ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ


最新エントリ
2020/01/21
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月19日、謹行506日目。寒中火祭謹行9日目。

初めて参行者があり、教座にては大和拝、四拍手二拝を解析した。

興味深い表情をされていた。

今日は出羽三山山伏勧進新年初祈祷が11時より執行された。

開祖様が湯殿山修行をされた御縁をもって、丑歳の年よりの執行を願い十二支一巡を迎えた。

祈祷件数、参列者も昨年を上回ったという。

心ありし教師のみちびきに感謝である。

昨晩の三山神職の皆さんとの懇親会も楽しく過ごされたようである。

翌20日、謹行507日目。寒中火祭謹行10日目。

大寒の日を迎える。

5時30分より天真井大和生命水御拝受之儀を執行した。

奉告之儀をなし、祈祷殿にて火祭謹行、本殿日句、祖霊殿日供謹行なし、

御拝受の大和生命水をご本殿に奉献、感謝と受者の健康長寿を重ねて祈念、

大稜威を乞い祈み奉る。

9時30分より福島からの女性の娘さん2人の特別慰霊を奉行した。

緊張した面持ちであったが、儀式中はずっと涙を流されていたという。

心の患いが清められたという。

何よりであった。



         令和二年一月二十日 教主
2020/01/19
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月17日、謹行504日目。寒中火祭謹行7日目。

教座にて『義理・人情・恩』を説く。

60代前半の人にも余り馴染みがなくなってきた言葉のようだ。

天地自然の恵みには大義理、大恩があるを解く。

実務にては心づくりの厳しきを解く。

悪しき性格を変えるのは生涯の難行苦行なるを自覚、精進せねばない。

少しの油断が元の木阿弥になるを悟證せねばない。

これは私も実体験でもある。

翌18日、謹行505日目。寒中火祭謹行8日目。

会津より参籠奉謝行せる女性の姿が生き活きとしている。

歩き方、顔相に変化が出ているを観ず。

有り難きことである。

実務教座では『教えを守る力』を身につける意識を高揚すべくを自らが求めねばなきことを解く。

今日より出羽三山神社権宮司さん外6名が来山し、参籠される。

明日は山伏勧進新年初祈祷を執行する。

本年で十二年を迎える。

丑歳より十二支一巡する記念の歳でもある。

信者の皆と教師に感謝である。



         令和二年一月十八日 教主
2020/01/17
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月16日、謹行503日目。寒中火祭謹行6日目。

今日より通常奉務に切り替わる。

それでも節分厄除祈願祭までは祭事行事が続く。

それだけの仕事があることは幸せなことである。

されど労働者的感性では辛きだけとなる。

神明奉仕的感性あればこその遣り甲斐となる。

何れにしても身は一つである。

自分の健康に留意せねばない。

外寒行も雪道での事故のなきように殊の他の注意を心がけねばない。

毎年必ず一台は何らかの事故を起こす。

自らの不注意での事故は避けねばない。

内からの災い、外からの災いより守られねばない。

よくと祈念すべきことである。

中国武漢で「新型コロナウイルス」に感染した患者が多数出ているようだ。

日本にも感染者が発見されたという。

肺炎を患いて死に至るとも云われている。

菌は恐ろしき感染力がある。

身を守る知識も必要とはなる。



         令和二年一月十六日 教主
2020/01/16
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月15日、謹行502日目。寒中火祭謹行5日目。

初詣の節目の日をもって一社ごと巡拝をした。

改めて神々に感謝を申し上げた。

寒中火祭執行の折より雪が降り出したようである。

御本殿への移動の時は境内は美しい雪化粧となった。

身も心も清められる想いとなる。

教座にて『祈り』は神々の喜びとなるを説く。

その神々の喜びが神徳となる。

御霊様にても同じである。

開祖様をお慕いし、顧問として永年貢献されし方が体調のこともありて辞任された。

誠に淋しきことである。

これまでの感謝の想いを込めて書面を草稿する。

初詣の社頭収入の道も目標達成との朗報が入る。

これもご奉仕の皆さん、教職員の皆が身に粉にして頑張りしことの成果である。

有り難きことである。

感謝に手を合わすばかりである。



         令和二年一月十五日 教主
2020/01/15
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月13日、謹行500日目。

寒中火祭謹行第三座を執行した。

火祭にて祭員を一喝する。

準備不行届きがあった。

行の節目の緊張感も必要である。

本殿、祖霊殿の謹行拝神も丁寧に事執らせて頂いた。

教座にては大和神道の真髄を解析した。

実務にては何の為に教団にいるのかと問い糺す。

やるべきをやらねばない意識改善を図るべくではある。

9時頃より家族連れの参拝者が来山されていた。

今日、明日で新年の初詣も終わりとなる。

奉仕者の皆さんに改めて感謝である。

翌14日、謹行501日目。

寒中火祭謹行4日目。禁厭神事一座を奉行した。

凛とした神気の充つる中での厳行となる。

必ずや霊験の立つるを感応せん。

祭員にも一喝なし、緊張度を高揚する。

教座、実務にても、これよりの教団布教に大き道筋を説く。

今日はどんと祭も夕刻に斎行される。

昨年は日曜日でお天気にも恵まれ多くの方が参拝されたが、

今年は平日でお天気も芳しくないようで案じられるところである。

初詣の一つの節目ともなる。

教師等は休む間もなく寒行巡拝が始まる。

頑張りて良い行を重ねてほしいものである。



         令和二年一月十四日 教主
2020/01/13
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月11日、謹行498日目。

寒中火祭謹行第一座を奉行した。

凛とした気の漲る行場となる。

1時間15分程の厳行となった。

この後、本殿に移動して日句祭、次の祖霊殿にては日供祭を執行した。

教座、実務教座をなし、7時45分に全てを奉修した。

10時からは本部神光殿にて初月祭を畠山真由美教師の斎主にて斎行し、

御教事始めをお仕えした。

初めての奉仕にて緊張したかと思うが、皆が正しく成長をしてほしいものと希う次第である。

翌12日、謹行499日目。

火祭謹行第二座を執行した。

合格社斎地に白玉石が綺麗に敷かれ荘厳なる御社となった。

今日の進学合格祈願祭に華を添えるものとなった。

大和は宇宙の霊力を感応感体する道である。

超々科学なるを稽古する道であることを解く。

三界調和を現成する神ながらの道である。

台湾総選挙は蔡総統が再選となった。

中国の圧力に抵抗する姿勢を示すものとなった。

香港への強硬姿勢が警戒を呼ぶとも報道された。

この3年の内に世界情勢に変化をみるであろう。



         令和二年一月十二日 教主
2020/01/11
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月9日、謹行496日。

朝は雨模様、日中は晴れとなった。

参行せる男性教師等は自らの殻を破り、善導救済の道を開いてほしい。

自らの力で団を組織する力をもつように檄を飛ばした。

お祓い屋さんであってはならない。

イランが形式上の報復として米基地を攻撃したようだ。

あえて形式上と記すのはイランのメンツ上ではある。

米国の利益追求の仕業なりである。

2座の鎮魂自修行を仕える。

明日は大和神道火祭祈祷作法の略伝式を男性に行う。

次は女性となる。

翌10日、謹行497日目。

今朝もまた男性教師の不可解なる脳神経回路を観る。

霊的の動きなのかもしれない。

何れにしても統魂せる力をもたねばない。

謹行後に火祭祈祷作法略伝之儀を執行した。

第一次は3名の男性教師とした。

女性教師にも伝授する予定である。

これよりは正伝の道の開きを検討せねばない。

明日11日よりは一千日謹行に寒中火祭謹行も加行される。

気を漲らせねばない。

晦日までの21日間となる。



         令和二年一月十日 教主
2020/01/09
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月7日、謹行494日目。

三陸分祠より5名の方が参行した。

毎月の参行を心がけているという。

有り難きことである。

担当教師の信仰教育が稔ってきているようである。

今日は会社繁栄新年祈祷の斎主を総監に命じた。

この正月より斎主としての奉仕を命じている。

神明奉仕を積極的に行うことにて更に深く大和を覚ることを期待するものである。

今日は御山も静かな日となったようである。

自修行2座を行修し、明日の鋭気を整える。

翌8日、謹行495日目。

10センチ程の雪が積もった。

自修行の後、早目に家を出る。

途中除雪車が時速20キロで走っていて、10分ほど後ろについた。

神社入口は仙台市の除雪車にて除雪されていた。

裏参道はようやく上ることができた。

日中、本田教師が雪かきをなした。

私も境内参道を除雪し、一汗かいた。

6時より謹行に入る。

8時40分頃に立正佼成会仙台教会長の近藤雅則先生が

随行者2人と共にご来山され、新年のご挨拶を頂いた。

私の修行のこと、拉致のこと、世の中のことなどをお尋ねになられた。

本年もセミナーをなさるそうで神社の使用を願われた。

佼成会の先生方の温かいお人柄にふれ、有り難き日となった。

今日は職員も束の間の休みの人が多く静かな一日となった。



         令和二年一月八日 教主
2020/01/07
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月5日、謹行492日目。

体調が少し崩れるも鎮魂にて気力を身心に込める。

今日一日の働きができる体を乞い祈まん。

我が家のペットであるウサギのロビンが腎臓悪化で身罷った。

長き間、家族を愛らしい姿で和ませてくれた。

皆で感謝をもって祈る。

晩方に家族を集め、ロビンの御霊安けきを祈りて、『生きもの』を飼うという事について述べる。

万物の命の尊さを知りて、我が命の尊さを知ってほしい。

翌6日、謹行493日目。

謹行後、会社祈祷受け入れの準備をした。

会社繁栄祈祷が9時より続く。

私は大手建築メーカー120人参列の祈祷と信者さんの会社30人程の参列にての祈祷を奉仕した。

何年ぶりかの奉仕となった。

気満つる祈祷とはなん。

本殿に建具を入れたお蔭で連続可能となり、親しくご挨拶もさせて頂いた。

11時より家庭勉強会を開く。

厳しき愛情をもって嫁も孫等も諭す。

御山も祈祷が次々と入り忙しかったようだ。

外祭出向2件、神光殿にても例年の会社祈祷がなされた。

有り難き奉務となん。



         令和二年一月六日 教主
2020/01/05
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月4日、謹行491日目。

穏やかなる朝であり、朝焼けが美しい。

月始祭の慰霊供養を祖霊殿で斎行した。

浄霊、因縁解除は正月三が日を経てからとの神示を拝してのことであった。

300柱余の御霊を祈り慰める。

昨日の参拝者も昨年より多かったようだ。

三泊四日のご奉仕を下された信者の皆さんに心より感謝申し上げたい。

教職員も例年ながら御苦労である。

来年は応分の奉仕のシフトを組むことを伝えた。

1月15日までは土日祝日の対応は必要であろう。

今日、明日の参拝者はどうなるか期待するものである。

自宅にて賀状を検分する。

種々の心を垣間見るものである。

私も来年の賀状には相応しき一言を添えさせて頂きたいと思う。

円応教深田先生より昨年の記念祭の書籍が贈られてきた。

私は残念乍ら行中の掟にて不参となり義理を欠くことになった。

此度の修行の一番の厳しさは外泊外出禁止により、慶弔儀礼の義理を欠くことの辛きところにある。

新聞に「日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告が監視中止当日に逃亡」とあり、

「米軍、イラン司令官殺害」ともあった。

卑怯者で不快であるが、外国人は何とも感じないのであろう。

そして、何らかの理屈をつけて人を葬ることも当たり前なのであろう。

邪魔者は消すだけである。

日本人の魂では出来得ぬ行為であることを覚らねばない。



         令和二年一月四日 教主

« 1 (2) 3 4 5 ... 185 »

カレンダー
«  «  2020 2月  »  »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29