ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ


最新エントリ
2019/01/31
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月29日、謹行151日目。

神社付近に入ると猛烈なる雪となる。

奥都城を参拝した後、坂道を登るもスリップにて断念し、バックで駐車場に戻り止まる。

雪中行用のマントに雪を被りながら本宮へ。

総裁車は誠に雪に弱い車である。

美しくも厳しい雪降りをもって清め給へり。

教座は御教歌一首を参行者に通解させるもまだまだ未熟なりである。

私も日々参行者と対峙している。

必ずやよろしき信仰者に、役員に、そして教師になるを信じている。

昨日の大相撲初場所は34歳のモンゴル出身・玉鷲が初優勝となった。

横綱、大関陣の満足いかぬ土俵であったが、千秋楽に美しき感謝の涙を見せていた。

翌30日、謹行152日目。

教座中に横尾教師が体調不良となり中座を余儀なくされた。

9時よりの特別神事祭員奉仕は無理と判断し、統理の寒行巡拝をキャンセルさせて代行させた。

祭壇舗設には横尾君も具合を押して奉仕するも心配ではある。

疲れも大分たまっているのであろう。

2月5日の祭儀までは教職員も大変ではあるが頑張って頂きたい。

9時より特別神事を執行した。

1時間30分程の厳儀となった。

全身全霊をもっての神霊との対峙ではある。

御神導に感謝である。

参列者は涙を禁じ得ずであった。

必ずやよろしき道の開けるを信念するものである。

明日も謹行後に2座の特別神事を奉行せねばない。

心せねばない。



         平成三十一年一月三十日 教主
2019/01/29
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月28日、謹行150日目。

奇毘なる霊威現象が起こった。

儀式前に祖霊殿控室の襖戸2枚をエアコンのために締めさせたのだが、

儀式をしようと中に入ると開いていた。

命じた者に確認すると、間違いなく締めたという。

その光景を総監も見ていたようだ。

参列者全員が驚きの表情となった。

私が霊査すると、昨日葬儀が執行された故木村照子さんが、

御礼と御詫びの為に来られたようだ。

儀式の中で、御名を称え祈り上げると涙がこぼれるを禁じ得ずであった。

神社では怪奇現象が続いている。

私の浅沓を誰かが履いて汚したこと。

職員の新調装束が神隠しにあったこと。

そして、此度のことと霊威現象が続いている。

夫々に霊界よりのメッセージであると審神者せねばなき事象ではある。

また、テニスの全豪オープン女子シングルスで26日、

大阪なおみ選手が四大大会2連続優勝の偉業を果たした。

世界ランキングも1位が確定した。

優勝賞金3億2千万円という。

金や名声の悪魔に負けぬ精神をも鍛えてほしいものである。



         平成三十一年一月二十八日 教主
2019/01/28
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月26日、積雪10センチ余となり、総監の迎えにて山に向かう。

謹行148日目を行修した。

教座後、一度帰宅し、11時過ぎより霊血神浄之秘神儀を一座厳修させて頂いた。

更に14時より二座目を執行し、全てを終えたのは16時過ぎであった。

心身の疲弊ありは否めずであったが、参列者が感涙する儀に御神導、

御神助の稜威を観るものであった。

これまでの人生苦を幸せに転じゆかねばない。

翌27日、厳しい冷え込みで路面凍結していた。

神社奥都城前の第二駐車場入口は鏡面の如くであり、

注意しても滑り危うく転倒するところであった。

謹行には若き一家が参列した。

教座では小学4年生の男子と問いかけ乍らの楽しい場となった。

40代の人も『数え年』を知らぬ人がいる。

数え年は日本の文化であり、生命を尊ぶ心根の表現の一つと私は考えている。

大和はこのことも教育してゆかねばないものと思うものである。

篤信者であった方の葬儀に教母、統理等が参列した。

功労者として祖霊殿にお祀りを申し上げたいと考えている。



         平成三十一年一月二十七日 教主
2019/01/26
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月24日、天高き月となる。

道路が凍てつく寒さである。

146日目を行修した。

謹行教座後、特別慰霊を執行した。

下山後、取り次ぎされし特段の救いの為に、祈祷執行次第等をまとめる。

願い人等の願い事は是非にも叶えてやらねばない。

それも私の務めではある。

日易連元会長の文屋圭雲先生より、タイの国より美しい花が贈られてきた。

早速数ヶ所に飾らせて頂いた。

南国の華やかな彩りである。

部屋も我が心も明るきを頂くものであった。

感謝ではある。

翌25日、謹行147日目。

併せて教職員感謝祭を執行した。

その後、一時間余り特別教座会にて大和信仰を深解した。

教職員の更なる信仰情熱を高揚、神明奉仕に精進を希うものである。

教務支庁に戻ると、急ぎ明日の特別神事の取次が入った。

連続2座、5時間の真剣勝負となる。

心せねばない。

10時30分より、統理外祭員にて月毎の開祖祭並びに永代奉斎之儀が斎行された。

気仙沼、会津、相双、田村等々の各地区の寒行巡拝も続いている。

道中の安全、交通の安全を祈る。



         平成三十一年一月二十五日 教主
2019/01/24
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月22日、謹行144日目。

祈りの間での祈念の折、短芯の灯明が4倍程も勢いをもって上昇した。

二度、三度とその如き象となった。

我が願いを受け納め下されたものと信念するものであった。

今日は宮城県護国神社宮司の田中光彦先生の葬儀が斎行された。

私は修行中の身にて慎ませて頂いた。

葬儀には平松総監が参列した。

私は日を改めてお参りさせて頂きたい。

日本会議を通して親しくお付き合いをさせて頂いた。

教座においては大和信仰の深きを説き刻み植え付けるものであった。

翌23日、月の美しい朝を迎えた。

謹行145日となった。

教座後に一度下山し、10時30分からの特別神事の準備をなして、再びお山に入った。

今日の神事の確認をなし、10時45分頃より執行した。

43歳の婦人が突然目が見えなくなり、方々の医師に診てもらうも判然としないということであった。

御神導の任に神事を遂行し、2時間半を要するものとなった。

必ずや霊験の立つを乞い祈むものであった。

夕刻、開祖様時代よりの篤信者の訃報が入った。

無念なり。



         平成三十一年一月二十三日 教主
2019/01/22
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月21日、小雪の舞う寒い一日となった。

謹行教座にては、奉務に対する悩み、家庭事情の悩みをもつ職員の善導救済を行った。

これまでは信者さんへの対応であったが、職員等の悩みにも応えるを告知、対応させて頂いている。

苦悩の解除は信仰生活による指導からではあるが、職員事情も種々ではある。

深き信仰の実践により減却するを信念するものである。

午後の3時過ぎに、編⊃声匍椹覆了蓋建史先生が来山され、正式参拝をなされた。

編⊃声劼睇埔融があり、今後の祭祀奉仕の姿をお話下された。

共々に衿を糺して神明奉仕をさせて頂くことをお誓い申し上げた。

わざわざのご来山に感謝申し上げるものである。

統理、総監も同席にて、しばし歓談をさせて頂いた。

今日は朝から嬉しき事が次々ともたらされた日ともなった。

御神導に感謝するばかりである。



         平成三十一年一月二十一日 教主
2019/01/21
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月20日、大寒。

142日目を謹修した。

統理外教師等にて御神水取之儀を執行した。

11時よりは第11回出羽三山山伏勧進新年初祈祷が厳修された。

湯殿山御縁年の丑歳より始祭せるものであった。

早いもので来年は一巡りとなる。

300人の参列者を集めたいものと思念するものであった。

帰宅なし新聞を読むと、またも幼き子を虐待するの記事があった。

仙台市内の住宅で母娘心中「いじめ原因」とあった。

徳島県阿南市で乳児暴行疑い父逮捕「哺乳瓶ねじ込み上顎骨折」生後5ヶ月の長女にという。

本当に恐ろしいことである。

私の一千日謹行の最重要祈念之大事ではある。

何としても大願である。

行政、学校教師の対応の姿をも改めさせゆく必要がある。

再々の両親の願い出があるにも拘らず何故に対応が鈍いのであろうか。

怠慢としかいいようがない。

腹が煮えくり返るばかりである。



         平成三十一年一月二十日 教主
2019/01/20
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月19日、謹行141日目。

今朝も寒風の厳しい朝となった。

天空の金星の下方にもう一つの輝ける星を観る。

茜色のごと紅紫色に映える空が美しい。

言霊祓い、気息を行じる。

教座にて一霊四魂、大国主大神のご試練、天照大御神の御神徳を説いた。

教師等も神拝詞に標記されたことはマスターせねばない。

昨日の午前10時30分頃の強風にて、御本殿に祀られし御神像2体の

奉斎台座が倒れ、御神像2体が落ちた。

されど、損壊したのは2体とも小槌部分のみという奇蹟をみた。

お顔、身体は傷ついたところは全くなかった。

本教の小槌の神威なる除災招福顕現の霊験を示されたかの如き事象となった。

信奉者には大国主大神より授けられし小槌霊験を説かねばないであろう。

『禍を転じて福と為す』の1つの神業であったを悟證すばかりであった。

明日は三山山伏勧進新年祈祷が斎行される。

今夜は阿部権宮司をはじめ、7人の皆さんが参籠、親睦夕食会が催されるという。



         平成三十一年一月十九日 教主
2019/01/19
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月17日、謹行139日目。

北斗七星、金星が美しく輝いている。

本殿下の手水、祖霊殿が渇水していることに気づく。

今朝は『根本教育』について神拝詞を紐解いた。

まだまだどの件りを指し示しているかを解せずの者が多い。

今朝も慨むばかりであった。

どのように教えるもやる気のなき心ではどうにもならぬの証左ではある。

幼稚園児に諭すようにしなければならない。

大和信仰を求める心なき者が職員として未だにいることを悲しく思うばかりである。

己が救い、家族の救いを真に縋りて信仰生活を実践してほしいものである。

翌18日、風の冷たい朝を迎えた。

140日目となる。

善導救済、みちびくに男性教師の動きがない。

何故かを2人に静かに問う。

自ら勇気がないとの答えを云う。

それを克服するのが信仰信念である。

もう一人はやってはいるが結果が出ないと云う。

やはり、何が何でもの心が弱いのである。

あとは理屈にならぬ理屈を並べるばかりであった。

仕事は結果が全てである。

出来ない理由を並べても道は開かない。

成果を上げるべくが仕事である。

五大信条にての実行あるのみである。

大神のみちからを拝し奉れる信仰をすることである。

全ての解決はその一点にあるのである。



         平成三十一年一月十八日 教主
2019/01/17
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
1月15日、昨晩のどんと祭での参拝者は11時頃まであったという。

職員等は午前5時の禁厭祈祷からの奉仕にて大変であったものと感謝するばかりである。

今朝も8名程が参行された。

星の美しい朝の空を見る。

教座にては私の気づき得ぬ感性による能力の差を観ることとなった。

職員の仕事のレベルを上昇させることの難しさを知るばかりであるが、

悲観落胆をする暇はない。

教育することばかりである。

翌16日、謹行138日目。

小雪の舞う寒い朝となった。

初詣行事も一段落をみる。

多くの奉仕者の協力をもって今年も滞りなくお仕えさせて頂いた。

お天気に恵まれ、例年にも増しての参拝者となり、

お山繁昌となったことは誠に有り難きことであった。

今日よりは通常奉務に入る。

改めて協力頂いた皆さまに心より感謝申し上げるものである。

総監も9月1日より一千日謹行に参加し、奉務も一日も休まずであった。

今朝は謹行後に少し体を休めるべく指示をした。

私もお蔭で138日、何事もなく行修させて頂いている。

蔭乍らの功労者となん。

感謝ではある。

これよりも努力精進にて更に人間力、霊力を身につけ、信仰者の為に、

世の人の為に、その力を発揮してほしいものと希っている。

御神導あれ。



         平成三十一年一月十六日 教主

(1) 2 3 »

カレンダー
«  «  2019 1月  »  »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2