ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - taiwa2さんのエントリ
 taiwa2さんのエントリ配信

2019/07/31
感謝のFAX便り

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
7月29日、謹行332日目。

東天に三日月を観る。

謹行に秋田より3人参行された。

神拝詞の解説をなし、神言・神語の件りにて、手本を示した。

その場の空気が変わるのを皆が感応したようである。

正に高天原と化すごとを観るものであろう。

実務にては、私が開祖様のおみちびきにて旅行会社を設立、昭和53年11月1日付にての

『国内旅行業務取扱主任者試験合格証』を回示し、その経緯を話した。

そして、様々な試練のありしごともである。

もう41年を経た。

私が33歳の時であった。

秋田よりの篤信者の相談を受ける。

夫の治療に、息子さんの良縁をと乞い祈むなり。

私もしっかりと受け納め祈念するを約束した。

翌30日、謹行333日目。

参加者も3,000人を超えた。

この間、謹行の内容もどんどん進化していくことを有り難く思うものである。

今朝も実務にて奉仕の過ち多き仕事ぶりを訓戒した。

明朝の特別神事の祝詞式法をまとめる。

感謝のFAX便りが送信される。

救わねばない。



          令和元年七月三十日 教主
taiwa2さんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (79)
このエントリのトラックバックURL
https://taiwakyodan.org/x/modules/weblog/weblog-tb.php/1735
印刷用ページ 友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
カレンダー
«  «  2019 12月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4