ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - taiwa2さんのエントリ
 taiwa2さんのエントリ配信

2019/07/07
何としてもの心

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
7月6日、謹行309日目。

御本殿内拝殿に建具戸を入れるか、端垣を造り替えるかを検分した。

諸々の点、気づきを得た。

30年来、神社にウォーキングされている女性が、今朝は旦那さんと来られ、

本殿を参拝され階段を下りてくる。

私が居合わせ、金剛蔵王大神のことを話すと驚声をあげる。

よほど驚き感動したのであろう。

常に裏参道のみで大前には滅多に来ずの人であったが、

大神に誘われたようである。

それにしても凄い迫力の御神像であるを改めて知るものであった。

教座後、癌に冒されし女性の神事を執行した。

医師からこのままでは半年の命、抗癌剤治療でももって一年の寿命と宣告されたという。

その覚悟に立っての今日の慰霊神事ではある。

気丈になしているが、実際の心はいかばかりであろうか。

2時間の厳儀なるも苦痛もなく座していた。

大き力に守られた証左ではあろう。

何としてもの心にてお縋りせん。

奇蹟をや。



         令和元年七月六日 教主
taiwa2さんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (23)
このエントリのトラックバックURL
https://taiwakyodan.org/x/modules/weblog/weblog-tb.php/1723
印刷用ページ 友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
カレンダー
«  «  2019 7月  »  »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3