ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
教主様のお言葉 - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ


最新エントリ
2018/09/29
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
9月27日、雨降りの肌寒い天気の中での謹行となった。

拉致被害者家族連絡会の増元照明前事務局長と救う会宮城の大内氏が参列された。

昨日、宮城県庁にて河端章好副知事より、県が職員に呼び掛けた救出署名簿に、

全職員の約3割にあたる5742人が署名し、渡された。

先日の仙台市職員有志2748人の署名簿に続いてのことである。

救う会宮城の本教団参与・安藤哲夫代表の貢献大であろう。

平松総監が一夜を共にし、此の年内の解決を心新たにされての参列となった。

教職員等の整理・整頓・清掃の難きに、今朝も心痛むものであった。

館教務支庁に戻りて、万象館道場の畳等を検分した。

新たに迎える修行生の為に、やはり取り替えねばならないであろう。

総監に調査すべくを願った。

大幅改修工事ともなり、その予算も難儀ではある。

翌28日、謹行28日目執行。月光が美しい朝を迎えた。

職員の小学6年生の女の子が異常行動にて母親が苦悩している。

来月中旬までに落ち着くと伝えおいた。

神社職員の不浄行為が目に余る。

徹底的に清めねばない。

その後、特別神事を執行した。

帰山なし書斎の書棚整理をした。



         平成三十年九月二十八日 教主
2018/09/27
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
9月26日、謹行26日目。

岩手、福島よりの参列者があった。

満月が清澄なる光を照らしていた。

神光殿授与倉庫より在庫装束が搬入された。

謹行後に検分し、正絹の立派な男女の狩衣等々を確認した。

数百万円の貴重なる財産であった。

開祖様が残された有り難き装束である。

教師等に心して授け使用させて頂くことにした。

授与品担当者のお蔭で種々の財産に気づかされ、

大き力となっていることに感謝するばかりである。

この数日にて本部教職員の大きみそぎが下されるとの神託を拝した。

厳しき道とはなった。



         平成三十年九月二十六日 教主
2018/09/26
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
9月25日、謹行25日目斎行後、教職員感謝祭を奉行した。

引き続き、8時より教職員全体会議を主導し、教会長会議も行った。

現状に即応した教化対策を推進すべく示した。

私は会議終了後、一度下山した。

統理外祭員は永代奉斎之儀、初代大國講名誉総裁・千家達彦先生の

二年祭並びに開祖祭を斎行した。

私は午後2時よりの特別神事執行のため、再び来山して奉行した。

身心の疲労を感じる。

されど有り難き一日となった。

教職員全体会議では教団運営、教化活動への真心なき教職員を厳しく糺し、

身の処し方を検討するを言告げた。

仕えうる教職員等の不浄あれば清め解除せねばない。

甦るべくの相応の痛みは覚悟せねばなきを心得るものである。



         平成三十年九月二十五日 教主
2018/09/25
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
9月23日、謹行23日目。

六根大行参加者も今朝の謹行に参加された。

教師、職員等を厳しく糺すことの祈願を私は自らに荷している。

自らの反省も込めてではある。

霊障に感応していた少女も今朝は極めて元気になり、母子共に深く感謝の姿を示すものとなった。

御神導に感謝するばかりである。

一人の教師の日報より御神託をしたところ、湯殿山での滝行は慎むようにご神示が下った。

この数日の雨天による川の水量に大き変化あるを知らされた。

教師等に行の舗設にて指導し、参行者に挨拶をなして下山した。

翌24日、今朝の謹行は不完全燃焼的な祈りとなった。

教座にてもとりとめのなさを感じた。

そして、また職員のことで不快なるを耳にすることになった。

『職員等の姿を糺し、厳しく諭し給へ』という御神導に応えるかのように、

次から次へとおぞましき事象が顕されてくる。

心痛むばかりだが、甦る為には必要な事象なのであろう。

厳しき神断を下さなくてはならないことを予感するものであった。

六根大行の修行者等は元気に大國神社に帰山した。

7時30分、皆に挨拶をなして下山した。



         平成三十年九月二十四日 教主
2018/09/23
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
9月22日、謹行22日目。

朝は強い雨降りとなった。

いつものウォーキング参拝者が傘をさして歩いていた。

私の車を見ると立ち止まって礼をされた。

最近は神社でお会いすると、頭を下げて挨拶をされる方が多くなってきた。

有り難いことである。

諸霊に感応して気乱症状になる小学6年生の女の子が母親と参籠し、3日を過ごした。

男性教師が関わりて、霊の恐ろしさを体験したようだ。

小さな少女が大人の力を発顕し、荒れるのである。

事情を知りて、昨日、除霊祈祷を執行させて頂いた。

昨晩は落ち着いていたようだ。

今朝の謹行で母子共々に諭し導いた。

月内には落ち着くとの神示を拝するものであった。

総監、盒橋技嫖に業務指示をなし、帰山した。

13時には再び来山し、14時より本日2座目の教座会を開催した。

千葉、秋田、山形、福島よりも参加された。

1時間30分の楽しい学びの会となった。

小学6年生の潔癖症の女の子に矯正を試みた。

言霊の力にての霊交・感交の導引ではある。



         平成三十年九月二十二日 教主
2018/09/22
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
9月20日、謹行教座会にて、総監外祭員奉仕教職員に仕事に対する奉務心得を檄した。

『人間、一端やると定めたことは必ずやり遂げ形にして始めて仕事となる』を指導した。

口先のみでは形にもならぬのである。

ましてや、整理、整頓、清掃も満足にできぬ人間では、

神意遂行の難きなる事は至極もっともではある。

教主の試練として受け止めねばない。

翌21日、謹行21日の清めの日を迎えた。

我が娘に初めて祭員として、祓主の所役を奉仕させた。

あえて私は何の指導もなく、昨朝に突然指名した。

不安と緊張を与えることは百も承知であった。

どのように身を処すかを試すものでもあった。

されどそれなりに作法をお仕えしたことは、

それなりのものを内包しているということである。

これから楽しみとなった。

心して教師としての道を歩み、教団の為に貢献してほしいものと希うものである。

また、昨日は自民党総裁選があり、安倍晋三総理が三選を決めた。

問題山積の中、信念の任にまつりごとを遂行して頂きたい。

願わくば年内にも拉致被害者の救出に大き光明をみせて頂きたいものである。



         平成三十年九月二十一日 教主
2018/09/20
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
9月18日、18日目の謹行となった。

今朝は4人の奉仕にて、夫々をゆるりと祭祀作法、奉務のあり方を指導した。

清掃の徹底を指示するも理解していない者がおり、心痛むものであった。

神和殿に戻りて執務室縁側の書棚を整理した。

思い切りの心を持たないと資料はどんどん増える。

明日一日かかるであろう。

翌19日、一千日謹行19日目。

爽やかな神気に包まれての御行を今朝も拝す。

2人の女性が大広前まで来られた。

修行の時にいつもお会いする2人である。

昔はウォーキング後に茶店にて休み下山していたが、

最近は正参道を上られて大広前より戻られる。

拝殿までは上らない2人ではあるが、面白いものである。

今日も驚くべきを観ることになった。

私も心折れそうになるばかりであるが、気づかせて頂くことに感謝であろう。

来年の万燈慰霊大祭での提灯飾りについて打ち合わせをし、概ねよしとした。

立教例大祭の弓矢之儀、散餅之儀の高座位置も確認指示した。

机座縁側書棚の整理に心動かずの我れあり。



         平成三十年九月十九日 教主
2018/09/18
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
9月16日、昨晩の万燈慰霊大祭は雨落つることなく美しき月夜となり、

穏やかな浄闇の宵の中で斎行された。

斎場の変更にての儀式となったが、美しい提灯の御霊光をもって、

御霊も参列者の心も共々に慰みとなられたようだ。

2時間30分程の時間を経たが、喜びの時を過ごされたようだ。

統理外祭員・関係者の奉仕に感謝申したい。

また、今朝の16日目の謹行には参籠された信者さんも参列し、賑やかな謹行となった。

教座会も楽しく明るくお話をさせて頂いた。

その後、教職員を訓戒指導し、六根大行、立教例大祭への準備を促した。

今日は暖かい一日となり、後片付けに汗を流されたようだ。感謝ではある。

翌17日は午前1時45分に潔斎、鎮魂を行じて4時に出立し、

5時より『財宝守護御神印大物生大神稜威拝戴並びに拝戴者奉告之儀』を斎行した。

御神導の任にて、奇毘なる儀式となった。

9月10日の大物生大神神霊鎮之儀と表裏一体の畏き神儀ではある。

引き続きて一千日謹行・教座会を開催した。

職員が昨夕、大き過ちを侵すこと2件発生した。

気の緩みから生ぜしものである。

申し訳なき事態であった。

畏き儀式の後の報告にて、いささか気の重くなるは否めずではあったが、

反省を促し許すばかりであった。



         平成三十年九月十七日 教主
2018/09/16
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
9月14日、謹行14日目となる。

今日も参行教師に種々の指導となる。

私の教師等への尺度が大きく崩れてきている。

毎日毎日このようなことしか書けぬ現状にも愕然となる。

想像を絶するレベルにあるを大神さまや信者の皆に申し訳なきことと伏すばかりである。

信心の心も、大和の信仰知識も少しも身につけていないのである。

教えを身につけず、守れず、故に善導救済も行わずである。

恐ろしき現実を見落とすは甘き仕事を許容してしまったからだろうか。

何れにしても、その責任は教主の私にある。

その事実は免れることはできない現実がある。

翌15日、謹行15日目。

遠くより信者さんが参籠されて、謹行に参列された。

有り難きことである。

教座会にて大和拝の作法を稽古し、正しい作法を身につけるべく誘う。

万燈慰霊大祭の御霊を供養する心得も説かせて頂いた。

祭場舗設の不備を指摘、修正を指示した。

教師等の力の未熟さばかりが目に立つ。

成長、向上心にもっと自らが事図る人間になってほしいものと希うものである。

このような人間だからこそ、私に預け育てよの神の試練とせん。



         平成三十年九月十五日 教主
2018/09/14
カテゴリ: Miscellaneous : 

執筆者: taiwa2 (12:00 am)
9月13日、5時30分、奥都城参拝をすると左方向に美しい虹を見た。

何故かしら嬉しくなった。

ちょうど、ご夫婦でウォーキングされている方と参拝後お会いし、

『美しい虹が懸かりましたよ』と声を懸けると、後ろを振り返り感嘆されていた。

総監等も早目に来ていたようだ。

今朝は謹行30分、教座30分の予定にて執行し、その如き進行となった。

教座は教職員への信仰の姿の厳しきを説いた。

そして、ある教師へ、私も考え方を事改めて変え、厳しく鍛え上げると伝えた。

ついてこれなければ仕方なしとまで云い切った。

信心なき者、努力精進できぬ者は、もう教職員としては不要である。

この後、9月10日にクレーン車の落下物にて身罷りし21歳の青年の特別慰霊を奉行した。

霊問答の動きともなった。

今日は鎮魂時に神灯明の美しく立ち昇る神象を見て、奥都城にては虹をも観させて頂いた。

心温まる日であった。

感謝です。



         平成三十年九月十三日 教主

(1) 2 »

カレンダー
«  «  2018 9月  »  »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6