ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ


最新エントリ
2020/01/11
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月9日、謹行496日。

朝は雨模様、日中は晴れとなった。

参行せる男性教師等は自らの殻を破り、善導救済の道を開いてほしい。

自らの力で団を組織する力をもつように檄を飛ばした。

お祓い屋さんであってはならない。

イランが形式上の報復として米基地を攻撃したようだ。

あえて形式上と記すのはイランのメンツ上ではある。

米国の利益追求の仕業なりである。

2座の鎮魂自修行を仕える。

明日は大和神道火祭祈祷作法の略伝式を男性に行う。

次は女性となる。

翌10日、謹行497日目。

今朝もまた男性教師の不可解なる脳神経回路を観る。

霊的の動きなのかもしれない。

何れにしても統魂せる力をもたねばない。

謹行後に火祭祈祷作法略伝之儀を執行した。

第一次は3名の男性教師とした。

女性教師にも伝授する予定である。

これよりは正伝の道の開きを検討せねばない。

明日11日よりは一千日謹行に寒中火祭謹行も加行される。

気を漲らせねばない。

晦日までの21日間となる。



         令和二年一月十日 教主
2020/01/09
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月7日、謹行494日目。

三陸分祠より5名の方が参行した。

毎月の参行を心がけているという。

有り難きことである。

担当教師の信仰教育が稔ってきているようである。

今日は会社繁栄新年祈祷の斎主を総監に命じた。

この正月より斎主としての奉仕を命じている。

神明奉仕を積極的に行うことにて更に深く大和を覚ることを期待するものである。

今日は御山も静かな日となったようである。

自修行2座を行修し、明日の鋭気を整える。

翌8日、謹行495日目。

10センチ程の雪が積もった。

自修行の後、早目に家を出る。

途中除雪車が時速20キロで走っていて、10分ほど後ろについた。

神社入口は仙台市の除雪車にて除雪されていた。

裏参道はようやく上ることができた。

日中、本田教師が雪かきをなした。

私も境内参道を除雪し、一汗かいた。

6時より謹行に入る。

8時40分頃に立正佼成会仙台教会長の近藤雅則先生が

随行者2人と共にご来山され、新年のご挨拶を頂いた。

私の修行のこと、拉致のこと、世の中のことなどをお尋ねになられた。

本年もセミナーをなさるそうで神社の使用を願われた。

佼成会の先生方の温かいお人柄にふれ、有り難き日となった。

今日は職員も束の間の休みの人が多く静かな一日となった。



         令和二年一月八日 教主
2020/01/07
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月5日、謹行492日目。

体調が少し崩れるも鎮魂にて気力を身心に込める。

今日一日の働きができる体を乞い祈まん。

我が家のペットであるウサギのロビンが腎臓悪化で身罷った。

長き間、家族を愛らしい姿で和ませてくれた。

皆で感謝をもって祈る。

晩方に家族を集め、ロビンの御霊安けきを祈りて、『生きもの』を飼うという事について述べる。

万物の命の尊さを知りて、我が命の尊さを知ってほしい。

翌6日、謹行493日目。

謹行後、会社祈祷受け入れの準備をした。

会社繁栄祈祷が9時より続く。

私は大手建築メーカー120人参列の祈祷と信者さんの会社30人程の参列にての祈祷を奉仕した。

何年ぶりかの奉仕となった。

気満つる祈祷とはなん。

本殿に建具を入れたお蔭で連続可能となり、親しくご挨拶もさせて頂いた。

11時より家庭勉強会を開く。

厳しき愛情をもって嫁も孫等も諭す。

御山も祈祷が次々と入り忙しかったようだ。

外祭出向2件、神光殿にても例年の会社祈祷がなされた。

有り難き奉務となん。



         令和二年一月六日 教主
2020/01/05
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月4日、謹行491日目。

穏やかなる朝であり、朝焼けが美しい。

月始祭の慰霊供養を祖霊殿で斎行した。

浄霊、因縁解除は正月三が日を経てからとの神示を拝してのことであった。

300柱余の御霊を祈り慰める。

昨日の参拝者も昨年より多かったようだ。

三泊四日のご奉仕を下された信者の皆さんに心より感謝申し上げたい。

教職員も例年ながら御苦労である。

来年は応分の奉仕のシフトを組むことを伝えた。

1月15日までは土日祝日の対応は必要であろう。

今日、明日の参拝者はどうなるか期待するものである。

自宅にて賀状を検分する。

種々の心を垣間見るものである。

私も来年の賀状には相応しき一言を添えさせて頂きたいと思う。

円応教深田先生より昨年の記念祭の書籍が贈られてきた。

私は残念乍ら行中の掟にて不参となり義理を欠くことになった。

此度の修行の一番の厳しさは外泊外出禁止により、慶弔儀礼の義理を欠くことの辛きところにある。

新聞に「日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告が監視中止当日に逃亡」とあり、

「米軍、イラン司令官殺害」ともあった。

卑怯者で不快であるが、外国人は何とも感じないのであろう。

そして、何らかの理屈をつけて人を葬ることも当たり前なのであろう。

邪魔者は消すだけである。

日本人の魂では出来得ぬ行為であることを覚らねばない。



         令和二年一月四日 教主
2020/01/04
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月2日、謹行489日目。

強風、寒し。

境内本殿拝殿の吹き飛ばされそうなものや、テント、国旗20本ほどを本殿前より撤収した。

昨年はポールが折れたこともあった。

参籠奉仕者の方も参列され、お疲れのことを労った。

実務教座にて元旦の諸々の反省点を語る。

8時前には祈祷申し込みの家族がいらしていた。

有り難いことである。

今日も御山繁昌を乞い願うものである。

職員の子供等にお年玉を渡す。

お日様は昇るも風が案じられる。

翌3日、謹行490日目。

昨日はやはり一日中強い風が吹いて掲示板等も大分損ねたようだ。

そんな中でも参拝者は途切れることはなかったとの報告があった。

祈祷者も増えたという。

奉仕の皆さんも一所懸命である。

感謝にたえない。

今日も温かき心で参拝者をお迎えすることであろう。

皆さんの笑顔が幸縁をつくり、結んで頂きたいものと希うものである。



         令和二年一月三日 教主
2020/01/02
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月1日元旦、謹行488日目。

午前零時を期し歳旦祭を斎行した。

大晦日の午後10時30分より熊川教師斎主にて除夜祭を斎行し、

歳旦祭は平成より令和への御代替りてのことありて、私が数年ぶりにて斎主を奉行した。

本殿も建具戸入り畳敷の内拝殿となり、祭員位次も変化した。

初めての典儀との打ち合わせがままならずミスを犯す。

新年の挨拶の中で庚子の意を解き、大国主命と鼡の奇すしき縁をお話した。

儀式後に下山し、小休憩なし、8時30分に家族皆で家庭神棚、私の行場である神和殿、

万象館、愛子教会大前にて新年の拝神をなしてから再び神社へ向かう。

10時頃には駐車場も埋まり賑わいをみせていた。

11時15分、新年火祭初祈祷を執行した。

秋田をはじめ、遠近より教信奉崇敬者の皆さんが参列された。

1時間半ほどの厳修となった。

神気漲る祈祷となった。

玉串拝礼も百名程の皆さんにお仕え頂いた。

明るき笑顔がまばゆい。

幸縁に結ばれることを祈念するものである。

一人何役もの職員たちが頑張っている。

奉仕の皆さんも頑張っている。

有り難き信心を拝すものであった。

午後2時過ぎに下山した際には神社入口は渋滞となっていた。

御山大繫盛ではある。



         令和二年一月一日 教主
2020/01/01
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
12月30日、謹行486日目。

実務教座にて歳旦祭斎主は私が奉行するを言告げる。

平成より令和への御代替りにありてのことである。

これまでは統理宮司に一任してきたが、此度は汝が仕えよの神示でもある。

6日からの会社関係も崇敬者の会社は私がお仕えすることにした。

舗設の細かきことに漏れなきを指示する。

我が家も正月飾りは終えていた。

門松が立てられ、玄関飾り、神座に餅と玉紙、正月さんが飾られた。

一気に正月気分となるは不思議なる光景である。

各教会も信者の奉仕でお飾りされ、重ね餅も供えられた。

風邪を引いた者もいるようだが、頑張らねばない。

翌31日、謹行487日目。

今朝も星が煌めいている。

大晦日を迎えた。

予報では午後から崩れてくるようだが、穏やかなる元旦を迎えるを乞い祈むものである。

謹行前に照明関係に不行届き点がありて改めて指示をした。

謹行後、午後1時より家庭神棚、行場、愛子教会で感謝の拝神を家族でなす。

いよいよ令和2年の新たなる年を迎える。

心明るくお迎えせねばない。

教職員、信奉者の奉仕に重ねて感謝を申し上げたい。



         令和元年十二月三十一日 教主
2019/12/30
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
12月28日、謹行484日目。

今日、明日の神事奉仕にて変更指示をした。

明日の合格社鎮座の祭場舗設についても細密に指示をする。

教師等はほとんど大祓出向にて最少人員にての奉仕となる。

教職員も疲労がたまる頃である。

災いなく奉仕をしてほしい。

明日は謹行後に特別神事、その後10時より合格社鎮座祭である。

気力、体力、霊力、智力を充つるべくの鎮魂を夕刻に2時間程行修した。

翌29日、謹行489日目。

今朝も教座、実務教座にて判断五原則を解く。

知識を見識になして胆識に向上すべく修行してほしいものである。

一つの事を多方面より観方する力を身につけることである。

謹行後、癌の病で入院中の女性が救いを求めて特別神事を願って来山した。

他宗教の信者でもあるが、ご供養に縋りてくる。

甚だ厳しき状なれど乞い祈まん。

10時15分より合格社鎮座清祓・御神鎮・奉告之儀を奉行する。

誠に荘厳な宮代と斎処と清美された。

まだ8割程度だが、よい儀式斎行とはなった。

熊川、横尾教師が祭員となり、鏡、本田教師が記録となった。

儀式後に今日の日を迎えるまでの経緯の軌蹟を述べる。

全てが神々のみちびきんに改めて感謝するものである。

宮代の修復、清掃、神地清備に有り難きおこころを垂れ下された業者の皆に感謝申し上げるものである。

ご神導の任に加藤特務室長の数々の智恵の見事さに手を合わすものであった。

ご神助あれ。



         令和元年十二月二十九日 教主
2019/12/28
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
12月26日、謹行482日目。

判断五原則の深きを説いた。

知識で知りても用い難きでは役に立つは為し難きではある。

諭せども諭せどもの姿はなかなかに改善されぬ業の深きがある。

新聞にて、『秋元衆議院議員逮捕。IR巡り収賄容疑。』『郵政3社長辞任。』とあった。

地位を持つと悪しき者どもが群がる。

巨大組織には目届かずの証左でもあろう。

天皇皇后両陛下が台風19号の被災地見舞いに仙台空港へ降り立たれた。

有り難きことである。

合格祈願社鎮座奉告祭の祝詞を作文した。

翌27日、謹行483日目。

教師の整理整頓清掃のなし難き仕事に厳しく指導した。

日々の指導に関わらず全く反省ができない性根に慨むばかりではある。

合格社鎮座祭斎行の打ち合わせを現場でなす。

整備施工にも細密なる事項を確認させた。

全てが甘き仕事であるになかなか任せられぬ辛さがある。

山形より初めての縁ともなる男性の供養をする。

身上に憐れを観る。

救わねばの心走る。



         令和元年十二月二十七日 教主
2019/12/26
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
12月25日、謹行481日目。

星月の麗しきを拝し、四方拝をなし、天地融合気息を行ず。

5時より五段大祓之神儀を執行し、引き続き一千日謹行、教座、実務教座をなし、

8時半より大阪の女性の御祖十代慰霊を奉行した。

2時間の厳儀であった。

次に10時45分より開祖祭、永代奉斎之儀を執行した。

御祖十代の奇毘なる神儀に2時間の長時間が一瞬のごとの時間となったことに驚きの状であった。

永代にて御霊代を御霊舎に奉斎の折には感動の涙を流された。

亡夫、両親、義理の両親への一汐の想いであったのであろう。

御霊の感謝の念も受けられたようである。

有り難き一日となった。

10時間の神事執行ではあったが、大き力にて護られての奉行とはなった。

教師等も祭壇舗設によく努めて頂いたことにも感謝である。

御神導、御神助に拝謝であった。

帰宅なし、蕎麦を食す。

さすがに疲労感があるが、爽快なる疲労ではある。



         令和元年十二月二十五日 教主

(1) 2 3 4 ... 183 »

カレンダー
«  «  2020 1月  »  »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1