ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ


最新エントリ
2022/01/16
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月15日、自修行常の如し。

9時頃より大市神山の巡拝をなす。

開教社、稲荷5社を昨年一年の感謝を申し上げ、本年のご加護を願いしなり。

開教社では大神の大御心を拝し奉りて言霊の発露となる。

次に大市神山高天原に登りゆく。

途中何度も足を止め休む。

足が実に弱くなっているを知るばかりである。

大山祇社を祈り高見台より言霊祓いをなす。

次に山を下り龍神社5社を拝む。

獣の足跡のみで20センチ余の積雪を踏みしめて下りる。

美しい御山である。

下山なし大国広場の大国主大神御神像御前にて拝む。

この座にても大神様より言霊の発露をみるものであった。

有り難き巡拝となった。

本宮、祖霊殿を拝みて祈祷殿に入りて3ヶ所を拝み、特別室の御神前を拝み奉る。

2時間を要す。

11時より特別神事を奉行す。

教師の皆に昨日の早朝の神事よりどんと祭終了の午後11時迄の

奉仕の信者の皆と教師職員の皆に感謝ではある。

社収も昨年よりは大きく増となるも一昨年には残念乍ら届かずの動きとの

報告を受けるも有り難き初詣ではあった。

これで一区切りとなる。



         令和四年一月十五日 教主
2022/01/15
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月14日、早い自修行なし御山へ。

雪が降り続けている。

大鳥居より巡拝す。

長靴で雪の参道を踏みしめる。

神変社神域辺りを一時間程を要し巡拝す。

正参道の日の丸、国旗が映えている。

よい光景である。

朝6時より執行されし寒中火祭謹行第一日目、禁厭神事の第一座も丁度終了したところであった。

教師の皆で執行すべく指導中である。

10時前に立正佼成会仙台教会長の近藤先生がご来山、新年のご挨拶を頂く。

例年の有り難きお心を賜りしなり。

親しくお話をさせて頂いた。

本年、定年で退職されるという。

これまでの教会長さんの中では宗教協力で一番のお付き合いをさせて頂いた先生である。

淋しくなるものと。

この後、特別神事執行、田中教師が祭員を奉仕す。

天候不順の中、どんと祭の参拝者の出足が案じられる。

本年は元旦も雪の影響があった。

初詣も今日までで終わる。

明日からは通常の参拝者を迎えるものとなる。

多くの信奉者のご奉仕に重ねて心より感謝申し上げたい。



         令和四年一月十四日 教主
2022/01/14
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月12日、早い時間より潔斎、拝神鎮魂にて私の決断を断行す。

朝から雪降りである。

午前7時30分より田中教師随行にて出向す。

帰宅なし事務遂行、諸々指示す。山は今日は手薄である。

除雪車動かすもままならぬであろうと。

明日はどんと祭を迎えるべくの準備をせねばないであろう。

帰宅なし事務を遂行す。

翌13日、自修行常の如し。

今日も天候が不順となる。

夕刻よりも雪が降り出している。

私への御神意による厳しき審きも終止符を打つことになり、

新たなる誘いではあるがどうなるであろうかと。

加藤特務室長と打ち合わせす。

私の考えがいよいよ形となってきた。

この数日間にて完成させねばない。

9日より今日に至る5日間、我れにとりて静なる激動の日々となる。

これからの事は大神様の手の内ではある。

指間から漏れ落つるか、手の掌に乗れるかは当人の心次第とはなん。

明朝6時より寒中火祭謹行の始まりとなる。

併せて禁厭神事執行ともなん。



         令和四年一月十三日 教主
2022/01/12
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月10日、自修行常の如し。

神前にて教団の将来を見据えての書面を認める。

大神の御神意にて良き方にみちびかれるを祈るものである。

神社では進学合格祈願祭が斎行された。

個人祈願の多くなる中で一同をもってなすのは時代に即応するのは難しくなってきたのかもしれない。

明日は神光殿での初月祭が斎行される。

翌11日、外は雪降りである。

今朝は寝過ごしてしまった。

急ぎ潔斎なし、自修行に入る。

教団の将来を懸けし神託をここ数日間お仕えしている。

教主として大き決断にての第2階梯の行動をとるものとす。

我が体の皮膚、頭皮の痒み、湿疹等なかなかに治まらず難儀せるなり。

内科との兼ね合いもでてきたようだ。

この年齢になりて我が体の変化をみるものである。

教母、歩君は初月祭参列に出立す。

教務部長へ夜に初月祭を迎うる教師等の心の薄きを訓戒す。

遠方より来庁来殿される方々の雪が心配ではある。

テレビ報道にて米国が豚の心臓を人体に移植したとあった。

天理の法則の真逆の医療科学ではある。

天地自然の法則を度外視にして人間の一方的生存ばかりを考えるはどうであろうか考えねばない。

大和教理から観れば当然受け入れることは叶わじではある。

北朝鮮より2回続けて弾道ミサイルが発射され、

新型コロナ、オミクロン株の東京感染者は960人余まで拡大した。

対応は・・・・如何にではある。



         令和四年一月十一日 教主
2022/01/10
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月8日、陽が昇る。

自修行常の如し。

沖縄、山口、広島3県に蔓延防止法が発令された。

米軍基地よりの感染拡大も否めずとして岸田総理より米国への厳しい申し出がなされたという。

宮城県にてもオミクロン株の感染者が出てきている。

第6波とも云われる動きではあろうが守って頂かねばない。

中国での冬季オリンピックに日本より物申すものがいないという。

ウイグル族の人権問題にも、財界人、政界人のトーンは低いようだ。

事なかれ主義はやめるべきであろう。

日本に必死で縋っている多くの国、人のいることを忘れてはならない。

今日は一つの大き決断の書面を記させて頂いた。

教主としての覚悟をもってのことである。

あとは大神に全託ではあるが、よろしきに導きを乞い希うものである。

翌9日、未明より大事なる神託を拝すべく執行す。

昨日と内容はどうなるを和らかき表現に変更すべくの神意を拝す。

全面書き直しをす。

大神のみちびきを覚るものなり。

日中、寒気あり注意す。

新型コロナ、オミクロン株の感染が日毎に拡大す。

静なる戦争のごとなり。

医師の皆さん、関係者の皆さんのお姿に手を合わせ祈るばかりなり。

お山はお天気も良かったが思った程の参拝者の動きとはならなかったようである。

それでも600人程のお参りをなされる人のありしに感謝ではある。



         令和四年一月九日 教主
2022/01/08
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月6日、自修行常の如し。

今日は天気に恵まれし一日となん。

お山もそれなりの参拝者があったという。

私は今日も教務支庁にて諸々の事務を執る。

電話は5件程にて割と静かな一日となる。

新型コロナ、オミクロン株が感染急拡大、第六波の動きとみるごとなり。

殊に沖縄、東京、大阪、山口、広島等々の感染が拡大している。

私共も自粛なし自らの身を護らねばない。

宮城県もオミクロン株と確定された人が6人と新型コロナ感染者も増えてきた。

案じられるものとなん。

翌7日、朝方小雪が舞う。

自修行常の如し。

10時前頃に山田工務店さん来宅にて厨房換気扇の擦れる音を検分、

油をさしメーカーへ連絡を取るごととなる。

顧みれば33年間も使用させて頂いているものである。

やはり損傷の出るは仕方なきであろう。

これまで長いこと使わせて頂いた感謝をせねばない。

事務を執り夫々に指示す。

神社は今日は閑散としていたという。

パンフにて全面修正のFAX指示す。

今日も一日終わる。

夜に一つの動きあり。

何かの霊示とみるものである。



         令和四年一月七日 教主
2022/01/06
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月4日、自修行常の如し。

雪降りの中、奥都城を拝し我が本願をお誓い申し上げる。

嗣親外男性教師等が雪掻きに汗を流している。

皆に声を掛け労う。

10時過ぎより新年初座の特別神事を執行する。

祭員は熊川教師が奉仕す。

今日より会社関係の新年祈祷が始まる。

会社繁栄、事業隆昌、工事安全等を乞い祈み申さん。

雪降る美しいお社を拝む参拝者の祈る姿が実に美しく思わずその姿に手を合わせるものであった。

翌5日、自修行常の如し。

今日もお山は会社関係の祈祷に忙しきなり。

神光殿にても教団関係業者の皆様の祈祷となった。

私は館支庁にて特別講習会内容、組織構築プラン草案をなす。

晩方に総長、教務部長にFAX送信、意見提言の旨を伝う。

これまでのプラン実行の満足にゆかぬを猛省し、実行せねばない。

先はなきものとしての一年と覚悟すものである。



         令和四年一月五日 教主
2022/01/04
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月2日、自修行常の如し。

今日は終日教務支庁にて事務をとる。

整理し見つけた平成9年に出版を考えていた稿本を読み直した。

私の若い頃の考え、気持ちがぎっしり詰まった内容であった。

『祈力の不思議』『祈蹟の目覚め』『祈功パワーは日本にもあった』を出版し、

第4冊、5冊目として『カムナガラ健康法』『神道禅』を検討し、そのままとなっていた。

健康法や神道禅の体法は省いて日本の国柄、日本人の能力の奇しびなるを説きし分をまとめてみたいと思っている。

お山もよい日和で大分賑わいをみせたという。

有り難い一日となったようである。

参籠ご奉仕の皆さん、教職員も今日も元気にご奉仕を頂いたようだ。

社収も昨年比6割増にて、一昨年比も大きく越えたという。

翌3日、自修行常の如し。

今日も終日教務支庁での奉務となる。

お山は午前中吹雪いて余り良い天候ではなく人出も昨日ほどではなかったというが、

それでも昨年や一昨年とほぼ同程度の社収であったという。

三が日も今日で終わりとなった。

師走の30日より参籠なされてご奉仕を賜った信者の皆様に心より感謝を申し上げたい。

明日から世の中も動き出す。

私も特別神事執行となる。

日々に善導救済、信仰生活実践の学び合いにて大和の揺るぎない信仰組織構築を為さむと。

天地の神々の神寿を乞い祈まん。



         令和四年一月三日 教主
2022/01/02
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
令和四年元旦を迎う。

自修行常の如し。

教師、総長へFAX指示す。

8時より家族にて新年を迎えし感謝の祈りをなす。

万象館愛子教会、神和殿、保積家神棚、祖霊棚を拝神す。

一時間余の時間となる。

私は事務処理なし、10時頃に出立す。

小雪降る中、神社へ行く車が多いようだ。

参拝者の事故なきを祈る。

神社へ奉仕者、職員の皆に挨拶、感謝を申し上げる。

11時45分より新年火祭初祈祷を奉行する。

祭員の手際の未熟は変わらじであった。

少々気が重くなる。

1時間15分程の厳修ではある。

ご挨拶で祈りの尊さを説かせて頂いた。

いよいよ壬寅年の始動ではある。

私の一番の目標である信仰組織の構築のために、大神の大御心に副うべく努力精進せねばない。

ご来賓、ご信者の皆にご挨拶申し下山す。

3時頃に餅を食す。

雪降りの影響、新型コロナの影響がどのようにでるか案じられるところであったが、

晩方の報告では昨年比2割増という。

しかしながら一昨年を越えることは叶わじであったようだ。

奉仕の皆さん、職員の皆さんに感謝せん。



       令和四年一月一日 教主
2022/01/01
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
12月30日、自修行常の如し。

教師の皆も大祓出向にて多忙ではある。

終日事務遂行となり、職員にそれなりに指示す。

書棚等の整理にて昔に著書出版せんとした原稿を改めてみる。

序論分ではあったが良いものであった。

この分だけでも小誌とするかの想いが起こる。

もう一つは完全に仕上がっているが検討することに。

正月三が日の天候が危ぶまれている。

昨年も芳しくなかった。

新型コロナの影響も大であった。

大神に願うばかりではある。

我が家もお正月飾りと鏡餅を供える。

玉紙の朱色は華やかにて正月を迎える気分とはなる。

ご信者の有り難さ、職員の奉仕を労いたい。

感謝ではある。

翌31日、自修行常の如し。

河北新報朝刊では元旦は完全雪マークとなった。

10時過ぎより深々と雪が降り出してきた。

除雪対策、車のスリップ、水源の状態など案ずるものとなる。

三ヶ所の神前に一年の感謝を込めてのお年取りの神饌を供える。

午後4時過ぎに孫の志紀君が東京より元気に帰宅、5時前頃より家族で愛子教会万象館道場を拝み、

次に保積家神棚、ご霊神様、続いて神和殿護摩道場を拝む。

家族一人ごとに言葉を副え訓ずる。

皆で夕食の蕎麦を食す。美味なり。

教団に奉職して初めて歳旦祭を欠礼す。

嗣親に全託す。

往く年来る年ではある。

令和三年の年に感謝せん。



       令和三年十二月三十一日 教主

カレンダー
«  «  2022 1月  »  »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5