ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - taiwa2さんのエントリ
 taiwa2さんのエントリ配信

2018/12/31
『やるべきをやる』

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
12月29日、今朝も寒さ厳しく路面が凍結していた。

謹行120日目となった。

教座も深き御教えの解説となった。

教義を教行の行修にての裏付けによるものである。

金峯山寺・五條管長の大和の光の年頭ご挨拶にて有り難きおこころを拝し奉った。

『やるべきをやる』を改めて大神に祈念するものであった。

大國神社の社収もこれまでにないものとなったようだ。

これも嬉しい限りである。

御神導に感謝である。

翌30日、謹行121日目。

積雪10センチほどとなった。

小雪が舞う。

職員等の子供たちへのお年玉を用意する。

教師等も教信奉崇敬者宅の大祓巡訪に忙しい。

そんな中で若手教師が初めて奉仕をし、14軒を巡訪した。

明るい元気な声で無事終了との報告があった。

その蔭で1人の老教師が助勤、道案内をしてくれたようである。

有り難きことであった。

山も除雪、舗設に大忙しである。

禍いなきをもって新玉の歳をお迎えせねばない。



         平成三十年十二月三十日 教主
taiwa2さんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (55)
このエントリのトラックバックURL
https://taiwakyodan.org/x/modules/weblog/weblog-tb.php/1594
印刷用ページ 友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
カレンダー
«  «  2019 3月  »  »
24 25 26 27 28 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6