ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - taiwa2さんのエントリ
 taiwa2さんのエントリ配信

2007/10/27
救う会宮城より「さざれ石」奉納

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
九州より帰仙した翌二十四日、『救う会宮城』関係者の方々から、

当教団の永年に渡る協力に対して「さざれ石」大小二つが奉納された。

別名「子持ち巖」と云われている縁起石でもある。

古今和歌集三四三・詠み人知らずに

  我が君は千代に八千代に

   さざれ石の巖となりて苔のむすまで
 
と詠まれている。

この歌詞の意味は、あなたの世代が何時までも千代に八千代に栄えて幸あるように、

悠久なる日本が永遠に栄えますことを祈り込められたものである。

さざれ石は、学名を『石灰質角礫岩』と呼び、石灰岩が雨水で溶解、

石灰質の作用により小石が凝結して固まってできたものである。

夫婦円満・子宝成就・子孫繁栄のご利益があると云われている。

御皇室の弥栄、国家国民の隆昌、そして北朝鮮拉致被害者の一日も早い救出を

祈念するものである。



          平成十九年十月二十六日  教主
taiwa2さんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (1299)
このエントリのトラックバックURL
https://taiwakyodan.org/x/modules/weblog/weblog-tb.php/75
印刷用ページ 友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
カレンダー
«  «  2019 12月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4