ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - taiwa2さんのエントリ
 taiwa2さんのエントリ配信

2020/01/26
子の刻詣り福神招福祭

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月25日、謹行512日目。寒中火祭謹行15日目。

午前1時より子の刻詣り福神招福祭が斎行される。

熊川教師が斎主にて奉行する。

参列者は誠に少ない。

深夜の神祭なれどその真義をよく布教せねばない。

来年は直会、参籠にてゆっくりと身心を休めるような企画を考えている。

出雲大社での福神祭に倣いての神祭ではあるが、一巡なしての祭儀となりしに感謝である。

10時30分よりは令和2年、旧元旦の吉日に開祖祭、永代奉斎之儀を奉仕した。

奥都城建立の種々な問題を乗り越えての事業であったことを語る。

このような歴史をよく心して語り継ぐことを諭した。

教師等の祭儀準備にまだまだ心行き届かずにて言告げる。

常人の何倍も時間がかかる。

甚だ難行ではある。

信者の皆さんの有り難き心に癒される我が身なり。

それでも職員等もほとんど寝ずに働いてはいる。

これにもう少しの心が添えられればと希うものである。



         令和二年一月二十五日 教主
taiwa2さんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (36)
このエントリのトラックバックURL
https://taiwakyodan.org/x/modules/weblog/weblog-tb.php/1844
印刷用ページ 友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
カレンダー
«  «  2020 2月  »  »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29