ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ


最新エントリ
2018/11/08
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月6日、謹行67日目。

昨日、今日と星は見えない。

今朝は職員のみの謹行にて、教座にては厳しく指導をした。

整理整頓の不行届きは信心の薄きなりを説いた。

さらに、感謝や敬いが欠落していることを諭した。

大調和の教えを拝しながら本末を違える行為となる。

不浄心のなす故なりである。

大いなる反省を促すものとなった。

翌7日、謹行68日目。

美しい星空を仰ぎながら謹行奉仕者の祭儀作法を深く指導した。

なかなか向上の兆しをみることができずではあるが、努力を希うものである。

愛子教会非課税確認の為に4名の資産税課の職員が現場検証に来られた。

総監が立ち会い、問題はないとのことであった。

この数日、目や肩の疲れが異常である。

謹行もさることながら、多事多難の連続が影響しているのであろうか。

教化布教の道の開きをもっての解決あるのみである。



         平成三十年十一月七日 教主
2018/11/06
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月5日、謹行66日目。

『アオウエイ』の神秘を説いた。

四拍手ニ拝も大分身についてきたようだ。

禊流の修めるところは教団人にも伝えおかねばないものと方針を変ずることにした。

午後2時30分頃に明大合氣道部時代の輩が3人来山した。

卒業以来の友もいた。

3人共大分歳をとった感があった。

皆、広大なお山と宗教施設に感動していた。

総監の案内で本殿にて正式参拝をされ、特別室にてしばし談じた。

学生時代の想い出を語りあったが、私が忘れていたことばかりであった。

よく憶えているものと感心した。

その後、裏参道を巡り、開祖様の奥都城で祈りをなし、

大鳥居前での記念写真を願われて撮影した。

またの再会を希いてお別れをしたが、私と会えなくなるかもしれないとして、

わざわざ来山して下されたようだ。

有り難いことである。

今日は秋保の里にて一泊され、明日は塩原方面に宿をとるようだ。

互いに元気でまた会いたいものと念ずるものであった。



         平成三十年十一月五日 教主
2018/11/05
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月4日、今朝も美しき星月を拝む。

三日月なれど暖かき光を感じる。

謹行65日目。

娘のアイスホッケー時代の友人家族3人が参列した。

息子さんが来年山形大の医学部を受験するという。

なかなか結果が出ずに少々悩まれているとのことであった。

祈りと教座と個人指導にて明るい顔に変じた。

これから頑張って頂きたい。

精神弱者の方も参列されており指導をした。

一人でも多くの方の力にならねばない。

『みそぎの集い』案内のクリック数が10月は1,179回であった。

来年5月からの第二期生に向けての動きとはなるが楽しみとなった。



         平成三十年十一月四日 教主
2018/11/04
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月2日、今朝も美しい星月を拝した。

鎮魂時の左右灯明もご神名を奉称する途端に20センチほど勢いよく真っ直ぐに立ち昇り続けた。

そして、10分ほどすると元に鎮まった。

5日間ほど美しく立ち昇る日が続いているが、今日は殊の神象であった。

教団運営にも奇毘なる事象が次々と起きている。

よろしき方へと導かれしは有り難きことである。

謹行も63日目となった。

本宮よりの山並は実に美しい景観を見せる。

清々しいお山に身心の清めを拝するものである。

翌3日、謹行64日目。

謹行は厳粛に、神法は楽しく、教座は深き学びをである。

総監外教師等と打ち合わせをした。

日々の打ち合わせの継続は運営の強き力となるを感体している。

11月は三大行の結びともなる十種大行が17日、18日の2日間にて執行される。

28日には一年の御神託祭が復祭11年目を迎える。

教理数11神数の記念の神儀となる。

我が身魂の殊にの潔斎とはなん。



         平成三十年十一月三日 教主
2018/11/02
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
10月31日、謹行61日目。

みそぎ祈願行を執行した。

今朝も星月の美しい空であった。

教職員もしっかりと対応していたが、教座での応答には相変わらずの状にて心が重くなった。

下山なし万象館より不要物を神社に搬送した。

よくもこんなに残していったものと辟易したが、それでも手際よくほぼ終えたようである。

内装屋さん、ハウスクリーニング屋さんとも打ち合わせをした。

経費もかかるが仕方がないことである。

各室の整理には私もまた関わらねばないようだ。

万象館も愛子教会となっても、合氣道・禊道場としての運用も兼ねていくことになる。

ご奉仕職員に感謝である。

翌11月1日、霜月に入った。

今年も余すところ二ヶ月である。

美しい星月を仰ぎ見ながら四方拝、気息をなした。

5時より謹行62日の月始祈願祭を奉行した。

2時間の厳修である。

教座にては教師等の神明奉仕を深く説き戒めた。

朝食を皆で頂き、9時より本部教師の神明奉仕決団式を行った。

自らの反省と決意を大前に誓うものであった。

甦り元年とすべく儀式となった。

その後、昼まで教化講義を主導した。

厳しく温かく明るき講義となった。

笑いの声はやはりよいものである。

皆の善導教化の大き推進を期待するものである。



         平成三十年十一月一日 教主
2018/10/31
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
10月29日、星月の美しき未明の空を拝する。

鎮魂にても力強い御神光を見た。

59日目の謹行を仕える。

教座にて今朝も情けなき教師等の姿をみることになった。

この意識レベルを転断せねば前に進めずである。

下山なして万象館を検分した。

修理工事の不備、不浄備品の撤収を至急することを総監に指示した。

11月8日に予定している神事を控えている。

私が関わらずともよい教団に早くせねばないのだが、

人材養成の成り難しに頭を痛める日々である。

翌30日、今朝も美しい星月を観た。穏やかなる朝である。

月毎の三霊神と共にのみそぎ祈願行を行修した。

神拝詞奉誦の言霊が木霊する。

大國神社の神気を存分に拝する有り難き時間でもある。

引き続いて60日目の謹行を執行した。

人間の癖というものを矯正するは並大抵ではないが、

的確に判断して糺せるは、やはりこれまでの修行の力であろう。

知らぬ間の神授に感謝である。



         平成三十年十月三十日 教主
2018/10/28
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
10月27日、謹行57日目。

雨降りて肌寒い中での謹行となった。

一人ごと夫々に指導をした。

謹行終わりて常の打ち合わせを総監となした。

8時より熊川教師を祭員として特別神事を執行した。

帰宅なし、11月1日の月始祈願祭後に大前に神明奉仕へのこれまでの反省と

これよりの決意を表明すべく誓詞を作文させて頂いた。

教職員全員が大同団結なしての更なる善導救済の道ではある。



         平成三十年十月二十七日 教主
2018/10/27
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
10月26日、謹行56日目を迎えた。

我が心にては、今日の日を我が教職員の甦りの第一日目と心定めるものとした。

美しい月光の下にての四方拝、月拝鎮魂を行修した。

その時、突然に強き地震が起こり、震度4強ということであった。

7年前の震災を思い起こした。

行堂に戻りて、鎮魂、神智を拝した。

神社での謹行、昨日までの大神等の我が教団教職員の『みそぎ』にての

成壊の奇すしき神業をもっての修理固成神事を紐解きした。

参列者一同、神妙であった。

今日より教職員等の神明奉仕となるであろう。

深き反省をもって光明世界実現の為に努力精進を希うものである。

報道では内戦下のシリアで約3年4ヶ月ぶりに解放されたジャーナリストの

安田純平さんが帰国とあった。

拘束後の虐待、監禁生活は地獄との言葉もあった。

解放に尽力されし方々に一人の国民として感謝申し上げたい。

私ども宗教人の力の拙なきをも知るものである。

共々共栄の心を万国の心とせねばない。



         平成三十年十月二十六日 教主
2018/10/26
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
10月25日、望月の美しい満つる月を拝す。

謹行55日目。

和算10の円満具足、高天原を現成する神数でもある。

そして、開祖祭日とも重なった。

この日に、10月5日に引き続いての告諭・通達式を執行した。

神明奉仕の何たるかや、これよりの善導救済の神業への努力精進の姿を大同団結、

修理固成すべく為である。

教座を含めて2時間ほどを要した。

これからが真の活動に入るを厳命し、覚悟の座とした。

辛き決断も断行した。

教主として重き荷を背負いての道をあえて選択をした。



          平成三十年十月二十五日 教主
2018/10/25
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
10月22日、謹行52日目。

今朝は総監外2名の参列奉仕であった。

大祭の片づけは手つかずであったが、仕方のなきことではある。

3日間はかかるであろう。

御神許によりて一つの決断を余儀なくされた。

これも教団甦生の事象であろう。

これよりの10日間にて大き仕事をせねばない。

御神助を乞い祈むばかりである。

翌23日、清澄なる月を拝す。

25日には望月となる。

大神の厳しき神断が下されし事があった。

心痛むことなれど為さねばならぬ。

御神意に背くことはできぬ我が身ではある。

25日の告諭・通達にての御神導を拝す。

この儀も本部職員の修理固成の道ではある。

10月24日、謹行54日目。

強き雨が降った。

本殿での我が祈りの最中、参列員を鎮魂の境地へと誘う。

雨音の中にて心静かに祈りの響きを身に受けしをもっての鎮魂ではある。

統理、総監にて厳しきを断行した。

波風の起こるをも覚悟してのことではある。

全ては神の任になり。

ご神導あれと祈る。



         平成三十年十月二十四日 教主

(1) 2 3 4 ... 156 »

カレンダー
«  «  2018 11月  »  »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1