ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - taiwa2さんのエントリ
 taiwa2さんのエントリ配信

2022/01/01
令和三年の年に感謝

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
12月30日、自修行常の如し。

教師の皆も大祓出向にて多忙ではある。

終日事務遂行となり、職員にそれなりに指示す。

書棚等の整理にて昔に著書出版せんとした原稿を改めてみる。

序論分ではあったが良いものであった。

この分だけでも小誌とするかの想いが起こる。

もう一つは完全に仕上がっているが検討することに。

正月三が日の天候が危ぶまれている。

昨年も芳しくなかった。

新型コロナの影響も大であった。

大神に願うばかりではある。

我が家もお正月飾りと鏡餅を供える。

玉紙の朱色は華やかにて正月を迎える気分とはなる。

ご信者の有り難さ、職員の奉仕を労いたい。

感謝ではある。

翌31日、自修行常の如し。

河北新報朝刊では元旦は完全雪マークとなった。

10時過ぎより深々と雪が降り出してきた。

除雪対策、車のスリップ、水源の状態など案ずるものとなる。

三ヶ所の神前に一年の感謝を込めてのお年取りの神饌を供える。

午後4時過ぎに孫の志紀君が東京より元気に帰宅、5時前頃より家族で愛子教会万象館道場を拝み、

次に保積家神棚、ご霊神様、続いて神和殿護摩道場を拝む。

家族一人ごとに言葉を副え訓ずる。

皆で夕食の蕎麦を食す。美味なり。

教団に奉職して初めて歳旦祭を欠礼す。

嗣親に全託す。

往く年来る年ではある。

令和三年の年に感謝せん。



       令和三年十二月三十一日 教主
taiwa2さんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (116)
このエントリのトラックバックURL
https://taiwakyodan.org/x/modules/weblog/weblog-tb.php/2220
印刷用ページ 友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
カレンダー
«  «  2022 5月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4