ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - taiwa2さんのエントリ
 taiwa2さんのエントリ配信

2018/08/21
感謝一杯の一日

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
8月20日、4時に潔斎し、外を見ると目の前の宍道湖には沢山の小舟が浮かんでいた。

しじみ取りの船という。

これも日本の原風景なり。

しばし眺める。

朝食を頂き、8時30分に丹波の円応教さん本部へ出発した。

12時前に到着すると、円応さんの皆さんに温かいお迎えを頂いた。

コーヒーを頂きながら、藤井理事と歓談し、美味なるちらし寿司と松茸のお吸い物も頂戴した。

その後、神殿参拝し、百年の歩みのビデオを鑑賞、神殿の説明も受けた。

ご神意を拝し奉りて、円応さんへの感謝の言葉を申し上げるべく、統理を介して願い上げた。

東日本大震災における数々の慈悲や、新宗連におけるお引き立てとおみちびきに対して、

万感の想をもって御神殿御前に言上げさせて頂いた。

我が教団の諸人等も涙を流し、頭を垂れしを伝え聞いた。

心を諭す『修法』には、統理外6名の巫女教師が体験学修した。

私外14名は境内施設のご案内を受け、拝観させて頂いた。

暑い陽射しに傘までお貸し頂く心遣いをも賜った。

有り難きことである。

沢山のことを気づかされた。

お蔭様で信仰財産を頂いた我が身上であった。

『おみをくり』も多くの場にて幾重にも賜った。

最後には歩道橋に列立なされて手を振られしを気づき、有り難くて涙こぼる想いであった。

素晴らしき円応教団の信仰の姿を見せて頂いた。

我が教団も早くに一歩、二歩と近づかねばなきを心する感謝の参拝となった。

深田先生のおこころに改めて感謝するものであった。

吉野温泉宝乃家さんに6時半に到着した。

お香の香りが心地よかった。

40年ほど前に修行にて山に入る度に、マイクロバスをお借りしていた。

夕食直会のご挨拶の折に、女将さんに御礼を申し上げた。

美味しい料理、山並の眺望を見ながらの湯につかり、歌も歌いての楽しき一夜を過ごした。

感謝一杯の一日となった。



         平成三十年八月二十日 教主
taiwa2さんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (12)
このエントリのトラックバックURL
https://taiwakyodan.org/x/modules/weblog/weblog-tb.php/1513
印刷用ページ 友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
カレンダー
«  «  2018 11月  »  »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1