ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ


最新エントリ
2019/11/27
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月25日、謹行451日目。

星月が麗しい。

5時より開教社にて月毎の禊祈願行を行修した。

統理外2名の教師を内陣にて行をとらせる。

これは初めてのことである。

御神許を拝し奉っての仕儀ではある。

私は少々の惑いありてか度々祈り言を過つ。されど次第に整う。

6時30分より謹行、教座、特別講義を執行した。

善導教化全般にて不甲斐なき仕事に檄を飛ばす。

良化どころではない実状に、統理、総監等の指導力に問題ありではある。

10時30分よりは統理斎主のもと、開祖祭並びに永代奉斎之儀が斎行された。

来月7日は開祖様の御生誕祭を迎える。

翌26日、謹行452日目。

星月が美しく煌めく。

開祖様奥都城の天空の星は殊の他麗しかった。

謹行実務にて数名の日報を読み解きて指導する。

私の指導する仕事が全く出来得ずなり。

私も頭を抱えるばかりである。

脳回路を切り替えるべく辛抱強く指導せねばない。

帰宅なし祈り座の冬支度を整え、3座を清掃した。

私は修行座は家人の手伝いを要としない。

自らの場、自らの事は自らでやるを修行者の心得の一つとしている。

運営状況も厳しき状にあるは否めずも、よき仕事を為しゆかねばない。

霜月も残り僅かなれど御神助を拝し奉りて祈蹟を生まねばない。



         令和元年十一月二十六日 教主
2019/11/25
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月24日、謹行450日目。

朝は雨が落ちていた。

小牛田よりも車イスにて参列された方がいた。

有り難きことである。

歩行のできる身体となり、また力強く奉仕をして頂きたいものである。

頑張れと祈る。

福島より美豆子特別神事執行の若き夫婦と幼児3人も参列した。

一時間余りを誠に静かに座していた。

挨拶もしっかりしている。

よい子等であった。

11時30分より一時間ほど家庭勉強会を開く。

教報を夫々奉読した。

十種神宝を祈り、『いきるちえ』一頁を歩君に先達させて説かせる。

大分よい姿となっているのが嬉しい。

大和は誰でも説ける姿にしていかねばない。

ローマ教皇が昨日来日し、忙しい日程を過ごされている。

今日は長崎、広島で平和を祈り、宗教者とも対話をされている。

天皇陛下、安倍総理ともお会いすることになっている。

平和へ何らか大きな貢献となるを祈るものである。



         令和元年十一月二十四日 教主
2019/11/24
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月22日、謹行448日目。

肌寒き朝であった。

合格社を設置すべく検分する。

これは山田工務店さんの仕事とした。

謹行教座にて昨日の英君、真由美君の結婚式や直会の模様を日報より紐解いた。

皆の感動、涙の光景が目に浮かぶようである。

英君も参行し、改めて素晴らしき儀式と祝賀であったことを心に刻んでいたようだ。

これが大和一家の家族というものであろう。

翌23日、謹行449日目。

終日雨模様の一日であった。

昨日の日報にて統理と地鎮祭に出向するも、準備の手抜かり、

典儀進行の過ち、帰路も車の運転で迷走するとの報告があった。

精神不安定を残す者なれば、統理の祭員随行はやめさせるよう命じた。

もう一人の職員も意識ここに非ざるを観る。

疲れも出てきているのかもしれない。

要注意である。

山田工務店さんと合格社の御宮を設置すべく打ち合わせをした。

急の仕事ではあるが、年内にと願う。

英君と真由美さんの結婚式之神儀と祝賀直会のDVDを鑑賞した。

大変素晴らしい儀式と感動の映像を観させて頂いた。

涙がこぼれるを禁じ得ずであった。

2人の両親への御礼の姿に、教主への御恩に報わんとする姿に手を合わすものであった。

明日は謹行後に特別神事を執行する。

準備に心せん。



         令和元年十一月二十三日 教主
2019/11/22
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月21日、謹行447日目。

星月の麗しき未明の天空となる。

真由美君、英君の結婚を天空の星月に祈る。

幸多からんことを祈らせて頂いた。

大和の生久栄人として生き抜いて頂きたいものである。

実務教座にて統理の心弱きを大喝した。

真由美君、英君の一家が特別室の私の元へ挨拶に来られた。

夫々の弟さん夫婦とは初めてお会いした。

10時30分の時刻をもって儀式を斎行した。

祝詞奏上の祈り言葉が神殿に奉上された。

時処位斎いて高天原の神界楽土を現成する。

新郎新婦の緊張と全身より湧き出る喜びを観る。

教主として弟子たちの親としての責任を全うした。

教悦の極みの時空間でもある。

『神誡』は正に教えの親としての諭しなり。

大和教師・生久栄人として世の為に人の為に更に神明奉仕を乞い希うものである。

御神導によりますこの縁が固く結ばれるよう重ねて祈るものである。

おめでとう、真由美君、英君!



         令和元年十一月二十一日 教主
2019/11/21
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月20日、謹行446日目。

初雪が舞う寒い朝となった。

鎮魂にて明日の結婚式の舗設にて漏れ落ちる諸々を神示された。

統理、総監もまだまだ細かきを知らずである。

教座は祖霊殿広前にて輪座式をとる。

『人生』を説かすと大分よくなってきたは嬉しきなり。

明日は斎藤真由美教師と畠山英教師の結婚式を迎える。

立派な儀式となすべく諸事に指示を出す。

私も祝詞奏上の習礼をなした。

結婚式は数年ぶりの奉仕となる。

嬉しいことである。

来春はもう一人の職員も結婚となるであろう。

信者さんよりも式の願いが入っている。

喜びは有り難いことである。



         令和元年十一月二十日 教主
2019/11/20
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月18日、謹行444日目。

謹行に昨日参籠された拉致家族の元事務局長の増元さん、

救う会宮城の会長である安藤さんが参列された。

年内にも安倍政権にての直接交渉の窓が開かれることを祈るを言告げる。

風邪が流行り始めている。

気をつけねばない。

総監は富山に出向し、瑞詮寺の第二期造園工事も確認する。

来年には富山布教を本格的に為すべくを検討せねばない。

神霊界の奇毘なる力の縁を拝し奉らねばない。

翌19日、謹行445日目。

今朝は謹行参列者が少なかった。

教職員も出張者が多い為ではある。

生きた言霊の力を養うべく指導にて、具体的に話す法を示す。

岩手県より来られた女性の方の特別神事を執行した。

深き因縁ありての恐ろしさを観る。

御神助を乞い祈まん。

松本緑舎の代表が帰幽するの訃報が届く。

驚きと無念さが湧き出る。

30年余の付き合いであった。

神社の造園整備を一手に引き受け、数々の智恵をもって境内を清美された。

御本殿禁足地の仕事がこれからであったが、

弟子の職人さんが遺志を継いでくれるものと希っている。

ご冥福を祈る。

葬儀に参列できぬが口惜しきなり。



         令和元年十一月十九日 教主
2019/11/18
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月16日、謹行442日目。

十種大行参行者で参籠された方も若干名が参列された。

教座にて十種を解き、修行意識を高めさせて頂いた。

実務指導にては繰り返しの心づくりたる信仰を心に意識すべくの指導を行った。

仕事をしなくてもよいとする無意識の意識である。

職員の多くが過去に抱えし心身の弱者ではある。

その心身の神経回路を更に一段上げるべくスイッチを入れねばない。

私も『一切を救う御教え』の道にかけて教育せねばない。

明朝の清々しき顔をみせて頂きたいものと乞い希うものである。

翌17日、謹行443日目。

2日間とも秋晴れのよい天気となった。

十種大行2日目は特別講義を一時間程なした。

皆さん元気に頑張っている。

特別講義にては『十種神宝』の神解をなした。

祖父敬一郎と開祖様にも触れて語った。

謹行後に年末年始の教主特別祈祷の内容をまとめる。

根本教育の栞も整った。

十種大行も無事に終了したようだ。

ご苦労様でした。



         令和元年十一月十七日 教主
2019/11/16
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月14日、謹行440日目。

教座にて男性教師2人に昨日に引き続きて『人生の教育』を説き語らす。

昨日よりは良しとする。

神明奉仕の根幹である『敬・信・謝』の厚き心の顕現の体現をである。

特別神事の相談者が明朝にもの依頼あり。

早急にのことで急ぎ霊璽簿、祈願詞を作成する。

因縁解除にてお救いを為さねばない。

御神助あれ。

翌15日、謹行441日目。

男性教師の一人が3日目にして根本教育の『人生』の件の要領を得た。

やれば、やらせれば出来るの証左なりである。

特別神事を執行した。

16歳の年の差あれど結婚をと願いし男女の因縁解除である。

諸々の人生模様を観るも、先々を見据えての幸せを祈るものなり。

大嘗宮の儀が厳かに斎行された。

14日夜、6時35分過ぎに東御苑内に建設された「大嘗宮」の「悠紀殿」で

「悠紀殿供饌之儀」が開始した。

陛下は最も神聖な白の「御祭服」姿で悠紀殿の中に入られた。

皇室行事として、天皇陛下が新穀を神々に供えて自らも食し、

国民の安寧や五穀豊穣を祈られた。

「悠紀殿供饌之儀」に続き、「主基殿供饌之儀」は15日午前0時半から

午前3時過ぎまで斎行された。

共産党は参列せず、主基殿供饌之儀は不参列も出たようだという。

私には不可解なることでしかない。



         令和元年十一月十五日 教主
2019/11/14
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月13日、謹行439日目。

満つる月の麗しきを拝む。

神社は猪が荒し放題の状なり。

土の中のミミズとかを食すべく土を掘り起こすようだ。

頭を痛めしなり。

何らかの対策を講ぜねばない。

謹行教座にて参列教師7名に『人生の教育』を問う。

残念乍ら弁ずる者なし。

今朝もまた心痛む姿を観る。

『おつとめ』の要となるを求め得ず。

学ばずの教職員の如何に多きか。

前途多難なり。

八戸では14歳の少年が『殺すつもりだった。誰でもよかった』と、

小学6年の少女の首が切った。

精神異常性もどんどん低年齢化して犯罪を起こす。

大阪茨木では生命を救うべき救急救命士がいじめ以上の殺人行為をなす。

それを隠すこともする。

世も末の現実に私は何ができているのか。

『大和の大御名でこの世を清め為せ』の御神意に副い奉るごとの道を図り歩まねばない。

教職員の自覚、警鐘なりしを厳しく戒めとせん。

これ以上の教職員の甘えは許す訳にはいかない。



         令和元年十一月十三日 教主
2019/11/13
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
11月12日、謹行438日目。

幹部職員ながら物事に対する言葉遣いに悲観的、批判的、停止的言語の吐露が多きを観る。

自らが何気なく使うに恐ろしさを感じる。

道の進み、開きは決してない。

これまで気づかぬ姿であった。

これも一千日謹行の力なりではある。

性根を糺すには生涯をかけての信仰による反省と努力がなければ変えることは難きであろう。

我が大和職員の負の現象がよく観えるは有り難きことではある。



         令和元年十一月十二日 教主

(1) 2 3 4 ... 181 »

カレンダー
«  «  2019 12月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4