ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - taiwa2さんのエントリ
 taiwa2さんのエントリ配信

2021/09/06
パラリンピックも閉幕

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
9月4日、自修行常の如し。

神変社大磐座に弁備されし御下駄祈願作法案を検分す。

雨にて石より細かき土が跳ねて案の足に汚れとなる。

塗装の様子も知らねばない。

位置を少し変え特大御下駄を一足置くと見映えが良くなった。

明朝、我が神殿の御下駄を奉献することにした。

8時より朝会をなし、早めに下山す。

神和殿にて鎮魂祈念す。

今朝、本宮にて雨の中で傘を持たずに山形の信者さんが参拝していた。

風邪を引かぬよう言葉を添え、傘を持ってきて渡す。

深き頭垂れしや。

翌5日、自修行常の如し。

雨降りにて傘を持ちて神変社磐座の案を検分す。

持参の御下駄を置いて目視す。

明日は石駒さんに来て頂き踏石等相談する。

門柱用の材木も大変な高上りにて見積りを出しづらきを確認す。

されどやるべき時にはやらねばない。

雨で大分濡れてしまった。

8時より朝会を開く。

万燈祭提灯の中に入れる照明の良いものを鏡君が見つけてきた。

9時半より相双より中国で勤務する息子さんの身の安全、身体健固、災難消滅の特別祈祷を執行す。

御神導にて神気漲る祈祷とはなん。

喜びと感動の言葉を伝えられる。

訓戒甦生を希いて一人の職員へ書面を届けさす。

後は本人の心次第とはなん。

パラリンピックも閉幕す。

人間の奇毘なる生命力を存分に観せて頂いた。

鍛錬によって不可能と思われることを可能とする力を、健常者もその努力を見倣うべきであろう。

身体を損いしにも諸々ある。

先天的な方、怪我災難、戦争にて等々。

心を病み肉体を病む。

そして人生に希望という光明を見つめて努力す。

感動を有り難うと精一杯の拍手をもって称えたい。



         令和三年九月五日 教主
taiwa2さんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (33)
このエントリのトラックバックURL
https://taiwakyodan.org/x/modules/weblog/weblog-tb.php/2154
印刷用ページ 友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
カレンダー
«  «  2021 10月  »  »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6