ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ


最新エントリ
2018/08/31
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
8月29日、今朝も雨であった。

内風呂にて潔斎し、鎮魂をする。

朝食は取らないことにした。

8時30分、ホテルロビーにて皆の挨拶を受けて帰宅する。

皆の顔が疲れもなく清々しい表情に見えた。

昼過ぎ頃に総監より懸念事項の一つがようやく承認されたとの吉報が入る。

大分期間を掛けたが、これで大きく前進することができる。

もう一息である。

昨夕の皆の喜び、そして、今日の喜びと有り難き日となった。

御神導に感謝である。

翌30日、二ヶ月ぶりに大國神社祈願社にて禊祈願行の謹行先達を奉修した。

二時間ほどの謹行となった。

参行者は6名なれど、よい行となった。

行場の道具の扱い方が満足でなかった。

指導はその折毎にするのだが、反省の力が欠落しているようだ。

信仰心も稀薄である証左であろう。

されど鍛えていかねばない。

今世、厳しき奉務についてこられる教師、職員の少なきを観るものである。

土砂降りの中、役員さんを施設に見舞う。

開祖様をお慕い続け60年。

93歳の方である。

二度、三度と倒れたのだが、奇跡的に助けられている。

神様、開祖様のお蔭と手を合わせている。

担当教師と教母、娘も同行し、手を握り満面の笑みをもって感謝を申していた。

百歳まで生きるの希望を乞い願った。



         平成三十年八月三十日 教主
2018/08/29
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
8月27日、終日事務をとる。

心ある教師等のお蔭でこの月も有り難い月となった。

神々の奇毘なる御力を拝し、一段一段と厳しい階段を昇らせて頂いている。

大き伸展を為さんとすればするほど、厳しい試練が待ち受けている。

私にとり、四度目ともなる正念場を迎えている。

真正面より受け止めて、その壁を突き破るべくの壱千日の大行と心するものである。

翌28日は奉務を早目に切り上げて、秋保温泉にて職員等の慰労会を開催した。

昨年の立教60周年記念行事が無事終了した労いもあってのことであった。

2時間余りの祝宴はあっという間に過ぎ、実に楽しいひと時を過ごさせて頂いた。

普段では見られぬ生き活きとした明るい姿であった。

この明るさで奉務もなしてほしいものと希うものである。

二次会、三次会と続き、お開きは午前4時と漏れ聞いた。

久しぶりに皆も楽しんだようだ。



         平成三十年八月二十八日 教主
2018/08/27
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
8月26日、7時より神社にて後期理事会、9時より後期総合役員会が開催された。

役員会の前には、顧問の和田政宗先生に来年7月予定の参議院議員選挙立候補者としての推薦状授与式を行った。

理事会にては、後期運営の重要議案を審議致し、総合役員会では

教主様一千日謹行・善導救済奉謝行についての詳細が統理より報告された。

『幼き生命を救う』との切なる願いをもっての大行となる。

教座は千五百座を目標とし、併せて五千人の人をお救いすべく大行であることも伝えられた。

この後、円応教さん感謝参拝のDVD上映にて、東日本大震災時の辛き日々を想い、

感謝の心をも新たにするものであった。

さらに一時間ほど『大和拝の神秘を説く』と題して講演した。

ご来賓の先生方もその神秘に大変驚きと関心を持たれたようである。

また、会議にては『大和神道学院』の建学にて「古神道みそぎの集い」への受講者と

本科生としての修行者募集をホームページに告知することも話された。

生久栄人たる教師を育成すべく道の開きではある。

講演後は汗びっしょりとなり、水潔斎をなした。

教団護持伸展のためご参会賜りしご来賓、教信奉者の皆に感謝するものである。



         平成三十年八月二十六日 教主
2018/08/26
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
8月24日、潔斎、鎮魂行後に総監と打ち合わせをした。

何故か体に疲れを感じている。

脳の巡りも悪い。

このところ御歌起しがなかなか出来得ない日が続いていたが、突然ペンが走り出した。

19日から23日までの15首が起された。

前吉野神宮宮司の河宏先生へ御礼状を発信した。

特別授与される御神像を台座に奉鎮すべく作業に入った。

心して奉仕をして頂かねばない。

翌25日、特別巡拝での円応教さんへの感謝参拝でのご真殿大前に奉呈した映像を鑑賞した。

自らも感動を新たにするものであった。

10分程に編集されていたが、明日の総合役員会において上映し、

感謝の念を共有させて頂きたいものと思っている。



         平成三十年八月二十五日 教主
2018/08/24
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
8月23日、新聞に『昭和天皇85歳ご心情』とあった。

「細く長く生きても仕方がない。戦争責任のことを言われると辛い。」といった内容であった。

人間としてそれは当然の心情ではある。

その時の感情を吐露されることもある。

私共の開祖様でも、私でもそのようなことはある。

されど、その想いをずっと持つものでもない。

ふとした時の一息に過ぎないのである。

それをとやかく固執するは不要と私は思うものである。

今のマスコミは弁舌の中でも、その一言を捉えて責め立てる。

愚かなことである。

また、第100回全国高校野球選手権大会で準優勝した金足農の選手らが、

22日午後に秋田空港に到着し、帰郷した。

金足農にも『凱旋』し、大勢の秋田県民らが拍手で出迎えたようだ。

優勝校である大阪桐蔭の史上初春夏連覇の偉業達成よりも国民が賞賛した。

これも大和魂の発露であろう。

賞賛は負の条件を克服せりの姿にある。

天晴れ、秋田・金足農である。

東北県人の一人として改めて拍手である。

お芽出とう。

昨日、今日と礼状を書き記した。

そして、教団運営の現実に心を留めるものとなる。



         平成三十年八月二十三日 教主
2018/08/22
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
8月21日、朝食後、8時20分に宿を出て蔵王堂へ向かう。

私は統理外2名の随行者と金峯山寺寺務所を訪れると、ちょうど職員の朝礼式であった。

貴賓室にて五條管長、永教執行長と諸々のことを談義した。

その後、五條管長外7名の教師の皆さんでの護摩祈祷を奉修して頂いた。

有り難きことである。

教団皆への感謝の言葉を拝した。

この御縁も順教先生と開祖様のご縁によるものである。

記念撮影の後、お別れを申し上げ、吉野神宮へ向かった。

新宮司のお出迎えを頂き、正式参拝をした。

斎主は常にお世話を頂きし上杉先生が奉仕して下された。

儀式後、新宮司の東輝明先生よりご挨拶を頂いた。

貴賓室に招かれ茶菓を頂きながら、新宮司先生が身上のこともお話くだされた。

今後のよろしき縁を希うものである。

次に、柳澤先生が道場を開いたとのことでお参りさせて頂いた。

奥様の温かいお心を頂いた。

私ども皆にも沢山のお心遣いを賜った。

一度是非、仙台へとお誘い申し上げた。

柳澤先生は私の金峯山寺修行の導師の一人である。

大國神社にも度々お越し頂いている。

金峯山寺を3年前頃に退任なされし身上ではある。

私にとっては大切なご縁のお一人でもある。

道場の玄関前庭上より遙かに蔵王堂を拝むことができる。

柳澤先生にとっては良き住居とはなん。

何れの日か山里奥に庵を構えたい。

玄関前にて記念写真を撮りてお別れした。

橿原ホテルにて昼食をとり、参拝は自由とした。

私はホテルロビーのソファで小一時間ほど休憩させて頂いた。

その後、伊丹空港へ向かう。

道中は雨降らずであったが、到着後に土砂降りとなった。

案じられたが無事に帰仙することができた。

7時過ぎに自宅へ到着し、家族の出迎えを受けて荷物を整理し、

神棚に座して此度の特別巡拝の素晴らしき神仏縁に感謝申し上げた。

統理も田中君も危うい腰の状態であったが守られたようだ。

留守を守りし総監外職員等にも感謝である。



         平成三十年八月二十一日 教主
2018/08/21
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
8月20日、4時に潔斎し、外を見ると目の前の宍道湖には沢山の小舟が浮かんでいた。

しじみ取りの船という。

これも日本の原風景なり。

しばし眺める。

朝食を頂き、8時30分に丹波の円応教さん本部へ出発した。

12時前に到着すると、円応さんの皆さんに温かいお迎えを頂いた。

コーヒーを頂きながら、藤井理事と歓談し、美味なるちらし寿司と松茸のお吸い物も頂戴した。

その後、神殿参拝し、百年の歩みのビデオを鑑賞、神殿の説明も受けた。

ご神意を拝し奉りて、円応さんへの感謝の言葉を申し上げるべく、統理を介して願い上げた。

東日本大震災における数々の慈悲や、新宗連におけるお引き立てとおみちびきに対して、

万感の想をもって御神殿御前に言上げさせて頂いた。

我が教団の諸人等も涙を流し、頭を垂れしを伝え聞いた。

心を諭す『修法』には、統理外6名の巫女教師が体験学修した。

私外14名は境内施設のご案内を受け、拝観させて頂いた。

暑い陽射しに傘までお貸し頂く心遣いをも賜った。

有り難きことである。

沢山のことを気づかされた。

お蔭様で信仰財産を頂いた我が身上であった。

『おみをくり』も多くの場にて幾重にも賜った。

最後には歩道橋に列立なされて手を振られしを気づき、有り難くて涙こぼる想いであった。

素晴らしき円応教団の信仰の姿を見せて頂いた。

我が教団も早くに一歩、二歩と近づかねばなきを心する感謝の参拝となった。

深田先生のおこころに改めて感謝するものであった。

吉野温泉宝乃家さんに6時半に到着した。

お香の香りが心地よかった。

40年ほど前に修行にて山に入る度に、マイクロバスをお借りしていた。

夕食直会のご挨拶の折に、女将さんに御礼を申し上げた。

美味しい料理、山並の眺望を見ながらの湯につかり、歌も歌いての楽しき一夜を過ごした。

感謝一杯の一日となった。



         平成三十年八月二十日 教主
2018/08/20
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
8月19日、一ヶ月に満たぬ急な神示を拝しての特別巡拝の旅へと出発した。

館教務支庁を6時15分に出立した。

統理、田中教師も随行した。

仙台空港で皆さんと合流し、予定通りの発着となった。

大阪・伊丹空港より貸切バスにて出雲へ向かう。

2時過ぎに到着し、祈祷申受所にて取り次ぎをなし、神楽殿へ入る。

30分程の祈祷であった。

終わりて本殿参拝となり、案内の神職さんが丁寧に修復工事のことも説明して下さった。

次に、記念写真を撮りて宝物殿へ案内された。

昔の心御柱3本の発掘されし実物が展示されていた。

金輪造営工法を如実に観る。

桧皮葦屋根の工法にても詳しく紹介され、大変勉強になった。

初めての職員もおり、少し巡った。

神楽殿前にて千家和比古先生をお見かけし挨拶をした。

今日は時間調整ができず、国造家の方とは面談叶わずであったが、

この巡り合わせも神の図りと判ずるものであった。

宍道湖温泉のホテル一畑に宿泊したが、よい眺望であった。

例年の宿とするもよいかと思う。

夕食直会は田中教師の司会進行にて、楽しい一夜となった。

出雲大社にて9月1日よりの修行の旨を言上げさせて頂いた。



         平成三十年八月十九日 教主
2018/08/19
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
8月18日、今朝の日拝鎮魂は殊の他に美しく輝ける天照大神を拝し奉った。

神和殿における鎮魂にても希望と勇気を賜わった。

人づくり、国づくりの人材を育成すべく機関設立も概ねまとまってきた。

8月のうちに行動せねばない。

全てのことを整える月とする。

明日より二泊三日にて特別巡拝の旅に出る。

良き縁に結ばれし巡拝となろう。

そして、9月1日よりは世間との俗事を断ちて、善導救済の聖業とはなん。

御神意に随順し、只管に精進あるのみである。

『行ほど尊きものはない』を希求せん。



         平成三十年八月十八日 教主
2018/08/18
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
8月17日、鎮魂にて『汝に授けし四拍手祈念法をないがしろにしてはならぬ。

我が教団、神社とこだわりをもつこともなし。』との神意を拝した。

今、教団祭事、神社での祭事と神拝作法を区分すべく取りまとめをしている最中での神示ではあった。

4度目の修正を検討した。

顧みれば開祖様に大和拝の作法を、そして、教主には平成27年12月10日に、

四拍手の作法を神伝された。

誠に畏きことであった。

私も深き御神意を解する心と感謝が足りなかったを猛省するものとなった。

熊川教師の第一子の初宮詣が統理斎主にて執行されるという。

両家の家族も参列されるようだ。

おめでたきことである。

19日よりの特別巡拝の身仕度を整えるべく準備をした。

今朝は涼しい風を肌身に感じた。

昼中は蝉が騒がしく鳴いている。

夏の終わりを感じる今日であった。



         平成三十年八月十七日 教主

(1) 2 3 »

カレンダー
«  «  2018 8月  »  »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1