ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ


最新エントリ
2021/04/22
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
4月20日、謹行963日目。

入院中の巫女教師が順調に回復しており、23日には退院の診断を頂いたという。

大神のご加護に感謝するばかりである。

嬉しき手紙が元教師より届く。

特別神事の霊験の有り難きが書き綴られていた。

神託にて運営面で先が開かれるみちびきを拝す。

山桜が清楚な美しさをみせている。

翌21日、謹行964日目。

謹行後、総長等と打ち合わせをなす。

昨日の御神導の任に物事を推し進める動きとなる。

全てが神図りにて道の開きをみる。

三陸分祠所属のご夫婦が平成30年7月27日より令和3年4月21日まで一千日間の自修行を成満した。

明朝、神社にて終了奉告式を執行する。

89歳と85歳の高齢にも関わらず、よく精進したものである。

心よりお祝いをさせて頂きたい。



        令和三年四月二十一日 教主
2021/04/20
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
4月18日、謹行961日目。

朝は雨模様であったが日中は晴れとなった。

春の清掃奉仕は雨が落ちずに助けられた。

下山の折に皆さんへご挨拶を申し上げる。

10時30分より昨日に続いて大和の庭を開く。

2人の孫がシャキッとしていないことが気になる。

言葉の発声、仕草にきりっとしたところが少し欠けている。

これは私の少々厳しい目線なのかもしれない。

明日は永代奉斎之儀が斎行される。

身心を整えねばない。

夕刻の連絡にて予定より奉仕者の数が増えて多くの場所の清掃ができたとの有り難い報告が入った。

奉仕者の皆さんに感謝申し上げる次第である。

翌19日、謹行962日目。

山桜が美しく咲き誇る。

山桜は若葉と白き花が同時に色づく。

他の桜とは異なる風情を醸している。

10時より永代奉斎之儀を斎行する。

祭壇舗設を託したが不手際ありとなる。

やはりまだ私が指示しなければと反省する。

儀式は厳儀にて1時間15分ほどを要した。

参列者の祈りの声と共に御霊等の祈りとも思える複数の女性の声が共鳴する。

私の謹行時も度々このような現象が起こる。

コロナ感染が再拡大している。



         令和三年四月十九日 教主
2021/04/18
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
4月16日、謹行959日目。

相談事への実践指導法を実例をもとに教師等で解析、総括する。

男性教師は直接の指導がほとんどなく、善い学びとなったようだ。

8時より山田工務店さんと第二御霊棚の製作について打ち合わせをした。

加藤特務室長等と打ち合わせをなし指示する。

新賽銭箱の設置も完了したようである。

地盤の固いところもあり、大分難儀したようだ。

修行も50日を切ってから身体に疲労感が残る。

気力を練らなければない。

翌17日、謹行960日目。

明日の奉仕者受け入れについて指導する。

御神名と御神徳を標記した新しい賽銭箱が実に綺麗に建基された。

神々の神威が更に蒙られるを乞い祈むものである。

15日に手術せし巫女教師より12時過ぎに電話が入る。

昨日までは多くの器具が取り付けられた身で少々具合も悪かったが、

大分落ち着いたとのことであった。

早くに仕事をせねばとも申しており、気丈なる教師の心に有り難く手を合わすばかりである。

更なる御神助を乞い祈まん。



         令和三年四月十七日 教主
2021/04/16
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
4月14日、謹行957日目。

謹行後に特別神事を執行する。

明日手術する巫女幹部教師の手術成功と速やかな回復を願いて祈祷する。

夫なる教師が祈祷の有り難さに落涙する。

何としても手術成功をと熱い祈りとなった。

明朝も全教職員の願いを大神にお取り次ぎせねばない。

祈祷殿が断水となるも特務室長の力にて応急処置をなす。

源泉の水量不足を知る。

このところまとまった雨が降らなかったこともあるようだが、部落の人たちの協力も得ねばない。

翌15日、謹行958日目。

本日手術する巫女教師の施術成功の祈祷を執行する。

全教職員の想いを肩と背に負いての祈祷であった。

慰霊謹行にては特別慰霊も執行した。

第二回目の賽銭箱設置工に入った。

私も設置場所にて観方を変化することにした。

加藤特務室長の口釈に順うものとする。

半年間の動きをみることにした。

午後4時20分、巫女教師の手術が無事終了したとの報が入る。

諸々のことがあったようだが、大き力にて護られたようだ。

コロナの為に家族も落ち着かないようである。

今後の経過を見守りたい。

私の体にも少し異変が起きているようだ。

これまでの疲労が蓄積しているのだろう。

気張らねばない。

残り42日ではある。



         令和三年四月十五日 教主
2021/04/14
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
4月13日、謹行956日目。

謹行前に新型賽銭箱を設置して位置を検分する。

私の指示せし場に非ずであった。

地面が固い所があり諸々難儀したことを日報にて知るが、

神々のお働きにくい位置ではどうにもならない。

今朝も意識改革すべく指導をする。

私も人間の性格、考え方の弊害を転断するに難行苦行を強いられている。

謹行にて幹部巫女教師の入院、手術の為の祈祷をする。

手術の成功と早い回復を祈るものである。

御神助あれ。

夕刊に『処理水放出決定』と大見出しにあり、

東京電力福島第一原発に溜まり続ける放射性物質トリチウムを含む処理水である。

海洋放出に漁業関係者は容認することはできるはずもない。

当然のことである。

かくのごとき政治判断もではある。

極めて厳しき道ではある。

大阪で新型コロナウイルス感染者が1,000人を超えたようだ。

宮城も増える一方ではある。

聖火リレーも形式のみにならざるを得ない。

開催は国民の知るところではあろう。



         令和三年四月十三日 教主
2021/04/13
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
4月12日、謹行955日目。

今日もよい天気である。

男性教師は山に集まり、先に製作された御神名・御神徳を標記せし賽銭箱を立てる作業に入った。

境内60基余を立てるべくの作業である。

なかなかの大仕事ではある。

3日ほどかかるかもしれない。

美しい桧材にてのもので、参拝者も喜ばれることであろう。

自宅が漏水ではないかと水道量検針にて指摘され、今日水道工事業者の方が見えた。

音はするが場所が特定できず、床下に入るべく工事も併せて木曜日にすることとなった。

私も朝の潔斎が3日ほどできずにいる。

早くに原因をつきとめて回復をと願うものである。

山は桜が散り始めた。

マスターズ制覇を達成した松山氏が紙面に踊る。

男子ゴルフメジャー大会で日本勢初となる優勝を果たした。

東北福祉大出身である。

スポーツ界は日本人に希望を与えている。



         令和三年四月十二日 教主
2021/04/12
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
4月11日、謹行954日目。

雲ひとつない風もなき穏やかなる日を迎えた。

謹行を終え祭場確認し、修正する。

まだまだ私の意が解せぬところがある。

桜満開の境内にて、9時30分より神変神社にて創建58周年の例祭をお仕えする。

この神祭は社殿にて斎主が祝詞を奏でる。

火祭奉行、神変御下駄禁厭奉行が夫々その所役をお仕えする。

教師等と私の祈りが始まる。

鳶が天空を旋回しはじめ、私の祈りが終わるまで小一時間は旋回していたという。

私の護り神鳥である吉野御山の鳶であるを悟るものである。

引き続き11時より開教祈祷殿において大和開教祭を斎行する。

開教64周年となる。

儀式を終え、式典にてご来賓のご挨拶を賜り、信仰体験発表を感動をもって聴かせて頂いた。

参列者も大なる感動を得たようだ。

次に私が45分ほど御教えを説かせて頂いた。

開教祭に相応しい神庭となった。

コロナ禍の最中、こうして来山、参列される信仰者のおこころに感謝するものである。

大神等の祝福を拝し奉りし神人幸栄う一日となった。



         令和三年四月十一日 教主
2021/04/11
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
4月9日、謹行952日目。

今日も朝から有り難い報告が次々と入る。

道の開きに大神のみちびきを観るものである。

厳しき事にて多事多難なればこその道拓きではある。

全てが大神の与え給いし修行である。

これまでの宗教活動に大和の根本教育による信仰生活の実践行による救いではある。

大和の大道は宇宙法則の実践行なのである。

翌10日、謹行953日目。

謹行前に明日の神祭の舗設状態を確認する。

改めるべきところ数ヶ所あり。

天気はよいとのことである。

素晴らしき神祭を奉行したい。

謹行後も指示を出す。

参列者が限られしは否めずであるが、大神のみちびきの任にではある。

神変大神、そして開教神様に篤き心をもって奉行せん。



         令和三年四月十日 教主
2021/04/09
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
4月8日、謹行951日目。

永年の月毎に参籠されての奉仕に応えて生前永代奉斎を執行させて頂くことにした。

独り身で身寄りなき方は今の行政では身罷ると火葬され無縁墓に葬られるものとなる。

せめて教団にてお祀りをさせて頂くことにした。

頭を深々と垂れて感謝を示されていた。

功労ありし信者さんには何らかの形をもって報いお送りしたいものと念ずるものなり。

産経新聞にて度々掲載されているウイグル人への人権蹂躙は目に余るものがある。

何十万人もの年頃の女性の不妊治療が本人に知らされずに施術され生めなくする。

精神的に疲弊させ、手鎖り足鎖りを数ヶ月もかけられる。

排尿排便もままならず、性的暴行等々悲惨極まりない文言が並ぶ。

米国は闘う姿勢を示している。

日本は実に弱腰である。

中国との経済面を最優先するが故であろうか。

為すべきは為すの日本政府になってほしいものである。

許し難きを放置してはならぬを示さねばない時である。



         令和三年四月八日 教主
2021/04/08
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
4月6日、謹行949日目。

少々疲れを感じ30分ほど長く床にいた。

やはり時間がつまると予めごとに不都合がでる。

我が家の桜絨毯を楽しみ御山へ向かう。

桜満開を愛でながら今日はゆっくりとした日となった。

事務遂行をする。

翌7日、謹行950日目。

今朝も心地よき行となった。

三陸よりも参行者が来られた。

物事の明らかとなる有り難い一日となった。

そして、驚くべき神託が下された。

神託の如き霊験が立つことを乞い祈まん。

コロナ感染が急激に広まっている。

変異ウイルスも感染が広まっているようだ。

大阪は医療危機事態を宣言した。

何としても終息させねばない。



         令和三年四月七日 教主

« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 211 »

カレンダー
«  «  2021 6月  »  »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3