ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - taiwa2さんのエントリ
 taiwa2さんのエントリ配信

2019/11/16
悠紀殿供饌之儀及び主基殿供饌之儀が斎行

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月14日、謹行440日目。

教座にて男性教師2人に昨日に引き続きて『人生の教育』を説き語らす。

昨日よりは良しとする。

神明奉仕の根幹である『敬・信・謝』の厚き心の顕現の体現をである。

特別神事の相談者が明朝にもの依頼あり。

早急にのことで急ぎ霊璽簿、祈願詞を作成する。

因縁解除にてお救いを為さねばない。

御神助あれ。

翌15日、謹行441日目。

男性教師の一人が3日目にして根本教育の『人生』の件の要領を得た。

やれば、やらせれば出来るの証左なりである。

特別神事を執行した。

16歳の年の差あれど結婚をと願いし男女の因縁解除である。

諸々の人生模様を観るも、先々を見据えての幸せを祈るものなり。

大嘗宮の儀が厳かに斎行された。

14日夜、6時35分過ぎに東御苑内に建設された「大嘗宮」の「悠紀殿」で

「悠紀殿供饌之儀」が開始した。

陛下は最も神聖な白の「御祭服」姿で悠紀殿の中に入られた。

皇室行事として、天皇陛下が新穀を神々に供えて自らも食し、

国民の安寧や五穀豊穣を祈られた。

「悠紀殿供饌之儀」に続き、「主基殿供饌之儀」は15日午前0時半から

午前3時過ぎまで斎行された。

共産党は参列せず、主基殿供饌之儀は不参列も出たようだという。

私には不可解なることでしかない。



         令和元年十一月十五日 教主
taiwa2さんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (21)
このエントリのトラックバックURL
https://taiwakyodan.org/x/modules/weblog/weblog-tb.php/1802
印刷用ページ 友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
カレンダー
«  «  2019 12月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4