ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - taiwa2さんのエントリ
 taiwa2さんのエントリ配信

2019/07/09
神紋と教義

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
7月7日、謹行310日目。

雨模様の朝であった。

三陸より4人参行し、月毎の参行となっている。

明君一家も5人で参列され、通い来る人が増えてきているは嬉しい限りである。

今朝は神紋と教義を解析した。

小学生にも解かるように話すことは勉強になる。

子供の理解力は大人の比ではないことを知るものであった。

2人の教師の不行届きありて厳しく諭す。

『報連相確』のなさによるものである。

満足な仕事のできぬ事象に慨嘆を禁じ得ずの朝ともなった。

翌8日、謹行311日目。

今日も終日雨模様の天候であった。

謹行後に本殿修復、改修の打ち合わせを行った。

業者さんも職員も諸々の意見を述べ、最終的決断を下した。

その後、大手術より奇蹟的回復をなした元職員が

妹の教師等と共に御礼のご挨拶に来山した。

心より祝福をさせて頂いた。

誠にめでたきことである。

実務では職員の有り得ない事象に対して厳戒発令を下した。

大き禍いとなってからでは遅い故のことにてではある。



         令和元年七月八日 教主
taiwa2さんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (22)
このエントリのトラックバックURL
https://taiwakyodan.org/x/modules/weblog/weblog-tb.php/1724
印刷用ページ 友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
カレンダー
«  «  2019 7月  »  »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3