ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - taiwa2さんのエントリ
 taiwa2さんのエントリ配信

カテゴリ


最新エントリ
2024/04/16
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
4月14日、自修行常の如し。

大和帰神墓の竣工並び埋納祭の祝詞を確認、心読なし次第を思考、ご神意を拝す。

式の流れもまとめる。

1時間程での儀式と心得る。

祭場舗設にての青白幕を張る位置を思考す。

畠山英君より預り物を届けるごとの指導す。

少し体の痒みありて洗体、薬を塗る。

常には教母さんに塗ってもらうのだが。

背中は塗れず、せいぜい腰回り程度である。

塗り方も雑になるは否めない。

教母さんの有り難みを知るものとなる。

左足にまた小さい水泡が出た。

この水泡の跡が汚く残り酷い状となっているようだ。

足甲のむくみも酷い。

むくみの原因と思われる血圧の薬も変えて7日間経しもや。

気になるところである。

今日は静かな一日となった。

電話も一本のみである。

これから夕べの謹行、資料検分となる。



         令和六年四月十五日 教主
2024/04/14
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
4月13日、自修行常の如し。

少し体が軽い感じがする。

血圧の薬やめて5日、昨日より新しい処方での薬を朝1錠飲む。

夜の血圧測定で高きも低き方もかなり下っている。

少し様子を見ねばないものと。

9時に教母と総長夫婦で草津温泉へ車で発った。

現地で二人の息子と合流するという。

子供等が両親の銀婚式を祝い一泊招待とか。

よい子供等である。

教母も少し体調を崩していたが、落ち着けばよいのだがと。

5月7日の岩手綾里の郷の立石神社奉拝の祝詞を作文、本田君に清書、奉製を指示した。

折本祝詞に引き続きての初めての仕事ではあるが。

折本も中々に出来上がらずの状だが。

やりこなして力をつけてほしいものと希っている。

足のむくみ、左足すねの皮膚、血圧等々、何としても良化をと乞い願うものである。

新聞にては『一人暮らし世帯32年44%。将来推計高齢者が半数近く』と。

日本社会も大変な社会となってきている。

高齢者一人にはアパートも借りるに難しい世の中となっているとも。

この歪みを是正することは可能なのであろうか。

結婚もせず、できずの実に多くなりしに、結果、出生数も大巾減少と。

子々孫々の繁栄の火が消えそうである。

教育、躾の大いなる見直しをなさずはないであろう。

また、『水原元通訳24億不正送金。米連邦地検訴追。大谷選手は被害者』とあった。

金銭の桁の違いに驚く。

欺く知恵にもや。

それでも多くのファンはホッとしたであろうことを。



        令和六年四月十三日 教主
2024/04/13
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
4月11日、爽やかなる起床となる。

常の朝の日課を行修する。

8時15分、本田君来宅、預りものを渡す。

春の大祭にての装束を確認すべく鏡君に伝う。

また、帰神墓の築山の写真を深く見つめ神託す。

『この形状でよし』と示される。

明日3度目の現場検証となる。

数日ぶりにて習字の稽古す。

後、開教式典での信仰体験発表、講話を観賞す。

神言霊となりし御教えの深きが随所に語られていた。

大神の神掛りての言の葉となりしを覚るものであった。

有り難きことである。


翌12日、自修行常の如し。

10時より第三回目の検分をす。

予めの写真の如にて綺麗な形状を実感す。

大沼庭師に『これでよし』と伝う。

庄子課長もよい出来ですと。

後、鏡君、田中君と当日のテント、音響等にて業者確認、映像、写真撮影にてもプロに頼むべく指示す。

築山の形状に私も安堵す。

午後より鏡君と再々打合せす。

田中君、品川君よりの相談事に指導す。

夕べの謹行に入る。



         令和六年四月十二日 教主
2024/04/11
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
4月10日、自修行常の如し。

今朝は少しゆるりと床を離れる。

足のむくみにまだ変化はみられずと感ずるが。

9時過ぎに総長へ業務指示書を送信す。

続いて、かかりつけの内科の医院へ、仙台厚生病院での検査報告を伝え、

血圧の降下剤をやめていることも記め送信す。

昼過ぎにクリニックより応答ありて、まだ仙台厚生病院の医師より書面届かずという。

届き次第、今後のことお話をとのこと。

午後2時過ぎに鏡君より帰神墓を企画3人で検分に行きて、

7月7日の祭事にての祭壇、参列者テント等の舗設を検討したとのこと。

築山も先日より頂きは緩やかな山となっていたが、それでもまだ十分ではなきごとの思いがあるようだ。

何れ近々に第三回目の検分となろうが。

神社祈祷殿外トイレの改修工事に入ったという。

ドアの取り付け改修についても本日打合すごとにしたと。

もっと早い動きのできるよう指導す。



         令和六年四月十日 教主
2024/04/10
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
4月8日、自修行常の如し。

10時半より特別神事2施主分奉行す。

横尾君祭員奉仕、熊川君の神饌弁備に過ちをなしているを儀式後気づく。

心重くなるばかりである。

後、横尾君と日めくりカレンダー製作について打合せす。

帰宅なし、頂いた餅を食す。

トラベル福原社長に綾里の郷の立石神社参拝にての昼食場所を手配指示す。

畠山英君には立石神社の別当さんに参拝の旨を伝うべく指示す。

帰山道中にて大切なる神託を拝受せん。

帰宅なし事務遂行、午後4時過ぎより夕べの勤行、鎮魂神託にて重要事項が神定まるを拝謝せん。

神事神行に大き変化を拝すものとなった。


翌9日、自修行常の如し。

10時過ぎより熊川、横尾君等を召して訓戒指導す。

11時より福島の篤信者の特別浄霊之神儀を執行す。

2時間を要する厳儀となる。

御神助を拝し賜りての大御祭となん。

帰山、小休なし、開教記念式典の信仰体験発表、私の講話のDVDを観賞す。

改めてその映像より学ぶこと大のであった。

新聞では『倒産急増9年ぶり9000件超』『ライドシェア都内で始動』

『台湾地震、財産より人命優先。被災ビル迅速に強制解体』と。

台湾の対策の早きことに称賛の声が上がっているという。

全てを日本から学んだとも。



         令和六年四月九日 教主
2024/04/08
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
4月7日、自修行早目とす。

お天気はよい日和となった。

9時30分より嗣親斎主にて神変社例祭が斎行された。

11時よりは祈祷殿において開教記念祭が斎行、

後、式典に入り職員の鏡令宏君と相双分祠所属の田淵好子さんが信仰体験を発表された。

鏡君は大国神社の飲料水、生活水に用ゆる水の渇水にての大神様の奇毘なる力を頂き、

正月三が日を何とか凌いだことを話された。

田淵さんは感動の体験発表となり、涙を禁じ得なかった。

その後、私の講話を『大和開教の奇跡』と題して1時間程お話させて頂いた。

熱き心で皆に訴えた。

参列者の表情が次第に変化してゆくを観ることができた。

大和の信仰の力を存分に話をさせて頂いたものと。

終りて皆の席の中に入りて信奉者の皆と親しくお話させて頂いた。

有り難き神祭の日に感謝申し上げる次第である。



         令和六年四月七日 教主
2024/04/07
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
4月6日、自修行常の如し。

昨日の晩に引き続いて朝の血圧降下剤2種をやめた。

10時より宮城霊園現地にて、大和帰神墓の築山成形にて第二回目の検分打合せをす。

天が平らになってしまい、もう少し山形にするごとの修正を願う。

削り過ぎとなっていた。

庄子課長にもカロートの件を確認す。

既に2人の作業員が中に入っているを知る。

空地に砂利敷きの見積りを願う。

築山の成形は中々に難儀ではあるが美形に努力してほしいものと。

帰りに花木の雪柳、レンギョウ、沈丁花を頂いた。

先日の3種の桜の陽光、あけぼの、ソメイヨシノは、家で満開となって実に綺麗である。

御礼申し上げる。

植物を愛でる心が豊かなるを観るものである。



         令和六年四月六日 教主
2024/04/06
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
4月4日、自修行常の如し。

午前中事務遂行なし諸々の指示す。

10時45分、田中君随行にて外出す。

用件果し午後2時戻る。

道中にて7日開教祭神変社例祭の打合せす。

14時30分頃に総長より連絡入る。

今、宮城霊園の現場に来ていると。

築山も綺麗な楕円形になってきていますと。

カロートもフタ3枚取れば、普通の体の人なら中に入れるものと思うと。

私の思い過ごしであったかと。

大沼庭師ともお話をしてきたようだ。

綺麗な築山ができたら本当に素晴らしい形状の奥都城となるであろうことを。

16時30分より夕べの謹行に入る。

ご神導、ご神助あれと祈らん。


翌5日、自修行常の如し。

8時15分、田中君随行にて、病院に出向す。

昨年9月に施術した心臓の状態を半年を経し検査す。

良好であると。

これでひとまずは終りですと。

また足のむくみの酷きは血圧降下剤の成分によるものとの診断が下された。

むくみの原因とも云われる肝機能、腎機能も異常なしにての判断とも云えるものであるが。

薬の恐ろしさも知るところとなった。

今日よりやめてしばらく様子をみることにす。

昼過ぎに帰宅す。

夕刻、鏡君が三陸分祠の感謝祭終りて、預りものを届けるべく来宅、築山形状にてお互いに確認す。

明日10時の現場再検分打合せとなる。

夕べの勤行、資料確認、午後8時を回った。

今日は足のむくみの異常症状の原因が判明せしごとに少々安堵すも、

今後の症状変化の良化を乞い願うものである。



         令和六年四月五日 教主
2024/04/04
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
4月2日、自修行常の如し。

朝7時頃に嗣親一家三人が孫の秀紀君の国学院大学入学式の為に出立す。

後、乗車した新幹線が白石で停止という。

入学式は間に合わないとの連絡が来たとのこと。

折角の入学式参列が叶わなくなった。

残念ではある。

総長より帰神墓の築山ができたとのことで確認をとのこと。

明日3日10時とした。

かなり早い仕事であった。

明日の検分が楽しみではある。


翌3日、自修行常の如し。

9時半、鏡君随行にて宮城霊園へ出向す。

大和帰神墓築山の第一回目の検分に立会う。

外柵もほぼその姿を見せ、誠に威風堂々の奥都城となるを観るに足るものであった。

築山は左右の側面が少々勾配がきつくなだらかな曲面とすべく具体的修正の提案をす。

私の意に副う形状となるを期待するものであるが。

またカロートの蓋を開けてみると間口が狭く、人が中に入り今後の作業が可能かどうか危惧するものであった。

館教務支庁に戻り、総長にFAXにて霊園庄子課長に確認指示す。



         令和六年四月三日 教主
2024/04/02
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
3月30日、自修行常の如し。

神社にて9時45分より鏡君と一時間ほど打合せ指導なし、

会津坂下町の信奉者の特別慰霊執行す。

昼過ぎに帰山、事務整理、夕方早目の勤行を執行す。

今日は総長と大和帰神墓の霊神碑の件にて指示指導す。

職員からの資料も常より多く、検分するに午後9時を回った。

今日も気忙しい一日となった。


4月1日、自修行常の如し。

8時45分、神社へ出立。

奥都城を拝し、これからの講習会の指導に過つことなく、

開祖様の御心を教師等にお伝えすることのできることを祈念す。

参集殿いちいの間の神座にて祈念。

次に講習会の場の神座を拝す。

9時半より11時半迄の2時間、年度替りて新年度を迎えしごとにて、

これまでの教師等の神明奉仕の姿に大き喝を入れるごとの講習会となした。

また、4月7日の開教祭にて信仰体験発表の後、

特別講話として『大和開教の奇跡』と題して45分程話すことにした。

嗣親等に後を託し帰山す。

開祖様の御心に叶うべく教化活動の展開、組織構築を期待するものである。



         令和六年四月一日 教主

(1) 2 3 4 ... 272 »

カレンダー
«  «  2024 4月  »  »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4