す。

その後、熊川君、横尾君と25日の3件の神事執行の件、

25日の水道組合役員の方の慰労会の内容について確認指導す。

教務部長よりおみちびきの朗報を受く。

鏡君とは水の問題、各所の修理他等の手配を確認す。

新聞には「東証史上最高値、34年ぶりバブル期超え。終値39,098円、好循環期待」とあった。

また、『天皇陛下64歳、能登地震復興を心から願う』と。

有り難きことである。

帰山なし、事務処理、夕刻の謹行、その後、書類確認、今日も一日終わる。

感謝せん。



         令和六年二月二十三日 教主
2024/02/22
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
2月21日、自修行常の如し。

8時半、徳洲会病院泌尿器科へ初めての診察を受くるべく、田中君随行にて出立す。

道路に雪はなし。

結果は前立腺肥大傾向にあり、残尿ありという。

きっちり出した感はあるのだが・・・。

コップ一杯分が残っているという数値であった。

少々驚きであったが、床の中でお腹押すと違和感があったのはその残尿のせいであったかと。

私の体でまた新しい発見であった。

腎機能も足のむくみの原因とまではないという。

内科、皮膚科、泌尿器科でもよく解らないものとなった。

待ち時間を利用して、教化対策の指導をす。お昼はいつもの萬乃助蕎麦屋で頂く。

今日はそば餅のメニューありて食べてみることにした。

夕刻の神和殿拝神ではこれまでにない程の左右灯明の御神光が美しく煌めき高く高く立ち上がり続けしなり。

我が御魂の清まるを拝謝すばかりであった。



         令和六年二月二十一日 教主
2024/02/21
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
2月20日、自修行常の如し。

雨模様の天候だったが、午後3時頃に陽が射し始めた。

晩方より明日にかけて冬に様変わりの予報がでているが。

終日事務遂行、16日の講義修正編集した分2巻を観賞す。

我が教団の奇毘なる誕生を議るものとなん。

護持運営にてもその根本原理を説きしなり。

途中より少々乱暴な言葉ともなん。

これも私の地ではあろうが。

3月号教報原稿の素稿を書き記むる。

教務部長より篤信者の相談に御神託内容を伝う。

驚きあり。

朝方は品川巫女よりの電話ありて応じる。

熊川君よりは御霊名が書き終りて頂きに行き引き取りしなりと。

その他諸々にて問題点は多々あるが、一つひとつ解決してゆかねばない。



         令和六年二月二十日 教主
2024/02/20
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
2月18日、自修行早目となる。

今朝は3時過ぎよりの動きとなる。

気息拝、太陽拝も清々しい。

9時15分出立、45分より企画4人と11時30分まで打合せ、始動す。

途中、総長に柳泉氏へ改めての揮毫追加分を願う。

即回答ありて受諾されし、有り難きことである。

その後、特別神事奉行す。

帰山後、事務、仮眠す。

午後4時より洗体なし謹行に入る。

書斎にて資料確認、鏡君に私が山へ入るので道の切開きをを鈴木君と板橋君に願う指示す。

幹部職に大市山の境界地など概ね伝えおかねばの心となん。

また我が子への虐待にて殺す悲惨な事件がどんどん起きている。

子供の想いを慮るに憤りと無念の涙を禁じ得ない。

人格破綻者の非道ではある。

我が教団も更にの祈りを図らねばない。


翌19日、自修行少し遅くなる。

四方拝、大和拝、気息拝、太陽拝と実に清々しい。

朝食後、事務遂行にて手帳の予定表、十年誌の2月の予定を全て誤りしを気付き、修正ペンにて修正に大分時間を労す。

殊に十年誌では2月分を全て書き込みしが誤りて来年の1月予定に書いてしまった。注意力が散漫となっているは否めず感あり。

まだまだ老いてはいられないのだが。

16日の私の特別講義のDVDを観賞す。

『開教神宣の解析と深解』では大神の大御心を皆に伝えし神言葉となりしを感得させて頂いた。

午後よりの嗣親の大和プロジェクトのCDを3時間分聞く。

成長したを感じた。

私の厳しき指導、嗣親の和ぎの指導となるを、これもよしとした。

夕刻行にて、教務部長よりおみちびきの朗報を受く。

諸々打合せす。



         令和六年二月十九日 教主
2024/02/18
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
2月16日、自修行少し早目とす。

9時半より特別講習会にて12時半まで大和の根幹となる『開教神宣』の大神の大御心の深きを解析し説き示す。

2時間を要した。次に教化布教の在り方を順次説き示す。

午後1時15分よりは嗣親主導にて大和プロジェクトの会議をなした。

午後5時半までとなったようである。

嗣親の熱い想いと教師等の活発な意見交換がなされたようである。

これからの活動が大きく前進に転じ、進むを乞いのむものである。

夕刻の謹行で左右灯明が美しく立ち昇り続けた。

今日の勉強会の祝福を感応すものであった。

目醒めよ、大和である。

今日の一日に感謝せん。

翌17日、自修行常の如し。

9時、歯科医院にて入歯矯正す。

その後、内科定期検診へ。皮膚病から体のバランスが大きく崩れしごと。

一つが改善良化すれば全体がよくなることもあるを改めて指導される。

今日はわりと空いていた。

次回も午前10時頃まできてみるかとも。

帰宅なし事務をなし2時間ほど仮眠す。

非常に体が楽になった。

夕刻の行をとり、事務遂行、26日、27日の運営者特別講習にて、要の意識改革の在り方を神諭された。

なるほどと、大神様の御力は畏きであるを改めて覚るものである。

新聞では「H3」2号機軌道投入、小型衛星分離も確認。失敗から一年」とあった。

また、ナワリヌイ氏死因血栓症。欧米から非難続々と。

プーチンロシア大統領に殺されたをや。

ウクライナ軍、東部要衝撤退すとも。

世界情勢も誠にキナ臭いものとなっている。

中心の力が弱体化し勝手なことをやりたい放題となっている。

さぁ、どうなるか。

どうする日本ではある。



         令和六年二月十七日 教主
2024/02/16
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
2月14日、自修行常の如し。

8時15分、通院せる皮膚科に行きて、一通りの診察し、予めの検査に入る。

両足のエコー、CT、レントゲン等にて検査す。

2時間を要す。

その後、担当医の元に復し、検査結果の話を受く。

過日の血液検査も含めての報告では殊の他の問題はないという。

強いていえば腎機能が弱くなっているかと。

悪い病気はないが現状の皮膚の荒れ、むくみが改善されるかが問題である。

大神の更にのご神助を拝さねばない。

来週は泌尿器科に初めてゆくことにした。

私もこのような身上のこと記すは後年の信奉者の何らかの資となればと考えてのことではあるが。

信奉者の皆にはいらぬ心配、気づかいは無用であるをお伝えしておきたい。

随行の田中君といつもの蕎麦屋さんにて昼食を頂いた。

帰宅なし、事務をなし、夕べの勤行、神託を仕える。

鏡君より水の件で、源水槽一杯に水が貯えられたの朗報を受く。

それでも一週間は様子を見ねばない。

翌15日、自修行常の如し。

朝の目覚めし体、少し重いかと。

クスロをやるに順いて、体に生気が漲ってくる。

遅く着信せしのFAX等確認、遠藤巫女教師の相談に回答す。

朝食後の事務の後、祈り間にて一時間程ご神託を仕え奉り、明日の定例講習会でのもののまとめに入る。

教務部長、教化部次長に私の指示せし持参品を再確認すると、云われていないことを知る。

こういうことが多きにて私が確認せざるを得ずの現職者でもあるが、今は根気強く育てるしかないのである。

教務部長としばらく打合せす。

今日も暖かい一日である。

雪の御蔭を賜りての生業には大き打撃が蒙っている。

本当にお天気次第で生業に大き変化となる。

それでも生きてゆかねばないのであるが。



         令和六年二月十五日 教主
2024/02/14
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
2月12日、自修行常の如し。

神社の水を確認、入水量は正常なるも神社のポンプ不調で送水に不具合ありと。

明日にも業者さんに見てもらうという。

鈴木啓之君を教務支庁に召して生け垣柵等の改修を願う。

その後、神社へ。

企画員と打合せす。

後、特別神事執行、再び企画員と打合せす。

午後2時過ぎ帰宅、事務をなし、夕刻の謹行、事務をなす。

20時過ぎとなる。

今日の一日に感謝である。

翌13日、自修行常の如し。

足のむくみは治まらず、歩くことにも少し不自由を感じる。

明朝は徳洲会皮膚科診察による諸々の検査を予定している。

原因が解れば有り難いのだが。

神社にて鏡君と原水槽の状態を自ら検分す。

水源地よりの入水は申し分ない水量であるが、ポンプの方に回る水が少ないのである。

会長さんも来て頂いて部落の方への出水の量を今晩は少し絞るという。

また、水管も更に調査するを25日の総会にかけるという。

また新たな水源地の利用にてもという。

11時より特別神事執行。

自殺せし御霊の御霊祭を奉行す。

この後、帰宅、事務遂行す。

今日は朝食のみで、あとは水とお茶のみで過ごしている。

明日も昼までは食事をとらずを考えている。



         令和六年二月十三日 教主
2024/02/12
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
2月11日、自修行常の如し。

10時頃神社に着く。

篤信家の娘さん、孫等4人にて参拝されていた。

私の顔を見ると皆で挨拶に来られた。

7歳の女の子も実に愛らしい。

10時45分、これから執行する特別神事の方に今日の神儀を少し解かせて頂いた。

その後、執行す。

御霊と交霊す神儀となん。

大神の強き導きを拝したは感謝である。

午後1時、水道組合の会長宅へ伺い、此度の通水せる労供に心よりの感謝を申し上げた。

この後、水源地辺りまで車を走らす。

雪駄でこの雪の上を歩くと転ぶかなの想いがあったが、法面まで行きパイプの姿を確認、

道路に来たところでスッテンコロリンと転んでしまった。

用心が足りずであった。

怪我なくて助かりしなり。

帰山なし、横尾君、鏡君と諸々の件で打合せす。

もう夕刻5時となる。

これから夕べの謹行となる。



         令和六年二月十一日 教主
2024/02/11
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
2月9日、自修行常の如し。

8時30分、鏡君に水の具合確認す。

どんどん水は原水槽に入っているとのこと。

これでようやく復旧したものと。

大神様はじめ水道組合の皆さんに感謝の祈りを捧ぐ。

8時45分より第三日目の特別講習会開講す。

今日は総長の物事の考えの度量の狭さを諭さる場を与えられしものとなった。

講習会後、私は神社へ。

帰神墓の築山を造る庭師の人に来てもらい、神苑清備の事業すべくの打合せをさせて頂いた。

境内を一巡、状況、経緯を話させてもらった。

開教社よりの案内は鏡君、横尾君に託す。

晩方より謹行、事務を遂行す。

翌10日、自修行常の如し。

今日は明日、明後日の特別神事の霊璽簿を作成す。

それに伴う祝詞他等を準備、祝詞の修正等もす。

神社では旧正月元旦をもって、福神招福祭が斎行された。

嗣親が斎主にて奉仕す。

200名余の祈願を申し受けたという。

教母も参列、福神賞や招福賞が抽せんによりて振る舞われた。

教母さんや歩君も当ったといって喜んで帰宅す。

これで年末年始の一切の祭事行事は終了となった。

大に小に諸々の事ありしも大神様のお守りの中、大難が小難にて執行させて頂いたことに拝謝すばかりである。

新聞では「小澤征爾さん死去。世界文化賞、88歳指揮者、世界のオザワ」と第一面を飾った。

ご冥福を祈らせ頂く。



         令和六年二月十日 教主
2024/02/09
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
2月8日、自修行常の如し。

8時45分、万象館道場にて特別講習第二日目を開講す。

今日は前日に引き続きての教化運営と財務運営の在り方を解く。

仕事の尊さ、神恩感謝の在り方を深く諭すものとなった。

今日の講習は11時30分までとした。

午後1時半、立正佼成会仙台教会に着任した新教会長が2人の随行を伴って表敬訪問された。

正式参拝の後、特別室にてしばらく歓談す。

その後、境内のお参りをさせて頂きたいと乞われ、総長がご案内す。

暖かい日和で何よりであった。

この後、田中君と教化打合せの後、昔の奇すしき神霊現象の話をされ、審神者してあげた。

大神の御救いの現象ありての現在なるを解かしめた。

今日は午後1時頃に鏡君より水道管の壊れし所を発見、修理すると水が勢いよく原水槽に入水したとの報告を受く。

会長さんも祈祷殿に行き、その旨を報告されたという。

皆さんの真心込もる連日の奉仕に大神様が手をのべられたものと拝謝すばかりであった。

明朝の原水槽確認にて、御礼をと考えている。



         令和六年二月八日 教主

« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 272 »

カレンダー
«  «  2024 4月  »  »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4